「自分は、ほめられて伸びるタイプなんです。」

ここ何年か、そういうセリフを学生から聞くことが多くなってきた。そういう学生はどの先生にもそういうことを言っているのか、それとも、年を追うごとに教室でのぼくの態度が厳格になってきたことへのバロメーターなのか、よお知らん。ともあれ、夕べ飲んでたときには「水曜日の2限目の先生は般若(の面)のようです」と告発された。痛快な夜であった。

ほめるべき点に気づかないわけではない。ぼくは一人ひとりの学生をレーダーで追尾してデータを収集している。極めて陰湿なのである。気づいていればほめればいいのだけど、ぼくは不良教師なのでほめない。あからさまにほめてくださいと近寄ってきて、はいそうですかとほめるような、ひねりのないことは恥ずかしくてできない。ほめてください、とはあからさまに言わないにしても、いろいろなカモフラージュ(嘘)を交えつつほめてくださいとアピールしてくるタイプがいるが、やはりほめない。気づかぬふりのタヌキおやじになる。その程度のカモフラージュでぼくの目をごまかせると考える了見の浅さが気にいらないのだ。だからよけいにほめてやらない。結果、そういう学生たちには徹底的に嫌われる。

とはいえ、ほめないわけでもない。ほめるべき点があり、かつ本人が気づいていない場合には、黙っているわけにもいかないので、ほめるようにしている。気づいていても本人が認めきれずに迷っていると思えるような場合にも、老爺心ながらほめるようにしている。爺のレーダーはそのために平和利用されているのである。けっきょく自分をほめてしまった。

by enzian | 2009-08-01 20:27 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(30)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/11638464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まだ at 2009-08-03 12:41 x
enzianさん、お暑うございます。
冷夏とはいえ、夏の京都は暑いのではないでしょうか?
どうぞ、お体おいといくださいませ。

「自分は、褒められてのびるタイプなんです!」
こういう人には、喝を入れたくなります。^^;
小さい子どもなら、まだしも…
もう大人に近い人が言う言葉だとは思えません。
これから社会人になる人、
こんな甘いことをいってちゃ~今の社会はわたって行けませんよ。
褒める人だけがいい人ではありません。
その人を思って一喝する人もいますからね。
私もenzianさんと同じような態度をとるなぁ…きっと。
般若の顔もするでしょうよ。^^
夏休みに入って、私の顔はすでに般若?!です。^^;


【老爺心】いいですね~
今年の流行語大賞にノミネートされることを祈っております。
Commented by 毒きのこ at 2009-08-03 18:41 x
涼しい顔して、いつも見てなさそうな振りして

サクッと、いや、ズキュ~ンと誉めます♪

ピンポイントにロックオンでバキュ~ン、です

不意を突いて!

自信のない方の励みになったり

迷っている方の目覚めになったり

ちょっとでも効き目があればぁぁ~

などど思ったりしています

爺のレーダーの平和利用、良いですねん♪

こちら婆としても賛同いたしまする♪

爺と婆の誉め合戦は

牽制や乱れ撃ちで

おそらく互角の戦いで

両者一時、休戦となるかもしれません、ぷふふ(^^)
Commented by kaori_tochiu at 2009-08-03 21:47
もし私が学生であったなら、眺めのいい丘や川のほとりでひとり涙を流し、翌日しれっとした顔で授業に出るでしょぅ~。enzianさんの前では絶対泣かないモン!o(*`ω´*)o (笑) 褒めてほしいときはやぶ蛇を覚悟した上で、(自分自身の)体力があるときに言うようにします!(なーんて^^)

厳しくされて「もうやだ!」と思う場合もあるけれど、「頑張ろう!」と思える場合もありますよね。教える側の違いもあるかもしれませんが、自分自身の気持ちの状態によっても違うかも(^^)
Commented by yuta at 2009-08-03 22:55 x
enzianさん,こんばんわ。
 enzianさん,いいですねぇ,たくさん褒めてもらって。思ったのですが,尊敬し信頼している先生と,普通に会話できる幸せっていうのが,あるんだろうと。会話さえ,近づくことさえ,できなかった日々が続いていたような・・・。それは,何のことはなく,自分を自分で駄目なんだと思い込んでいただけかもしれない,だけなんですが。
駄目に気長に付き合ってくれる人が,いてくれたことに感謝しています。

