『つみきのいえ』(加藤久仁生 監督)

b0037269_18143416.jpg海底から伸びてわずかに海面から突き出たタケノコの先のような小さな家におじいさんがひとり暮らしている。壁には古い写真が掛かり、おじいさんは床の穴から釣り糸を垂らす。おじいさんはなにも話さない。

そうこうするうちに床にひたひたと波が寄せくる。おじいさんはレンガを積みはじめる。やがて古い家は水に沈んで魚の住処に。おじいさんは、古い家の上に積み上げられた新しい家の床穴から海を覗き込む。はじめて家族をもったときの小さな家が海底に残っている。彼はこうして家を積み上げ続けてきたのだ。

ひたひたと忍び寄って現在を過去へと引きずり込む波は時(とき)の象徴。海中の過去はおじいさんの記憶。海底から積み重ねられた“つみきのいえ" はおじいさん自身なのだ。おじいさんの記憶のなかで、いや、おじいさん自身のなかで、おじいさんの一部となった最愛の人は待っている。ぼんやりとしたヴェール越しにしか大切な人に会えないことに切なさはつのる。だが、その切なさが「切り離されることはない」の意味であれば、その意味をしみじみ味わいながら暮らしていくこともできるのだろう、と信じてみたい(が、きっと無理だ)。

*この作品にナレーションは不要です。DVDにはナレーション抜きとナレーション付きの2つのバージョンが収録されていますが、もしご覧になるなら、ナレーション抜きを。

by enzian | 2009-02-10 18:43 | ※好きな絵本(コミック) | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/10330730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 毒きのこ at 2009-02-10 21:57 x
>であればぼんやりとしたヴェール越しにしか会えないことはまことに切ない。だが、その切なさが「切り離されることはない」という意味であれば、その意味をしみじみ味わいながら暮らしていくこともできるのだ

いろんな意味で気になる作品です。
見てみたい・・デス。

てんやわんやの野暮用やらが(パソコンの買い替えとか)^^;
ちょっと落ち着き
おじゃましてみました・・デス。
Commented by enzian at 2009-02-10 22:12
毒きのこさん

それほど高価なDVDではないと思うので、
よかったら観てみてください。

>てんやわんやの野暮用やらが(パソコンの買い替えとか)^^;
ちょっと落ち着き
おじゃましてみました・・デス。

お疲れさま。
パソコンの買い換えって
いろんなことを一時に切り替えるから、
てんやわんやになりますよね。^^
Commented by tama_ma_ma at 2009-02-10 23:36
アカデミー賞にノミネートされたとかで
先日紹介されているのを見ました。
パイプを拾いに行ったおじいさんが目にする光景
大好きな人たち・・
しみじみと良い作品だなぁと感じましたが
enzianさんはもうご覧になられたのですね。
ナレーションなしがお奨め?とあらば
それにしたがって私も観て見ようと思います。
ありがとう。おやすみなさい。
Commented by gauche3 at 2009-02-11 15:54
まったく知らない作品でしたが、enzianさんの書評を読んでいたら
無性に観たくなって、いまネットで購入してしまいました・・(^^ゞ
各国で色んな賞を受賞しているんですね。楽しみです。

> その切なさが「切り離されることはない」という意味であれば、
> その意味をしみじみ味わいながら暮らしていくこともできる
大切なものをなくすと、日々の暮らしの中で切なさが波のように
襲ってきますよね・・日を追う毎にその波は小さくなってゆくの
ですが、決して消えることは無いように思います。
やがてさざ波になれば、残された人はそれを抱いて日々を過ごして
ゆけるのかも知れませんね。そのとき、「切り離されることはない」
という感覚と共に、つながりを感じられるようにも思います・・
Commented by enzian at 2009-02-11 16:22
玉虫さん

アカデミー賞にノミネートされたのですか。
ぜんぜん知りませんでした。
すごく短い作品(15分ぐらい)なのですが、
こういうのもノミネートされるのですね。
アニメ部門とかなのでしょう。

