冊子

学内では定期的にエッセイ集の冊子が刊行されている。掲載されるのは教員が雑誌に掲載したものがほとんどなのだが、今回はなぜかぼくのブログからいくつか記事が選ばれていた。掲載の許可を求める書類が来たが、断る理由はない。それより学内の教職員で自分のブログを知る人がいることに驚いた。誰が選んだのかは知らないし、興味もない。

選ばれた記事には興味があった。記事リストを見て、はぁそっか~こういうのが選ばれるのか‥‥と声にならない声で納得した。正確に説明しようとした記事が選ばれている。明確な言葉で過不足なく説明した記事なのだ。なるほどこの記事であれば誰が読んでも誤解は生じない。ほかのエッセイとの兼ね合いもあるのだろう。わかりにくい記事ばっかり書いているから、次の冊子には選んでもらえないだろうな。

by enzian | 2009-02-01 17:46 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/10283908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiruu at 2009-02-01 23:30
わたしはきっと、そのわかりにくい記事の方が好きなんだろうとおもいます。
Commented by こんぺいとう at 2009-02-02 12:51 x
〉なるほどこの記事であれば誰が読んでも誤解は生じない。

文章の組み立てって本当に難しいです。
誰が読んでも誤解のない文章って
ホントにむずかしいですね。

読み手の捉え方で異なった理解で捉えられてしまいますもの・・・

Commented by enzian at 2009-02-03 21:55
ひるさん

ありがとうございまふ。^^
Commented by enzian at 2009-02-03 22:00
こんぺいとうさん

>文章の組み立てって本当に難しいです。
誰が読んでも誤解のない文章って
ホントにむずかしいですね。

むずかしいですね。
わたくしにはムリです。^^;
Commented by 座敷童 at 2009-02-17 00:17 x
学内誌、エッセイとなるとどんな人が読者層なんですかね。先生方?
でもその記事を選んでいる人の文章力(読解力)がすごいですね。
専門研究の人の文章って時々暴走をしていませんか?
「誰か、誰か止めてー!」みたいなものが。
その中から万人向けのものを抽出できるとは。
しかしブログまで網羅してるなんて、
恐ろしい大学職員がいるものですな・・・。
いや、大学職員ならその脳力がないといけないのだろうか・・・。
Commented by enzian at 2009-02-18 23:56
座敷童さま

>学内誌、エッセイとなるとどんな人が読者層なんですかね。
先生方?

そこはどうなんだろうね。
教員のためにつくってもあまり意味はないね。
たぶん学生、そして、同窓生とか、
高校生(オープンキャンパスのときに配布)や、
近隣の方(さまざまな行事の際に)
にも配布しているみたいだよ。

今日、校正をしたのだけど、
仏教学科のブログからもセレクトされていた。

>専門研究の人の文章って時々暴走をしていませんか?
「誰か、誰か止めてー!」みたいなものが。

たしかに、あなたのよく知っている先生のなかには
そういう人がいたね。^^;

>その中から万人向けのものを抽出できるとは。
しかしブログまで網羅してるなんて、
恐ろしい大学職員がいるものですな・・・。

そうそう、すごいね。
大学は職員でもっているんだよ。

<< 『つみきのいえ』(加藤久仁生 監督) 蒸し寿司 >>