蘖(ひこばえ)

b0037269_2114728.jpg

by enzian | 2009-01-16 21:14 | ※写真 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/10204192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gauche3 at 2009-01-18 12:49
ひこばえを見ていると暖かい気持ちになります。

この写真を見ていたら、自分の中にも切り株と
ひこばえが共に在って、それはそれで良いこと
なんだと、ふとそんな風に思いました。

ところで、“ひのなの漬け物”ってどんな味が
するのでしょうか・・?
見たこともない漬け物のような気がします(^^ゞ
Commented at 2009-01-19 22:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2009-01-19 23:30
猿夫さん

寒い時期になりましたね。
でも、この写真はよりによってこんな時期に
雪の積もる奈良の山奥に行って撮ったものです。

奥深い奈良の山奥の寺や仏像もよかったのですが、
ぼくはこのひこばえを撮れて、
行ってよかったなぁという気持ちになりました。

とても大きな杉が生えていたのですが、
切られた、倒れたあとの切り株には、
苔がむしていて、必ずと言ってよいほど
たくさんのひこばえが生えていました。
これが切り株を抱えたまま成長してて
また大木になるのでしょうね。

>ところで、“ひのなの漬け物”ってどんな味が
するのでしょうか・・?
見たこともない漬け物のような気がします(^^ゞ

関東の方では食べないでしょうか。
大根に似ているのですが、
大根よりも細いです。
漬け物にして食べる場合が多いと思うのですが、
味は、大根とはまた違いまして‥‥
派手な味ではなく、素朴な山間の味‥‥
゛(/><)/ ひぃ(説明不能)

↓ ここに写真がありました。
http://iga-sake.net/
Commented by enzian at 2009-01-19 23:41
鍵コメさん

こんばんは。

>自然の驚異の発見

そうですね。もう、たまらない気持ちです。
そのことについは、近々、記事に書こうと思ってます。

>無駄ではない美しさ

とかくひとつの角度からものを見て、
その唯一の角度のなかにあらゆる意味を押し込めてしまう
傾向があるのですが、自然の多層性
また多層的であるのに無駄のない美しさを見ると、
はっとさせられます。

ひとつのことに意味を押し込めてしまうのは
きっとそれが楽だからなのでしょう。
怠惰はいけませんね。^^;
Commented by gauche3 at 2009-01-20 22:29
> これが切り株を抱えたまま成長してて
> また大木になるのでしょうね。
人間もまた、こんな風に生きられるといいですよね・・
切り株に栄養分が残っていたから、
ひこばえは、ただ、育ったのかも知れないですよね。
人間のように複雑にせずに、ただ、単純に。

URLもありがとうございます^^
京野菜なんですね!
写真で見る限り、食べたことがあるような・・
無いような気がしてきました(^^ゞ

それにしても・・この「伊賀の酒.net」
多分数日後に、ひのな漬と共に何か注文していると思います(笑)
Commented by enzian at 2009-01-20 23:00
猿夫さん

>人間もまた、こんな風に生きられるといいですよね・・
切り株に栄養分が残っていたから、
ひこばえは、ただ、育ったのかも知れないですよね。
人間のように複雑にせずに、ただ、単純に。

切り株に残った栄養‥‥
ぼくもそのことをずっと考えていました。
普通に考えると、切り株ではなく、土壌に落ちた方が
植物にとっては発芽や成長のために有利なはずなのですが、
意外にも、切り株のひこばえの方がぐんぐん
成長していたりしました。
だから、切り株はなにか栄養になるものを
子孫に残していてくれるのかもしれませんね。

そうであれば、ひこばえはただ受けられるものを
受け入れているのでしょうね。
人はあれこれ考えてしまいますが。
でも、あれこれ考えないでおくということが
ぼくにはできるだろうか‥‥自信なし。
(´_`。)グスン

>「伊賀の酒.net」

この日本酒のラインナップがなかなか魅力的でしょ?^^
暖かくして、栄養をとって、たまには一杯呑んだりして、
お風邪などを召されませんように。
Commented by 座敷童 at 2009-01-23 02:25 x
つぃんっと突ついてみたいですね。
最近は林業が衰退してきて、切り株もあまり見なくなりました。
切り株は木が在った場所じゃなくて、まだ樹なんですよね。
実を落とすのとはまた違う、人間とは違う命の続け方、
その長いように思える時間を味わってみたいものです。
Commented by enzian at 2009-01-23 23:33
座敷童さま

>切り株は木が在った場所じゃなくて、まだ樹なんですよね。

お~また名言を言いおったね。^^

>実を落とすのとはまた違う、人間とは違う命の続け方、
その長いように思える時間を味わってみたいものです。

そうですね。
時に、そういうものを味わうのもいいものです。

<< ほころび 『おさるはおさる』(いとうひろし) >>