一本

b0037269_1830197.jpg
手入れが行き届いた駐車場。花を咲かせられた “雑草” は一本だけ。

by enzian | 2009-01-24 18:31 | ※写真 | Trackback | Comments(13)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/10243779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kaori--y at 2009-01-24 22:39
弱い方(や不利な方)に味方したくなってしまうのはなぜなのか、
はまだぼんやりしていて分かっていません。
ひょっとするとずーっとぼんやりしたままかも・・・(笑)

ちなみに、この記事にも「弱い方に味方したくなっちゃう性」が垣間見えたのでした^^
Commented by enzian at 2009-01-24 23:02
かおりさん

>この記事にも「弱い方に味方したくなっちゃう性」が垣間見えたのでした^^

さすがかおりさん、
当たっていると思います。

ご褒美に、
ハイ、甘いもの
( ^∀^)ノ―◎◎◎-
(この絵文字はかおりさんから強奪したような気がする。)

>まだぼんやりしていて分かっていません。

かおりさんはもう答えがわかっているのかもしれないよ。
でもそれは言いにくい答えなのかもね。^^
Commented by tama_ma_ma at 2009-01-25 20:47
弱いものというばかりではなくて
その弱いものが一生懸命であるときの
健気さにぐっと来ます。

初めての参観日、幼稚園
泣いてしまいました(T_T)
お遊戯会も泣いちゃったし
少年野球は涙涙

春が来て夏、この雑草の種が盛大に広がって
駐車場を覆い尽くさんことを夢見ましょう!
Commented by enzian at 2009-01-25 21:57
玉虫さん

>一生懸命であるときの
健気さにぐっと来ます。

同じく。^^

相手を弱い者として見ることは
相手を見下す危険もあるのですが、
ぐっときますねぇ。

>‥‥少年野球は涙涙

そして、高校ぐらいになったらとたんに、
にくらしくなるんですよね。\(`o'") こら-っ

>春が来て夏、この雑草の種が盛大に広がって
駐車場を覆い尽くさんことを夢見ましょう!

きっと、今、冬の寒さを耐え忍んでいる
種たちが頑張ってくれるでしょう。
Commented by hiruu at 2009-01-26 01:22
いい写真ですねー。長い時間じーと見つめていたいです。
縮小前の大きいサイズのあったらくださいません?
Commented at 2009-01-27 00:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2009-01-27 21:37
ひるさん

ありがとう。

送っておきました。
うまく送れていないようだったら、
言ってください。
Commented by enzian at 2009-01-27 22:05
鍵コメさん

こんばんは。

ありがとうございます。
この駐車場は頻繁に草刈りをするところで、
どの雑草も大きくなることはできないのですが、
この一本だけが見事にすくすく大きくなって、
花を咲かせ、種を飛ばしていました。
本当に敬意を表したくなるような雑草なのです。
元気づけられます。
Commented by yuta at 2009-02-01 01:21 x
enzianさん,こんばんわ。
 この駐車場の雑草の一本は,ここで生きることをあきらめさせようとした結果の姿のようにも思えます。そこで生きることをあきらめないのが本当か,あきらめるのが本当か。貫こうとする側と断ち切ろうとする側の思いのせめぎ合いの結果の姿のようにも思えました。
 人間の育ちに関わるものにとって,「あきらめさせる、ということ」という上の記事には,とても複雑な想いが入り混じります。私自身の人生が,貫こうとしてあきらめてきた結果のようなのです。あきらめるまでにかかった時間が無駄だったか?きっとその時間が今の自分なのだと思えば,無駄なあがきも悪くない。
 出会った学生が,昔のやりとりを思い出し,そう思ってくれる他者として今その学生との時間を過ごす。あきらめる過程の中でかかる時間が無駄でないと思える,そんな人と人との関わりの時間を過ごしたいかな,と漠然と思いました。
 「あきらめさせる、ということ」という記事とこの一本の写真が,最初は正反対のような印象に思えたのですが,きっとこれはenzianさん,そのものの厳しく生きてきた時間の姿なのだろうなと思えました。スキがない美しさみたいな・・・。感想でした!
Commented by enzian at 2009-02-01 10:55
yutaさん

おはようございます。

あぁその「感想でした」というのが困ります。
そういうときのyutaさんのコメントは、いつにも増して、
正面切って対峙しなければならないようなものなのです。^^;

「あきらめさせる、ということ。」の記事をぼくが書いたことで、
ひょっとすると傷付いた学生がいるかもしれません。
その危険を感じながら今回は書いたのですが、
この記事は自分のことを書いています
英語ができない、他人に関心がない、
というのは、ほかでもない学部生時代の自分のことです。

>あきらめるまでにかかった時間が無駄だったか?きっとその時間が今の自分なのだと思えば,無駄なあがきも悪くない。

あがいて欲しいと思います。
そして、あがいた時間が無駄になるなんてこと、言いません。
ぼくはきっとあがいている人が好きだと思います。
あきらめに至るプロセス、その意味を尊重したいと思います。
しかし同時に、あがくつもりさえないなら去るべきだとも思うのです。
ぼくの冷酷でいけないところです。
Commented by enzian at 2009-02-01 11:18
yutaさん、続き

>出会った学生が,昔のやりとりを思い出し,そう思ってくれる他者として今その学生との時間を過ごす。あきらめる過程の中でかかる時間が無駄でないと思える,そんな人と人との関わりの時間を過ごしたいかな,と漠然と思いました。

そうですね。
これでも、yutaさんのコメント全体にうなずいているのです。

そうそう、「感想でした」という表現は、yutaさんにとって、
ひとつのあきらめの結果なのかもしれませんね。^^
Commented by 座敷童 at 2009-02-02 02:20 x
駐車場って、最近アスファルト式のものが増えてしまって、
なかなかそんな光景にも恵まれませんが・・・。
砂利式(?)の駐車場って四隅は雑草が生き残るんですよね。
一本だけと思いきや、実は隅っこに
まだまだ低いのがいるやも知れませぬ。
まだまだ多年草なヤツめが潜んでいるやも知れませぬ。
定期観察するのが楽しそうです。
Commented by enzian at 2009-02-04 23:56
座敷童さん

コメントを見落としていました。
申し訳なく候。

この駐車場はいまどき珍しい砂利式です。

>砂利式(?)の駐車場って四隅は雑草が生き残るんですよね。
一本だけと思いきや、実は隅っこに
まだまだ低いのがいるやも知れませぬ。

たしかに。
これは真ん中に一本あって目立っていたけど、
よ~く見れば四隅にいるかもしれないね。
またそれは、人間の世界に当てはめても
おもしろいかもしれないね。
正攻法で攻めてごくまれに成功する人と
人の目を盗んでいくような人と‥‥

>まだまだ多年草なヤツめが潜んでいるやも知れませぬ。

根だけ残して、チャンスを狙っているわけですね。^^

<< あきらめさせる、ということ。 「ただいま!」 >>