ふたり

足が “しあわせ” と歌っていた。(写真をクリックすると拡大します。)

by enzian | 2009-12-30 15:34 | ※写真 | Trackback | Comments(14)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/12584314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-12-31 14:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2009-12-31 15:21
鍵コメさん

こんにちは。
鼻歌を歌いながら、食べていたようですよ。
足は水面をバタバタやっていたのです。
彼といっしょに泳ぐことはできないので、
せめて、足だけでもいっしょに泳いでいるのかな‥‥
なんて、思って見ていました。
楽しそうで、撮ることに勇気は必要ありませんでしたよ。^^

人が小さく見える瞬間と、本については、
メールでお知らせしますね。
(アドレス変わられました?)
年が明けてから、ご覧ください。^^

鍵コメさんも、よいお年を。
Commented by しょこ at 2009-12-31 19:23 x
enzianさん

お久しぶりです^^。
お元気そうで良かった!

カメラマンの優しい目線が伝わってきますよ^^。

夕暮れ時、名残惜しそうに時間を共有しているのかしら~。

二人にカメラを向けていらっしゃるenzianさんを…
想像していますウフフフ。

enzianさん、よいお年を、お迎えくださいませ^^。

Commented by enzian at 2009-12-31 21:59
しょこさん

夕暮れどきの楽しい時間なのでしょう。
海から遠いところで育ったぼくには、
こういう夕暮れの過ごし方があるとは思いませんでした。

しょこさんも、よいお年を。
Commented by obake at 2009-12-31 23:34 x
私の心に大きなしあわせが飛び込んできました。やさしい気持ちで一年を終えられそうです。

今年最後のやさしい贈り物、ありがとうございます。
Commented by enzian at 2010-01-01 10:27
obakeさん

やさしい気持ちで写真を見られるのは、
obakeさんが昨年がんばったからでしょう。
Commented by obake at 2010-01-01 21:10 x
たしかに…頑張れていなかったら世界に靄がかかって写真も灰色に見えていると思います。

心の色って重要なんだなと最近実感しております。

これもenzianさんのおかげです。
Commented by enzian at 2010-01-01 22:07
obakeさん

そして、心の色って、自分の問題だけじゃなくて、
伝染もするのですよ。^^
Commented by obake at 2010-01-02 00:01 x
なるほど。写真のふたりからenzianへenzianさんから私へ「心のしあわせ色」が伝染したように、そうやって個人から周囲へと広がって、世界がやさしい色に変化するのですね。

enzianさんからいただいたコメントの言葉を見て改めてこのことを明確化することができました。
Commented by enzian at 2010-01-02 09:13
obakeさん

わかる、とか、明確化とかいうのはどういうことなのでしょうね。
また考えてみます。^^
Commented by obake at 2010-01-02 17:06 x
はい、そこにも難題が盛り沢山です。

私も考えてみます。またお話したいです。
Commented by enzian at 2010-01-02 20:47
obakeさん

では、難題は学校で。
Commented by 座敷童 at 2010-01-16 03:04 x
す、須磨ったのですか。
ロングショットなのに、爪先と唇で会話しているように聞こえます。
幸せという感覚は難しいけれど、この二人の関わりを見ているとなんだかうっすらと、耳奥にその意味をを置いていってくれるような気がします。
Commented by enzian at 2010-01-16 09:14
座敷童さん

すてきなコメントをありがとう。

>す、須磨ったのですか。

以前行ったときの写真。
はやく須磨りたいのだけどね。

幸せを表現する写真なんて撮れないと思ったけど、
この二人には感謝せねば、です。^^

<< 始末書ブログ 救われる >>