余は如何にしてマスク党になりし乎(完)

京都にインフルエンザ警報が発令されたという。めったに風邪をひかないことを長く誇りにしてきたが、この一二年ですっかりその自信も失せた。ぼくは人並み以上に風邪をひく人なのだ。観念して、昨年からは毎日、大人しくマスクを着けるようにしている。マスクを着けるようになって、これにはなかなかどうしてやめられない魔味?のようなものがあることに気づいた。今ではすっかり “マスク党” というわけだ。ひるさんの「虹の環」というおもしろい記事に刺激を受けて、この辺りの事情を書いてみたくなった。(なお、下記の “H” は、すでにひるさんが記事ないしコメントで言及しているものであることを示す。)



1.風邪感染予防効果(H)
これは説明する必要もないだろう。自分がひかないように、そして、よしんば自分がひいても他人にひかせないようにするためのものなのだ、マスクは。風邪をひきながら、くしゃみや咳を連発しながらマスクをしない者たちをぼくは一種の “無差別殺人者” であると考えているのだが、電車やバスのなかにはそういう凶悪な人が多くて困ってしまう。

(問題点ないし疑問点)
よくわからないのに難癖をつけるのはなんだが、細菌やウィルスを篩(ふる)いにかけることがマスクの狙いなら、布やら紙が本当に微小な細菌やらウィルスを除去してくれるのかどうかには疑問が残る。この辺のことは公平な立場から科学的に効果が実証されているものなのだろうか?良い子のテツガク科のみなさんは、まず当然の常識とされているところから改めて考えるクセを身につけましょうね(おぉ勉強になるゾ)。

2.保湿効果(H)
ぼくが使っているのは目のすぐ下からあごまでを覆ってしまうような大きなタイプのものなのだが、これを着けると口や鼻からの息がほどほどに顔に充満して、皮膚に湿度を与えてくれる。冬でもお肌ツルツル♪というわけなのだ。くわえて、この湿度がウィルスの働きを阻害して、じつはそれがマスクの風邪感染予防効果となっているというのを聞いたことがある。ホントかウソかは知らんけどね(ちゃんと調べろよな)。

(問題点ないし疑問点)
ぼくは年がら年中お肌しっとりの人なので、こういうものは個人的に必要ない。しかもだ、もしマスク内の湿度がウィルスを抑えるということなら、逆に、しっとりとしたマスクは細菌たちの温床となり適度な培養場となるのではあるまいか?「風邪のウィルス君たちはどっかいっちゃったけど、ぼくらはぬくぬくできるもんね、ウケケ^▽^)」なんてことをバイキン君たちは語り合ってはいないだろうか。

3.保温効果(H)
昔のマスクは口だけを覆う小さなものだったような気がするが、顔の大部分を覆うマスクはこの寒風吹きすさぶなかでもぬくぬくなのだ。考えてごらん。頭は帽子で、耳は耳当てで、目は眼鏡で(!?)風を防ぎ暖めることができても、目からあごの部分をあたためる、効果的かつ過度に怪しくないアイテムはこのマスクしかないのだ。すばらしいではないか。

(補足)
ぼくはこの保温効果をできれば、“体温贈与効果” と呼びたい。そのままであれば発散されてしまうはずであった体温を、自分の体に自分が贈与したことになるからだ。また、このマスクが、愛する彼氏から「風邪ひくよ、ぼくのこのマスク、使いなよ」(この「なよ」の微妙なイントネーションに細心の注意を払って欲しい)なんて感じでもらったものであれば、本来彼氏や彼女が得るはずであった体温を贈与してもらったことになる(なにかわけのわからんことを話しはじめたゾ)。ぼくは先日そんなこんなことを文章にしたのだが、3月に出版されるのでテツガク科の学生であれば購入すべきである。アマゾンに走るべきである。

4.触感効果(H)
マスクは皮膚と接触するものだから、これまであまり触感を感じなかった部分(顔)になんらかの質感を与えるものなのだ。ぼくはマスクが顔の皮膚に与える質感というのが無視できないものだと思っている。

