自分探しが旅

ホームページに「八重山の哲学」を作る。山ほどある写真のなかから掲載するものを選ばねばならない。どうしても、見慣れない、珍しい写真を選ぼうとしてしまう。なんかミーハーな(死語?)感じでちょっとイヤだ。

「自分探しの旅」という言葉が一時もてはやされたけど、自分探しでない旅なんてあるんだろうか?八重山の珍しいものは、関西在住のぼくとは違うものじゃないかって?するどい!って言いたいけど、青いね。自分と違うものに会うことによって、逆に自分を再確認してるんだよ。恋人に振られてセンチメンタルジャーニーに行く若者(今どき、そんな人いるか?)は傷ついた自分を取り戻しに行くんだし、温泉おやじは疲れた自分を癒しに行く。ものすごい旅をしたマルコだって、自分のルーツである母親を探しに行ったんだよ。そういう意味では、「自分探しが旅」なんだよ。きっと。

なになに?「カニ食べ放題、一泊二日の旅」はどうなるって?そういうのは「旅」じゃなくて「旅行」なの。以前、「旅」と「旅行」を区別して、「旅」にだけ人間が本当の自分(「実存」と言います)になれる要素が含まれている、という論文を書いた学生がいた。納得させられた。

by enzian | 2004-11-26 21:31 | ※その他 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/1176510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 006 at 2005-10-04 23:36 x
そうそう!「旅」と「旅行」は違いますね。(読み返しております^^)
「旅」は自分事ですね。誰かといようがいまいが、知らない自分(の感情や感性や)と出会うことが「旅」だと思います。それによって、自分にとって何が幸福か、を探しているような気がします。
だから満喫するには人数が少ない程いい。一人は寂しいこともあるけど、得るものはより多くなるから。・・・って一人旅の広告みたいになってしまいましたか。
Commented by enzian at 2005-10-05 20:53
006さん

>「旅」は自分事ですね。誰かといようがいまいが、知らない自分(の感情や感性や)と出会うことが「旅」だと思います。それによって、自分にとって何が幸福か、を探しているような気がします。

そうですね。

>だから満喫するには人数が少ない程いい。一人は寂しいこともあるけど、得るものはより多くなるから。

旅行はみんなでワイワイ、旅は一人しみじみって感じですね。
一人の方が得るものは多いかもしれないですね。
たまに一人旅に出たくなります。。。

<< 「小さな哲学」に変えました 紳士でいるのも大変 >>