リモコンサーチ機能

勉強をしているのは西日がもろに差し込む灼熱地獄さながらの狭い部屋で、夏の夕方などはエアコンと扇風機のリモコンを一定間隔で押したりしながらパソコンをかちゃかちゃやっている。それで何日か勉強を続けていると手もとに置く本やらコピーやらが増えてきて、いつしか部屋は立錐の余地もないようになってくる。汚部屋になるわけですね。汚部屋といっても、他人が見たらそう見えるというだけの話で、部屋の主にすればそこには絶妙のバランスがあって、美しい秩序が成り立っている。

そういう話でなくてリモコンです。ともかく暑いので、エアコンと扇風機のリモコンを駆使して快適な勉強環境を整えようとするわけだけど、ちょっと油断をすると、本やコピーの山のなかにリモコンが埋まってしまうのですな。下手すると、本に紛れたリモコン探しで30分くらいかかったりする。リモコンを探そうとして、大切なページを開いたまま重ねた本を閉じてしまったり、本の位地を変えてしまったりするものだから、リモコンが戻っても勉強が進まない、なんてことにもなる。そうやって、刻一刻と貴重な時間が浪費されていく。

メーカーの方にお願いしたい。エアコンや扇風機の本体に、ついつい論文を書きはじめるとリモコンを見失ってしまうおっさん用の「リモコンサーチ機能」をつけて下さらんことを。ボタンをポチッと押すと、リモコンからピピッ♪と音が出るようなね。「ぼくはここにいるよ~」とリモコンが答えてくれるわけです。こういう機能が欲しい、今日この頃。

by enzian | 2009-09-06 18:48 | ※その他 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/11878786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 説得 へんてこりん >>