(問題点および補足)
マスクを着けはじめてぼくは奇妙なことに気づいた。バスや電車のなかで爆睡してしまうのだ。おかで2回バス停を乗り越した。なぜこんなことが起こるのかと考えたら、マスクが与える触感と3の温度(そして、まだこの段階では明かせない6と7の効果)によるものだと気づいた。ぼくは眠るときに布団を深々を顔に被せるタイプなので、心地よい触感のなか、安心してスヤスヤと眠ってしまうのだ(これについては、ひるさんも記事のコメントで触れている)。なお、ぼくはこれを厳密には “質感贈与効果” と呼びたい。これがなぜ人に安心感を与えるかを知るためには、やはりぼくの論文を読むしかないのである。

5.虹の環効果(H)
「虹の環効果」というのはひるさんお命名。大きめマスクをして眼鏡をかけると眼鏡が曇って、その状態で街灯なんかを見たりすると、それはそれはきれいな虹色の環に見えるのだ。まことに趣深いものです。

(問題点および補足)
趣深くてよいが、虹が見えているということは眼鏡が曇っているわけだから、光源(光を出すもの)以外はあまり見えていない状況で、とても危ない。事実、ぼくは街灯を見て喜んでいて、バイクとぶつかりかけた。気をつけてください。それにしても、これほどたくさんのメーカーがマスクを作っていながら、眼鏡をかけても決して曇らないマスクというのが開発されないのが不思議だ。そんなマスクがあったら飛びついて買うと思う。あるのかもしれんが(調べろよな)。

6.隠密効果
不特定多数の学生に接していると、どこにいても顔がさしてしまう(「顔がさす」というのは知らぬうちに誰かに見られてenzianであると認知されてしまうということなのだけど、方言だろうか?)。つねにどこから見られているかわからないなんて、気の休まるときがないじゃないか。先日も東京のおばあちゃんのたくさんいるところで、さすがにこんなところにおるまいとぷらぷらしながら写真をぱちぱち撮ってにた~としていたら、「あぁ先生やっ!」という関西弁が聞こえて、思わず逃走した。関東ごときではダメなのだ。ぼくがときどき沖縄に行って羽目を外したくなるのは、そういうことかもしれない(外しているのか?)。ともあれ、マスクは自意識過剰教師をふんわり包んで隠してくれる「マスクよ今夜もありがとう」アイテムなのだ(一定以上の年齢の方でないと、この意味はわからんと思う)。

7.まぁすく効果
あまり知られていないが、 “mask” というヨーロッパ語はもともと、15世紀の琉球王国からアジアのヨーロッパ植民地を経てヨーロッパにもたらされた言葉なのだ。“sk” は沖縄の言葉でアイゴの稚魚のスクを指し、沖縄では昔から、春になると岸近くの珊瑚礁に大挙してやってくるスクを捕ることにウミンチュ(漁師)は大忙しとなる。豆腐にスクガラス(スクの塩辛)をのせた「スク豆腐」をお召し上がりになった方もおられるだろう。

だがこの美味しいスク、ひとつ難点がある。アイゴはヒレに毒があるのだ。スクの大群を一網打尽にする際、変に刺激するとひれから毒を飛ばされて痛い目にあう。そこでスク漁をするウミンチュは顔に毒がかからないよう、目からあごにかけて布で覆う必要がある(目は水中用の眼鏡をかけている)。ともあれ、スクの大群を見つけたとき、ウミンチュは “まぁ” とも “わぁ” ともつかぬ感嘆語をあげてスクを捕るわけで、その “ma+suk” が “mask” の語源となっているのだ。スク漁のマスクは、スクが大量に捕れたときの喜びの意味、幸せの象徴なのだ。近頃では沖縄でも “まぁすく” を「なんて幸せなこと」の意味で使う人は少なくなってきたが、先日沖縄に行った際に小さな海辺の集落でこの意味でまぁすくを使っている人を見かけて感動した。ともあれ、これにより、マスクをすると魔を遠ざけ幸せを呼び寄せる効果がある、ということなのだ。

(問題点)
残念ながら、この7の話自体が真っ赤なウソなのである。ちなみに、真っ赤なウソの語源はね‥‥\(`o'") こら-っ (完)

by enzian | 2009-01-31 12:24 | ※その他 | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/10277886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by non at 2009-01-31 16:15 x
私も数年前から マスク党員でありますっ (∂_∂)
以前は 熱の出ない風邪を 年に数回ひいていたので
なんとかしなくては!と 色々策を練り 実行しています。

ゼロとまではいきませんが ほとんど引かないかな~という程度です。こんなにインフルエンザが流行っているのに 意外とマスク人が少ないように思えますが どうでしょうか?
今年は 薄いピンクやブルーのや 化粧がつきにくいのとか
バリエーションを楽しんでます。

