邪気

b0037269_1158578.jpg
邪鬼を不憫に思うのは邪気なのだろうか。

by enzian | 2009-03-20 12:02 | ※写真 | Trackback | Comments(21)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/10547909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gauche3 at 2009-03-20 20:55
邪気だらけの僕などは・・四天王像より
踏みつけられた邪鬼ばかりに目がいって
しまいます・・(^^ゞ

かなりユニークなやつを見つけたりすると、
本像そっちのけで邪鬼ばかり観ています(笑)
Commented by bucmacoto at 2009-03-20 21:01
改めてエキサイト辞書で「邪鬼」調べてみますと。。

(2)四天王像の足の下に踏まれている怪獣。

あー、鬼っていうのは怪獣なのですね(真偽不明
Commented by enzian at 2009-03-20 22:10
猿夫さん

なんの、邪気の多さでは負けませんとも。^^

>かなりユニークなやつを見つけたりすると、
本像そっちのけで邪鬼ばかり観ています(笑)

同じく。^^
Commented by enzian at 2009-03-20 22:16
bucmacotoさん

>(2)四天王像の足の下に踏まれている怪獣。

そうじて仏教の真理になじまないもの、
邪魔をするもの、という風に考えてよいのでしょう。
でも、仏座をささえたりしているときもありますよ。
Commented by Buddhistyosshin at 2009-03-21 17:37 x
enzianさん、久しぶりです。邪鬼にはものすごく興味がありますが、私の調べた限りでは、依然と謎です。天部の中で、邪鬼を踏んでいるのは四天王だけです。中には踏まれながら幸せそうな顔をしている邪鬼もいます。邪鬼の源流は、紀元前2世紀のバールフトの仏塔欄楯のヤクシー女神が邪鬼を踏んでるのが最初のようです。
邪鬼も1匹の場合と2匹の場合があって、図像上それも定則はありません。
私の推測では、四天王はインドでは辺境種族の軍人の大将の神格化のようです。辺境異民族を邪鬼で表現し、彼らが四天王を支えていると考えられます。辺境少数民族に対する差別意識も関連するかもしれません。
ちょっと変わっているのは、東寺の兜抜毘沙門天が、端正な地天女が両手で足を支え、地天女を2人の小人が介添えをしています。大地の女神が支えているというところが興味深いところです。謎は謎のままです
Commented by kaori--y at 2009-03-21 23:12
この記事を読んで、アンパンマンにやっつけられるバイキンマンを想いました。こどもの頃アニメを見ながら「正義の味方だったら何をしてもいいのだろうか・・・、バイキンマンだってたまにはいいことしてるのに」なんて思っていました。今だったら「正義には正義の、悪には悪の立場があり・・・そして互いの存在を支えあってうんぬん」なんて言うかも^^
Commented by tama_ma_ma at 2009-03-25 22:22
邪気に無がつくと「無邪気」
無邪気はあどけない子供のときならいざ知らず
大人になればもう相応しくはないような気がしませんか?
だとすれば人と人との関わりの中での邪気というのは案外
潤滑油のような役割も果たしているのやもしれません?
なぁんて解釈はやっぱりよこしまなのかしらん。。。。
Commented by enzian at 2009-03-28 21:07
Buddhistyosshinさん

お久しぶりです。
お元気ですか?^^

>私の推測では、四天王はインドでは辺境種族の軍人の大将の神格化のようです。辺境異民族を邪鬼で表現し、彼らが四天王を支えていると考えられます。辺境少数民族に対する差別意識も関連するかもしれません。

情報、ありがとうございます。
実はぼくは、邪鬼のなかには、
たぶんに“心理的な気の迷いの象徴化”というのが
入っていると考えていました。
が、Buddhistyosshinさんのおっしゃる通りなら、
特定の民族の象徴(神格化)としての意味が
あるということになるわけですね。
それはとても興味深いです。

しかしそれにしても、
踏まれながら幸せそうにしている邪鬼はどう
解釈すればよいのでしょうか。
軍人を支えることの喜び、でしょうか。
あるいは、時代を経るにつれて邪鬼には
いろんな民族の思想が入ったのかもしれません。
Commented by enzian at 2009-03-28 21:08
Buddhistyosshinさん、続き

>ちょっと変わっているのは、東寺の兜抜毘沙門天が、端正な地天女が両手で足を支え、地天女を2人の小人が介添えをしています。

とても興味深いですね。
Buddhistyosshinさん、
邪鬼に表現されるものをどうぞ整理してください。
本になさったら買います。^^
Commented by love-heaven at 2009-03-28 21:13
お帰りなさ~い☆

ひやぁっほ~♪

>邪鬼を不憫に思うのは邪気なのだろうか。

不謹慎にも、邪気さん、ほどよく足踏み方式のマッサージ
を受けているようで、痛っ気持ちいい~・・な表情に見えるのは
私だけ?!


誰やねん・・って?!