>ほめるべき点があり、かつ本人が気づいていない場合には、黙っているわけにもいかないので、ほめるようにしている。気づいていても本人が認めきれずに迷っていると思えるような場合にも・・・
 それが誰にもない,あなたのあなたらしい宝物のようなものだろう、と思えることに,本人は当たり前すぎて気づかないか,あるいはそれを歯がゆく思っていたりする,そんな場面に遭遇することがあります。そんなときに,そんな場面に立ち会えたことを,微笑ましく嬉しく思ったりする。「すてたもんじゃない!」若い魂が確かにあるなと,思います。教師の幸せってそんなところにあるのでしょうか・・ね。
Commented by coeurdefleur at 2009-08-04 21:44
やさしくきれいなものばかりがよいとは限りませんものね~

でも、やっぱ褒められると嬉しかったり^^;
Commented by enzian at 2009-08-04 21:49
まださん

こんばんは。
京都はようやく梅雨があけました。
これからどんどん気温が上がりそうです。
溶けます、とろけます。
まださんこそ、夏ばてなさらないよう。

>こういう人には、喝を入れたくなります。^^;
小さい子どもなら、まだしも…
もう大人に近い人が言う言葉だとは思えません。

おっしゃるとおり。

>これから社会人になる人、
こんな甘いことをいってちゃ~今の社会はわたって行けませんよ。
褒める人だけがいい人ではありません。
その人を思って一喝する人もいますからね。

げげっ、ますますおっしゃるとおり。
(なぜか、自分が叱られているような気に‥‥^^;)

>夏休みに入って、私の顔はすでに般若?!です。^^;

・_・)/\(・_・)般若ナカマ!

>【老爺心】いいですね~
今年の流行語大賞にノミネートされることを祈っております。

審査の際には一票をお願いします。^^v
Commented by enzian at 2009-08-04 21:56
毒きのこ婆さん

>涼しい顔して、いつも見てなさそうな振りして
サクッと、いや、ズキュ~ンと誉めます♪
ピンポイントにロックオンでバキュ~ン、です
不意を突いて!

そなの、そなの。
ぼくってズキュ~ンな人なのよね。
(´ー`)y━~~

>自信のない方の励みになったり
迷っている方の目覚めになったり
ちょっとでも効き目があればぁぁ~
などど思ったりしています

爺もそう思っておりまふがふが。 \(-_- ビシッ
Commented by enzian at 2009-08-04 22:07
かおりさん

>もし私が学生であったなら、眺めのいい丘や川のほとりでひとり涙を流し、翌日しれっとした顔で授業に出るでしょぅ~。

そうした丘や川のほとりにも
enzianレーダーが仕掛けられていたりして。
(* ̄m ̄)

>enzianさんの前では絶対泣かないモン!o(*`ω´*)o (笑)

無理せずにほ~ら泣いてもいいんですよ、ほ~ら。

>褒めてほしいときはやぶ蛇を覚悟した上で、(自分自身の)体力があるときに言うようにします!(なーんて^^)

褒められているということを褒められていると意識するためには、
それなりにエネルギーがないと無理なんですね。

頑張ろうと思えるかどうかということについても、
褒める側の褒め方如何ということに加えて、
褒められた側のエネルギーにも
関係してるということになりますね。
φ(._.)メモメモ
Commented by enzian at 2009-08-04 22:38
yutaさん

こんばんは。

>尊敬し信頼している先生と,普通に会話できる幸せっていうのが,あるんだろうと。会話さえ,近づくことさえ,できなかった日々が続いていたような・・・。それは,何のことはなく,自分を自分で駄目なんだと思い込んでいただけかもしれない,だけなんですが。
駄目に気長に付き合ってくれる人が,いてくれたことに感謝しています。

ぼくの先生は学問的には厳格でしたが、
どこかおちゃめなところもありましたので、
話すことさえできない、ということでもありませんでした。

指導する立場からすれば、
ときには話した方がよい学生もいるでしょうし、
話さずともそばに居るというかたちがよい学生もいるでしょうし、
yutaさんの先生も適当の距離感をとっておられたのでしょう。
Commented by enzian at 2009-08-04 22:40
yutaさん、続き

>それが誰にもない,あなたのあなたらしい宝物のようなものだろう、と思えることに,本人は当たり前すぎて気づかないか,あるいはそれを歯がゆく思っていたりする,そんな場面に遭遇することがあります。そんなときに,そんな場面に立ち会えたことを,微笑ましく嬉しく思ったりする。「すてたもんじゃない!」若い魂が確かにあるなと,思います。教師の幸せってそんなところにあるのでしょうか・・ね。

その宝石があると気づくことができたとき、
そこに宝石があると伝えられる立場にいる自分に気づいたとき、
教師は自分の内側にも、
外の宝石に照らされて光り出すなんらかの輝きを見ている
のかもしれませんね。