私の考えですが・・・ウイルスは マスクの繊維くらい 難なく通り抜けると思われます・・・が たしかに飛沫がこちらに到達する確率は減るように思うので 効果はあるような気がしています。
風邪は 本来細菌の侵入を阻止する為に喉の奥にある繊毛のような物が 乾燥してしまい効力をなくすから~と何かに書いてありましたが マスクをすると 自分の吐く息で 適度に湿るので 保湿効果は抜群だと思います。ただ 吐き出したCO2を 再度吸い込んでいるような気もしないではないですが・・・長文で失礼しました。
風邪とマスクについて語るのが好きなもので・・・
Commented by enzian at 2009-01-31 17:17
nonさん

>私も数年前から マスク党員でありますっ (∂_∂)

おぉ同士発見!^^

>以前は 熱の出ない風邪を 年に数回ひいていたので
なんとかしなくては!と 色々策を練り 実行しています。

熱はしんどいですが、
熱の出ない風邪はやっかいだと思います。
ぼくもそういう風邪をひくようになってきて、
なにか対策を練らないといけないと思いはじめています。

>こんなにインフルエンザが流行っているのに 意外とマスク人が少ないように思えますが どうでしょうか?

ひとつ限りの理由とも思えませんが、
まだしっかりとした習慣になっていないと思います。
でも、これはよくないことだと思います。

>今年は 薄いピンクやブルーのや 化粧がつきにくいのとか
バリエーションを楽しんでます。

いまは花柄のついたものとかもあるようですね。^^
Commented by enzian at 2009-01-31 17:28
nonさん、続き

>私の考えですが・・・ウイルスは マスクの繊維くらい 難なく通り抜けると思われます・・・が たしかに飛沫がこちらに到達する確率は減るように思うので 効果はあるような気がしています。
風邪は 本来細菌の侵入を阻止する為に喉の奥にある繊毛のような物が 乾燥してしまい効力をなくすから~と何かに書いてありましたが マスクをすると 自分の吐く息で 適度に湿るので 保湿効果は抜群だと思います。

繊毛の働きが効力をなくすからというのは知りませんでした。
ありがとうございました。v(^∀^)
Commented by hiruu at 2009-02-01 23:28
いやぁ、気を使っていただいて。ぽっ(*^^*)

>事実、ぼくは街灯を見て喜んでいて、バイクとぶつかりかけた。気をつけてください。

マスクをつけた集団が暗い夜道を嬉々として歩いている、、、。とこんな妄想をしてしまいました。見た人はきっと気持ち悪いんでしょうね。
今のところ、enzianさんのブログ上でマスク党員が3名。最少10人集まったらやりますか(^∀^)
Commented by 座敷童 at 2009-02-02 02:40 x
な、何だ、この暑くて長い・・・文章は、
あれ、ブログ間違えたかな?

ひるさんのブログでオリジナル見てきました。
私は、花粉の時は不織布のにしますが、昨今のウィルス対策には、
ガーゼマスク+濡らした脱脂綿を充填しております。
おかげで胃腸炎にはなってはいますが、風邪には全勝。
湿度、そう、呼吸器の周りの湿度が援護してくれているのだ、
と思えば、
どんな過密な交通機関でも乗り込んで行ける気がします。

でも目の前がモフってなったせいで、
わんこにベロンベロンされました。初・体・験!
・・・犬インフルエンザってないですよね?
Commented by enzian at 2009-02-03 21:47
ひるさん

>今のところ、enzianさんのブログ上でマスク党員が3名。最少10人集まったらやりますか(^∀^)

わかりました。
では、10人集まるまでに
マスク党の歌を作っておきます。^^
Commented by enzian at 2009-02-03 21:53
座敷童さま

> な、何だ、この暑くて長い・・・文章は、
あれ、ブログ間違えたかな?

ですよね。
こんな文章を書くと、3日ほど落ち込みます。
コメントがなかったら消してます。

>私は、花粉の時は不織布のにしますが、昨今のウィルス対策には、ガーゼマスク+濡らした脱脂綿を充填しております。

そうですか。
湿度が大切であるなら、
それはよいやりかたですよね。
ぼくもそういうのを一度買ってみよう。

>でも目の前がモフってなったせいで、
わんこにベロンベロンされました。初・体・験!