毒きのこでした(爆)
Commented by enzian at 2009-03-28 21:18
かおりさん

>この記事を読んで、アンパンマンにやっつけられるバイキンマンを想いました。こどもの頃アニメを見ながら「正義の味方だったら何をしてもいいのだろうか・・・、バイキンマンだってたまにはいいことしてるのに」なんて思っていました。今だったら「正義には正義の、悪には悪の立場があり・・・そして互いの存在を支えあってうんぬん」なんて言うかも^^

えぇ共感しますとも。^^
バイキンマンにはバイキンマンの立場があって、
彼は彼なりにいいところもあるのですよね。
Commented by enzian at 2009-03-28 21:21
love-heavenさん

あるいは、毒きのこさん。
どっちがよいですか?
それにしても、love-heavenとは‥‥
恐るべし‥‥(- -;)

>気持ちいい~・・な表情に見えるのは
私だけ?!

見えんこともない。^^;
Commented by love-heaven at 2009-03-28 21:37
毒きのこ・・でお願いできますか?

と、いうか
この名前でなければ
弾けて物が言えない・・かも^^;

桜の季節ですね
不思議とenzianさんのブログは
春=黄色っぽいイメージがあります
菜の花画像や猫ちゃんとツクシ・・の影響でしょうか??

邪気から話題はそれますが・・
どの時期の桜がお好きですか?
よかったら教えてください
咲き始め・満開・散りぎわ・・・

私はちなみに桜吹雪のトンネルをくぐり抜ける頃・・です☆
Commented by enzian at 2009-03-28 21:53
玉虫さん

いえいえ、簡潔でお見事な解釈です。
例えば「邪鬼」というのを「いろんな観点から
知的に考えること」と理解してみると、
なにかおもしろいことが言えるかもしれませんね。^^v
Commented by enzian at 2009-03-28 21:58
毒きのこさん

‥‥で呼ぶことにします。
(なんなら、猛毒きのこ
にグレードアップしてもいいけど‥‥^^)

>不思議とenzianさんのブログは
春=黄色っぽいイメージがあります
菜の花画像や猫ちゃんとツクシ・・の影響でしょうか??

かもしれないですね。
ぼくは青系が好きなのですが、
めずらしくここの部分などは黄色系を使ってもいます。

>どの時期の桜がお好きですか?

散り際もいいですね。
咲き始めもいいですよ。
いよいよこれからだ、と思えますからね。

散った桜の花びらが小川を流れるのを見るもの
よいでしょう。
Commented by love-heaven at 2009-03-28 22:09
>猛毒きのこ
にグレードアップしてもいいけど‥‥^^

!!!!
ん、もう
enzianさんの意地悪~

悪い子は邪気の画像みたいに
〆切や論文が
頭上に覆いかぶさってきますからね~ダ

くぷぷ^^
Commented by enzian at 2009-03-28 22:26
毒きのこさん

しまった、また誤字を‥‥

>見るもの →見るのも

では、よろしゅうに。w
Commented by Buddhistyosshin at 2009-03-30 19:13 x
enzianさん、“心理的な気の迷いの象徴化”ということで、「邪気」と関連づけたわけですね。造形表現(美術)にはそういう要素も多分にあります。「あまんじゃく」(天の邪鬼)はそういうところからの造語かもしれません。
紀元前2世紀のヤクシー女神の踏む邪鬼から考えると、踏むというより支えると理解したいと思います。やはり当時の流行の神格であったヤクシャ(夜叉)は、仏塔の尊格を両手で支えています。兜抜毘沙門天は地母神が支えているとすると、地母神が毘沙門天を支え、毘沙門天が仏教を護ると解釈できます。
繰り返して申し訳ありませんが、仏教美術も異民族差別の歴史を背負っており、そういうことが複合して日本の四天王の邪鬼となったと考えます。あくまで仮説で、謎ですから、本にするなんてとんでもない。でも、謎解きと言うのは面白いですね。
無邪気にいろいろ想像をめぐらせましょう。
Commented by enzian at 2009-03-30 23:27
Buddhistyosshinさん

>造形表現(美術)にはそういう要素も多分にあります。「あまんじゃく」(天の邪鬼)はそういうところからの造語かもしれません。

ありがとうございます。

>紀元前2世紀のヤクシー女神の踏む邪鬼から考えると、踏むというより支えると理解したいと思います。

邪鬼というのは踏まれているものである
というのが一般的な理解だと思いますので、
とても興味深いです。

>無邪気にいろいろ想像をめぐらせましょう。

お見事なまとめですね。^^
謎を残してくれたいにしえの人々に感謝です。
Commented by 座敷童 at 2009-04-01 01:14 x
うっかり室内履きで外に出た天人さん(あわてんぼ)を、
おせっかいな部下が泥がつかないように苦笑しながら支えてるんですよ!

・・・と、ええと、がんばって想像してみたんですが・・・
社会人風味です。いかがかな。
邪鬼さんはいつも一人で支えてますよね。
二、三人仲間を呼んだらもっと楽そうなのですが、
一人でがんばっているところを見せたいんだ。きっとそうだ。
Commented by enzian at 2009-04-02 23:16
座敷童さま

>社会人風味です。

むしろ低年齢化しているような‥‥

>邪鬼さんはいつも一人で支えてますよね。
二、三人仲間を呼んだらもっと楽そうなのですが、
一人でがんばっているところを見せたいんだ。

いつも一人というのは意味があるのかもしれませんね。

<< 各地で頻発する自画自賛 飛行機雲 >>