>「すてたもんじゃない!」

「すてたもんじゃない!」一つあれば、
ご飯がいくらでも食べられます。^^
Commented by enzian at 2009-08-04 22:41
柊さん

>やさしくきれいなものばかりがよいとは限りませんものね~
でも、やっぱ褒められると嬉しかったり^^;

すべてはさじ加減。
すべては塩梅です。
(紀州の梅干し、好きです。^^v)
Commented by haco at 2009-08-05 00:51 x
今日は「どのような指導をうけているか」ということを、obake氏と確認しあったところ、先生は対機説法で、しかも先生はhacoにのみ「すでにトロピカル二人から抜かされてるで~やばいで~」といった指導をされていることがわかりました。
obake氏は、「もしわたしならリアルにショックを受ける」ということでしたが、そのように指導を受けるとわたしは俄然やる気が出ます、ということも本日判明しました。
Commented by enzian at 2009-08-06 20:54
hacoさん

トロピカル1号はすぐ忘れるので、
定期的にガツンと喰らわす必要があります。
喰らわさないと効きません。

2号にはソフトタッチが肝要で、
トロピカル3号は放置することにしています。
(ごめんね、トロピカル3号。(´ω`))
Commented by Ry at 2009-08-07 16:37 x
やたら誉めたり上機嫌な先生を見ると
すぐ誉めたりする先生はあまり信用できない。
と1生徒の経験レーダーは瞬時に警戒体制に入ります。
きっと何かわけあり物件
ex)生徒との接し方か微妙であまり生徒て仲良くなれない
に違いない!と思ったりします。

基本的には誉められるのは好きじゃないです。
誉めても伸びませんからね、とか何も出ませんからね、と去ってゆきます。
誉められることは、次への期待のように思えるのです。


でもあんまり話を聞いてくれなくて頑固で
わしの哲学が全てじゃ!
みたいなおじいちゃん先生に怒られると泣いちゃう…(/_\;)
Commented by enzian at 2009-08-07 21:19
Ryさん

>やたら誉めたり上機嫌な先生を見ると
すぐ誉めたりする先生はあまり信用できない。
と1生徒の経験レーダーは瞬時に警戒体制に入ります。

さすがRyさん、先生相手にも警戒を怠らない、
立派、立派。(´ω`) (←夜になるとおばけが出そうな物件)

>基本的には誉められるのは好きじゃないです。
誉めても伸びませんからね、とか何も出ませんからね、
と去ってゆきます。

褒めることと次への期待とは
必ずしもつながらないよ。
つなげているのはRyさんじゃない?

>でもあんまり話を聞いてくれなくて頑固で
わしの哲学が全てじゃ!
みたいなおじいちゃん先生に怒られると泣いちゃう…(/_\;)

なぜ「でも」なの?
第2段落と第3段落のつながりがわからないよ、
一生徒よ。(追記しなくていいよ。)
Commented by Ry at 2009-08-07 23:14 x
携帯からで誤字脱字失礼しました。

ちょっとドキッとしました。確かにつなげているのは私なのかも。
良くも悪くも人から評価されるのってあんまり好きじゃないです。
普段は色々隠して生きているから…笑
期待されることがもともと嫌いなのもありますが…。
なんか難しくしてよくわかんなくなっちゃった笑

話さえ聞いてくれずに…という意味だったと思います。変な文章でごめんなさい。

登るのがめっちゃ大変な丘の上で家主は大抵留守にしていて(裏山につながる道は歩きやすく開拓済)
夜は怪しく灯りがついているかんじの物件ってとこでどうでしょ?笑
Commented by enzian at 2009-08-08 00:02
Ryさん

>なんか難しくしてよくわかんなくなっちゃった笑

あなたが考えすぎなのか、
それともこちらが鈍感過ぎるのか、
わからないけどね。

>話さえ聞いてくれずに…という意味だったと思います。
変な文章でごめんなさい。

うんにゃ、謝る必要などありません。
Commented at 2009-08-08 00:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-08-08 00:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2009-08-08 21:11
鍵コメさん

こんばんは。

鍵コメさんのおっしゃるように、
褒めてもらえるのは基本的にうれしいことです
(上のRyさんにしても、
的を射たことであるなら、ほめてもらえること自体は
うれしくないはずはないと思います。その後の
期待が重いと言っているだけですね)が、
その言葉に真摯さがなければ、
嬉しくもなんともないですよね。

ぼくは大学生を相手にしていて、
いちおう真剣勝負をしているつもりですが、
相手の歳が若くなるほど、おそろしいです。
心を見抜かれるような気がしますので。^^;
Commented by enzian at 2009-08-08 21:15
鍵コメさん、続き

