b0037269_023974.jpg休み中はあれほど閑散としていた学校に学生がもどってきた。わいわいがやがやとずいぶんな変わりようである。やはり学生がいてこそ学校なのだ。構内の一角にはベンチがあって、3月に卒業した学生たちが前を行き交う女子学生たちをいつもにやにやと見ていたものだ。不意に今もいるのではないかと見るが、もちろんいない。

学舎と学舎のあいだの小さな通路では、あの小柄な学生が大きなカバンに押しつぶされそうになりながら歩いているのをよく見かけたが、彼もいない。「せんせい、ぎゃ~」という声に驚いて振り向く。てっきり、数年前、いつも個研にお菓子をもってきてくれた学生たちが声をかけてくれたのかと思ったが、見知らぬ学生がほかの教員を呼び止めていた。

構内のいたるところには学生たちとの記憶が染み込み潜んでいて、不意の歓声がそれを呼び覚ます。さぁ明日は入学式。どんな出会いが待っているだろうか。

by enzian | 2009-03-31 22:26 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/10629640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuta at 2009-03-31 23:48 x
enzianさん,こんばんわ。
見送った学生さんへの思いと,新たな出会いへの思いと,交錯しますね。この時期は・・・。
アップしたブログの最後の言葉が,全く一緒でした(笑)。
おかしなもんですねぇー。
Commented by enzian at 2009-03-31 23:56
yutaさん

こんばんは。
ほんとですね、示し合わせたような記事です。^^

>見送った学生さんへの思いと,新たな出会いへの思いと,交錯しますね。この時期は・・・。

そうですね。
そして、yutaさんが卒業式のときに書いてらっしゃいましたが、
見送れなかった学生への思いもあります。

でも、春は期待させてくれます。^^
yutaさんのお写真がよかったので、
ぼくも写真を探して寝よっと。w
Commented by non at 2009-04-01 00:18 x
先生という職業に就いたことがないので
自分自身は 同じ場所に留まったままで
生徒達が出て行き 又別の生徒達が入ってくる~それを眺める気分は味わったことがないのですが
enzianさんのコメントを読んでいると・・・
ドラマのワンシーンのように その情景が浮かんできます。
お顔をぞんじませんので 私の空想場面では
enzianさんは後姿での登場ですが~(笑)

私達のマンドリンアンサンブルでも
時々出入りがありますが・・・
私は 設立以来の古株メンバーで~
今春も また 一人二人 去られていきます(・_・、)
今のところ 入る人はゼロなので 勧誘しなくては~

学生さんたちとは違って 辞める方は転勤以外は
何か気に入らなくて辞める事が多いので(笑) 
かなり寂しい気分になります。
Commented by enzian at 2009-04-01 00:25
nonさん

こんばんは。
戻ってまいりました。

>enzianさんのコメントを読んでいると・・・
ドラマのワンシーンのように その情景が浮かんできます。

ありがとうございます。
そう言っていただけるとうれしいです。

>お顔をぞんじませんので 私の空想場面では
enzianさんは後姿での登場ですが~(笑)

えぇそれで十分ですとも。
前姿なんて想像してはいけません。^^;

>学生さんたちとは違って 辞める方は転勤以外は
何か気に入らなくて辞める事が多いので(笑) 
かなり寂しい気分になります。

そうなんですね。
それは自分の一部分を否定されたような
気持ちになるものなのかもしれませんね。

新しいメンバーが増えて、
新しい出会いができますことを。^^
Commented by 座敷童 at 2009-04-01 01:22 x
このブログが何年もつづくのなら、
毎年の4/1の記事だけピックアップしてみたら、
面白いかもしれませんー。
意外と同じようでいて、ごっそり変わっていたりして・・・。

今年はとくに入学式と桜の満開がかぶりそうで、
思い出も鮮やかかもしれませんね。
オープンにしてあるブログ、
ついに生徒さんからの書き込みが増えるのか!?(笑)
居着いている座敷童としては卒業生がここに来るといいね、
なんて事を思うのですが、いやはや。
Commented at 2009-04-01 02:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 907011 at 2009-04-01 05:28
enzianさん、おはようございます。