その「モフっ」というのは座敷語?^^
Commented by non at 2009-02-05 23:31 x
「顔がさす」は 聞いたことないですが
「マスクよ今夜もありがとう」は 即わかります~

大きなマスクしていても ご近所の方は 
ちゃんと挨拶してくれます。
顔だけでなく 全体で識別されてるのでしょうか(笑)
Commented by tama_ma_ma at 2009-02-06 07:03
おはようございます~♪
マァスクの語源真っ赤な嘘なんですか~~(@_@)
でもとても楽しく拝読させていただきました!
こういうの好き!

で、私もマスク党員挙手(。-_-。 )ノハイ
これからの季節花粉対策なしではいられませぬ~~

そしてめがねの曇らないマスクの開発というより
マスクをかけていても曇らないマスク・・
それがあればいいのになぁと・・・
でもそうなると虹は見られなくなるのかな??
それも寂しいですねえ・・

金曜日!楽しい週末を(^_-)☆
Commented by tama_ma_ma at 2009-02-06 20:32
enzianさん訂正<(_ _*)>

>そしてめがねの曇らないマスクの開発というより
>マスクをかけていても曇らないマスク・・
                 ↑↑↑

ここんとこ!マスクをかけていても雲らないレンズ
の誤りです!
出勤前の落ち着かない時間の投稿ってやっぱりダメですね。
なぁんて言い訳です。そそっかしいのはいつものこと(。-_-。 )ノ

『顔がさす』こちらでも言いませんねえ・・
さすのさすは指し示すの指すなのでしょうか?
ニュアンスは判るような気が致します^^
Commented by enzian at 2009-02-08 17:54
nonさん

お返事が遅れました。

>「顔がさす」は 聞いたことないですが
「マスクよ今夜もありがとう」は 即わかります~

わかっていただけてプチ幸せです。^^

>大きなマスクしていても ご近所の方は 
ちゃんと挨拶してくれます。
顔だけでなく 全体で識別されてるのでしょうか(笑)

それだと、
ぼくの隠密効果は望み薄ですね。
マスクに着ぐるみを組み合わせましょうか。^^;
Commented by enzian at 2009-02-08 18:03
玉虫さん

こんばんは。
お返事が遅れてしまいました。

>マスクをかけていても雲らないレンズ

そうですね。
その方がいいかもしれませんね。
そういうレンズ欲しいなぁ‥‥

ちょっとずれますが、
以前、メガネクリンビューというのがあって(今のあるかな)、
曇り止めに使ったことがあるのですが、
今ひとつだった記憶があって、
それ以来、使っていません。

>マァスクの語源真っ赤な嘘なんですか~~(@_@)
でもとても楽しく拝読させていただきました!
こういうの好き!

真っ赤なウソです。
むかしはこういうバカな記事をもう少し書いていたのですが、
すっかり書かなくなってしまいました。
クソまじめな記事ばかり書く、自分がとてもイヤです。
まぁふざけるにしてももう少しセンスのあるふざけ方を
しないといけないのですが、今回は大失敗の巻です。
(´_`。)グスン
Commented by こんぺいとう at 2009-02-09 13:51 x
〉スクの大群を見つけたとき、ウミンチュは “まぁ” とも “わぁ” ともつかぬ感嘆語をあげてスクを捕るわけで、その “ma+suk” が “mask” の語源となっているのだ。

〉本当のお話だとおもってました(〃д〃 ;) 汗 汗

私もマスク党です。
万年風邪とか言われた事も・・・
鼻炎の私は マスクはお友達です(^Д^)
Commented by enzian at 2009-02-10 18:06
こんぺいとうさん

>本当のお話だとおもってました(〃д〃 ;) 汗 汗

信じてマスクしていただければ、
幸せを呼び寄せるかと‥‥\( ̄ ̄*)バシッ

>私もマスク党です。

はい、マスク党またひとり、と。^^
Commented by eu2009 at 2009-05-22 01:44
使い捨てまぁすくで 不敬・・じゃなくて不経済、いえ不衛生を予防するんですね。虹の環効果、ありますよね!
Commented by enzian at 2009-05-22 21:30
euさん

使い捨てにするのは
ホントにもったいない感じがしますよね。
今晩も虹の環効果のなかを帰ってきました。

<< 蒸し寿司 あきらめさせる、ということ。 >>