新しい記事はもう消してしまいました。
コメントありがとうございます。

忘れること、とても大切ですよね。
そう思います。

実は、忘れることの大切さを言おうとする記事を書き始めて、
うまく書けなかったのでした。^^;
またトライするかな‥‥

田んぼは虫たちの宇宙でもあるようでした。
そちらには、またちがう種類の虫がいるのでしょうね。^^
Commented at 2009-08-10 08:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 揚羽 at 2009-08-15 13:45 x
やっぱり先生は私に負けず劣らずひねくれ者ですね(笑)
でもとっても先生らしい気がして笑ってしまいました。

私は褒めの言葉をもらったら、その人の性格とか声色とかその場の状況から判断して本当に褒められてると思ったら素直に喜ぶようにしています。

とりあえず、先生に褒められたときは大抵嬉しいです^^
Commented by enzian at 2009-08-15 14:01
揚羽さん

・_・)/\(・_・)ひねくれナカマ!

>とりあえず、先生に褒められたときは大抵嬉しいです^^

残念ながら、ほとんど褒めないけどね。
(* ̄m ̄)ぷっ
Commented by at 2009-08-24 17:52 x
先生こんにちは。
わたしはもしかしたら放置されていますか。
というところでややショックを受けました。
でも、めげずに頑張ります。
Commented by enzian at 2009-08-24 22:19
春さん

こんばんは。

>わたしはもしかしたら放置されていますか。

そんなことはありません。
きっと気のせいです。(´ω`)
Commented by 座敷童 at 2009-08-28 01:37 x
現役教師のカミングアウト!〜いつでもロックオン〜

うわぁ・・・。な、なんて陰湿でキノコが発生しそうな。
私はご指導いただく方に褒められると
いつも自分の思ってるとこと違うので、質問して怒られます。
そして、この先生と私、視点が違うけど大丈夫なのか、と
不安になります。学んでる身なんですよ!おこがましい!
そして先生のところに質問攻めに、いや討ち入りをします。
先生の貴重な時間をむしり取ります。
うわぁ・・・ KYですね。今までのセンセイごめんなさい。

先生よりも、後輩とか、年下の人に褒められると
嬉しいってときはあります。素直な言葉だと特に。
でも般若の顔した先生に褒められるのはどんな気分だろう。
Commented by S.K. at 2009-08-28 16:31 x
こんにちは。はじめてコメントさせて頂きます。
私のenzianさんのイメージは無表情です。

「たった一つしかないものを探しますか(この記事の場合はそれはかなり明確)?」「それともその他のものに乗っかりますか(褒められるを含む)?」

「さあどっち。(興味なさそうに)」

というかんじで無表情だったような気がします。今思うと。
般若のときは単に虫の居所が悪かったんではないでしょうか?(あ、ここは笑です)
因に私はenzainさんを不良教師だと思ったことはありません。

あ、今のは乗っかりました。笑
Commented by enzian at 2009-08-29 20:48
S.K. さん

こんばんは。

>私のenzianさんのイメージは無表情です。

あらら。

>「たった一つしかないものを探しますか(この記事の場合はそれはかなり明確)?」「それともその他のものに乗っかりますか(褒められるを含む)?」

「さあどっち。(興味なさそうに)」

というかんじで無表情だったような気がします。今思うと。

あららら。
そげなまじめくさったことを言ってたかしらん。
まぁあなた(ぼくの推測が間違いでなかったら)
と話していたときには、
けっこう人生如何といった究極の話が多かったように思うので、
笑いはあまり交えてなかったように思います。

>因に私はenzainさんを不良教師だと思ったことはありません。

そうそう、そこが大事!^^v
Commented by enzian at 2009-08-29 21:31
座敷童さま

うわぁロックオンされた~(´ρ`)あぅあぅ

>私はご指導いただく方に褒められると
いつも自分の思ってるとこと違うので、質問して怒られます。
そして、この先生と私、視点が違うけど大丈夫なのか、と
不安になります。学んでる身なんですよ!おこがましい!
そして先生のところに質問攻めに、いや討ち入りをします。
先生の貴重な時間をむしり取ります。

相手が教員だからこそ、
微妙な視点の差であっても
気になるのでしょうて。

相手が誰であろうと褒められる内容は正しく、
けなされる内容は正しくない、
などと思えれば楽なのでしょうけどね。

>先生よりも、後輩とか、年下の人に褒められると
嬉しいってときはあります。素直な言葉だと特に。

相手が先生のときとはちがって、
視点の微妙な差があっても気にならない
のかもしれませんね。

<< 稲 「。」の必要性 >>