音の記憶。
音や匂いで鮮やかによみがえる記憶がありますよね。

「自分の目が見えなくなったら」ということをよく考えます。
怖くもある一方で、あこがれのような畏れの念もあります。
Commented at 2009-04-01 05:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dozen at 2009-04-01 12:04 x
先日、母校の高校の学園祭に参加してきました。再会したお世話になった先生方も温かく迎えてくれて、それはうれしかったんですが、同時にもうここは自分の居場所じゃないな、とも感じました。

 自分の過去の記憶や思い出をただ懐かしく感じてもいいはずなのに、そうできないのはなぜなのかなぁ、と思います。悪いことばっかりしてたからでしょうか(うそ)。

 大学の卒業式は出席できませんでした。心残りがないといえばうそになります。

 学問を離れて何年かたって、いままた論文を書いてみようかとひそかに思っています。毎日なかなか忙しいですし、まだまだ着想の段階なのですが、いつか完成させることができればと思います。

 入学式ですか。それぞれの人間にそれぞれの新しい可能性。それぞれの場所にそれぞれの可能性。そうであって人はやっていけるのかもしれません。

 
Commented by enzian at 2009-04-02 23:23
座敷童さん

>毎年の4/1の記事だけピックアップしてみたら、
面白いかもしれませんー。
意外と同じようでいて、ごっそり変わっていたりして・・・。

おもしろいかもしれませんね。
ちなみに、入学式が4月1日になったのは
今年からなのです。
それまでは4月4日か3日ぐらいでした。

>オープンにしてあるブログ、
ついに生徒さんからの書き込みが増えるのか!?(笑)

座敷童さんに離れられるとすぐ閉鎖に追い込まれそうなので、
ときどき食料をあげるから、それだけは勘弁してください。^^
学生からの書き込みは増えないでしょうね。
Commented by enzian at 2009-04-02 23:39
鍵コメさん

ただいま、です。
ドイツは、豚が美味しかったですよ。
なにを隠そう、豚肉が好きなもので‥‥
料理の写真はアップしませんが、
いずれ、なにかの写真をアップするかもしれません。^^

春の変化のなかには別れも含まれますが、
それ以上に希望も感じます。
複雑ではありますが、
全体としては未来への躍動を含んだよい季節、
ということになるでしょうか。^^v
Commented by enzian at 2009-04-02 23:45
907011さん

こんばんは。

>音の記憶。
音や匂いで鮮やかによみがえる記憶がありますよね。

あります。
音や匂いでよみがえる記憶はひときわあざやかで
あるように思えます。どうしてでしょうね。
視覚によってよみがえる記憶は多すぎて
平凡にすぎるのでしょうか。

>「自分の目が見えなくなったら」ということをよく考えます。
怖くもある一方で、あこがれのような畏れの念もあります。

その想像はぼくもときどきします。
その恐れというか畏れは、
ふだん、あまりにも視覚が大きな役割を果たしている
ことの裏返しなのかもしれませんね。
Commented by enzian at 2009-04-02 23:49
鍵コメ2さん

ごぶさたですね。
もちろんおぼえています。

ぼくはずっと以前のままです。
変わったといえば、写真のサイズが大きくなったぐらいです。
あとはなにも変わりません。
これからも変わらないでしょう。
Commented by enzian at 2009-04-02 23:53
dozenさん

居場所と言われれば、
卒業したところは居場所ではないでしょう。
そこは新しく入学してきた人の居場所。

ただし、なにかの場所ではあるのでしょう。
なにの場所であるか‥‥は
うまく表現できないですけどね。
Commented by dozen at 2009-04-03 09:43 x
むむむ。なんの場所なんでしょうね。

 なにか思いついたらお知らせしまする(* ̄ー ̄)ノ彡
Commented by enzian at 2009-04-03 22:26
dozenさん

じゃ、期待してます。^^

<< 夢中を探す 各地で頻発する自画自賛 >>