試金本

b0037269_22301298.jpg学校の部屋にはできるだけ学生にとって役立つような本を置くことにしている。学生に役立つといっても、いろんなパターンがある。学生の座り位置に近いところに置いてある絵本たちがこれまでの学生指導でどれほど役立ってきたか、なんてことはまだ書かない。これをぼくは定年後に微に入り細に入って書くのだ。

他人から見れば単なる汚部屋にすぎず、学生たちにはいつも、「ぼくって整理できないんだよね~誰か整理整頓してくれないかなぁ~」などとへらへらしているが、各本棚での本の配置は極めて緻密なウケケ的計算のもとに管理されている。

なかでも一冊、学生との関係においてとても重要な本がある。本来こういうことは日々の営業に差し支えるので話すべきではないのだが、いよいよキノコの秋を迎えるという気分の高揚もあり、今日は特別にお話しする。それはぼくが秘かに “試金本” と読んでいる本で、この本を貸して、一週間程度で「おもしろかったです」と返しに来ることができれば、その人は長く哲学することが可能な人である、と判断しているのだ。

長く哲学することができるためにはいくつかの条件が必要だと思っている。「自分とは違った考えをおもしろいと思えること(他者に感心をもっていること)」、「粘り強いこと」、「孤独に耐えられること」なのだけど、これら3つに、教養する人として生きていくための条件の「誠実であること」を加えて4つのことが身についている人でなければ、上に書いたようなことは生じないのだ。

これはと思った人にはこの本を貸すことにしているのだけど、残念ながらほとんど読み通すことができないまま返しに来るのが大半で、いつも残念な思いをしている。上のような条件を揃えた人は数年にひとりぐらいしか出てこないのかなぁなどとも考えるが、問題がひとつある。記憶している限り、この本を読もうとして読み通せなかった最初のひとりは、ほかならぬ自分自身なのである。

by enzian | 2009-09-26 22:31 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/12012764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ヘッドライト reflection >>