Sein zum Weihnachtsabend

教師にとってはなにかとクソ忙しいこの時期、学生は違うことで忙しいらしい。「もうクリスマスまで○○日しかないやん!どうしょ~」。そう言う横顔は、なにやら楽しそうに見える。目標があれば生活も充実するのだろう。電車でせっせと編み物をするトラディショナルな女性をチラホラ見かける時期でもある。なんともいじらしいことで。人間を “Sein zum Tode”(「死への存在」という意味ですよ) と言った人がいたが、この時期の学生は、さしあたりもっと卑近な “Sein zum Weihnachtsabend”といったところか。

by enzian | 2004-11-18 22:05 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/1052244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 秋がさびしいわけ こころざし、なかばで >>