ナレーションなしでどうぞ。^^
Commented by enzian at 2009-02-11 16:26
猿夫さん

ぼくの評はダメです。
思い通りの文章が書けません、あぁ。
(´_`。)グスン

ちなみに、ぼくは猿夫さんの詩集を注文しました。
まだかな、まだかな‥‥^^v

>やがてさざ波になれば、残された人はそれを抱いて日々を過ごしてゆけるのかも知れませんね。そのとき、「切り離されることはない」という感覚と共に、つながりを感じられるようにも思います・・

そうですね。
そうなればよいと思います。
ぼくの場合も、これまではそのようであったと思います。
が、これからもそうであるとは怖くて言えませんでした。
゛(/><)/
Commented by gauche3 at 2009-02-12 22:46
いえいえ・・
以前もenzianさんの書評を読んで、
書籍を買ったことがありますよ(^^ゞ

> ちなみに、ぼくは猿夫さんの・・
うわぁ・・ありがとうございますm(__)m
もう届いた頃でしょうか・・?(笑)
Commented by enzian at 2009-02-13 22:13
猿夫さん

>以前もenzianさんの書評を読んで、
書籍を買ったことがありますよ(^^ゞ

げげっそうでしたか。
楽しく読めたのでしたらよいのですけど。^^

>もう届いた頃でしょうか・・?(笑)

まだです。
アマゾンは遅かったです。
違うところにすればよかった。
(>_<。)
Commented by 座敷童 at 2009-02-17 00:38 x
ああ!DVDも、いい作品がありますね。
学校用教材として普及してきているようですし、チェックですね。
おすすめはチェコアニメのユーリ・ノルシュテインです。

水の中に入って行くおじいさんの家は、
水から逃れようと切り離すことができたなら、
今の部屋にある写真も水の中に行ってしまうのでしょうか。
Commented by enzian at 2009-02-18 23:52
座敷童さま

DVDなど考えもしなかったのですが、
もいいのがあるようです。
あなどりがたいです。

ちなみにこの作品には絵本もありますが、
確認してません

>チェコアニメのユーリ・ノルシュテイン

チェックします。

>水の中に入って行くおじいさんの家は、
水から逃れようと切り離すことができたなら、
今の部屋にある写真も水の中に行ってしまうのでしょうか。

かもしれないですね。
Commented by coeurdefleur at 2009-03-06 08:59
アマゾンで本を予約(スラムダンク『あれから10日後-』完全版)しましたら、こちらのDVDも目に付いたので一緒に購入。
来週には届きます。
楽しみ^^

Commented by enzian at 2009-03-06 21:03
柊さん

>スラムダンク『あれから10日後-』完全版

あぁまた耳に毒な情報を‥‥
買わずにすませられるだろうか‥‥

しみじみした内容です。
ご鑑賞あれ。^^
Commented by coeurdefleur at 2009-03-15 10:02
届きました。
アマゾンさんはいつも迅速で、あまり待たされることがないのですが、1週間かかりました。
でもって、今は私が購入したときより値段が上がっています。
この記事を見て購入希望者が増えたから?
enzianさんアマゾンさんから広告料貰ってもいいかも~^^

両方観てみましたが、私もナレーション抜きの方が好みです。
年齢の若いかたなどには、あった方が分かりやすいのかなと思いましたが。
とても短い作品なのにちょっと色々考えちゃいました。
Commented by enzian at 2009-03-15 11:57
柊さん

アマゾンがそんなになるぐらいですから、
よほど購入者が殺到したのでしょうね。
それにしても、値段を上げるのはイカンですなぁ。

>とても短い作品なのにちょっと色々考えちゃいました。

いろいろ考えさせてくれる作品ですね。
ぼくの記事はひとつの解釈にすぎません。
ある種のよい作品はいろいろな解釈を可能にするもの
(それは曖昧だということでなく、
いくつもの明確な解釈の可能性をもつ、ということです)
だと思いますが、この作品はそうだと思います。

そういう意味で、
例えば、子どもであっても
(いやたぶん、子どもであるからこそ)
まずナレーション抜きで観せてあげて欲しいと思います。
それで「ぜんぜんわからない」ということなら、
次にナレーション付きで、というのがいいように思います。
Commented at 2009-03-25 06:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2009-03-28 20:37
鍵コメさん

鍵コメさんのお子さんは鍵コメさんのお子さんなのですね。^^
聡明さを感じさせる言葉です。

<< 穂綿 冊子 >>