忘れえぬ見も知らぬ人

ときどき古い記事を読み直して、なつかしいコメントを読み返してみる。コメントのやりとりをしなくなった人なら、その後どうしておられるかと、リンク先を見ようとするときもある。ブログが続いているようなら安心するが、多くはリンク切れになっている。「URLに該当するページが見つかりません」の表示を見る度に、なんとも言えない気分になる。

ブログをはじめて右も左もわからなかったころ、かなり初期のころにコメントのやりとりをしていた人がいた。その方はブログの更新をもうずいぶん前にストップし、長くブログは完全に放置状態になっていたのだが、ぼくは、いつかきっと再開するはずだし、再開せずにおけるはずがない、と踏んでいた。が、その方も、先日リンク切れになっていて、少しショックを受けた。儚い願いは大きく振り切られたというわけである。

ブログをいつやめようと、そんなことは人の勝手だ。ブログを続けることにはたくさんのすばらしい点があるが、ぼくに言わせれば、いつでもやめられることこそがブログの決定的な長所なのだ。それまで手塩にかけて紡ぎ出してきた己が分身のような言葉たち、読者との交流の記録を一瞬のうちに無にすることができる。逆説的なことを言えば、いつ一刀の下にブログを断ち切ることができるのか――心の底でその日を楽しみにしながら、ていねいにていねいに日々のブログを作り続けている人は、少なくないはずなのである。

by enzian | 2009-01-04 22:57 | ※その他 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/10141894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 花散里 at 2009-01-15 22:38 x
はじめまして。
じつは、「整理整頓」で検索してたところ このブログに・・・
卒業してから(京大ではアリマセンよ)約20年。
今頃、知ることの楽しさがわかってきて 無性に学びたくなっています。 
哲学の先生でらっしゃるのですね。我が母校の哲学の先生は、
一風変わった感じでしたが、どんな学生のことを批判はしませんでした。むしろ楽しんでいたようなふしが(笑)
ああー学生時代に戻りたいです。
Commented by enzian at 2009-01-15 23:19
花散里さん

はじめまして。enzianです。
整理整頓で検索にかかるのですね。
ぼく自身は整理整頓がまったくできない人なので、
なにかおもしろいことです。

>哲学の先生でらっしゃるのですね。我が母校の哲学の先生は、
一風変わった感じでした

哲学の教員ですから、自慢できたことではありませんが、
きっとぼくも変だと思います。^^v

>今頃、知ることの楽しさがわかってきて
 無性に学びたくなっています。

いつからでも学べますよ~
どんどん学んでください。^^
Commented by eu2009 at 2009-05-22 01:08
こんにちは。
はじめまして。euと申します。

どうぞよろしくお願いします。
Commented by enzian at 2009-05-22 21:29
こんばんは

はじめまして。
enzianと申します。

この記事にコメントくださったことの
意味を考えています。

こちらこそ、
よろしくお願いします。

<< ユキヒョウには共感しても、ホオ... 孤独 >>