「八重山の哲学」を作る

「趣味の哲学」に「八重山の哲学」をアップした。もっと書きたいことはあるが、こまごましたことを言い出したらきりがないので、これで一応の区切りとした。

今日作業をしていたのだけど、飲食店の開店時間とかフェリーの就航時間まで書き込んで、われながら「何でこんでことを書いてるの?」とバカバカしくなった。そんなの書いたって、誰も見るはずないのだ。教師なんていうのは、ほとんどがおせっかいな教え好き(教え魔)なんだけど(ちなみに、昔の大学教授には「教えるのが嫌い」なんていう猛者がいたけどね)、ぼくにも教師の血が流れているんだろうか?

大学院生の頃、教師の卵たちを見ていて、つくづく「教え好き」には二種類あると思ったものだ。一つは学生のためを思っている人。教えることによって、学生が成長するのをわがことのように喜べるタイプ。スバラシイ。もう一つは、自分のためと考えている人。教えることを、自分が知識をもっていることの宣伝機会だと思っている。これだけ自分は知っているんだぞ~、これだけオレは教えるのがうまいんだぞ~ってタイプだね。両者はまったく異なっているが、見た目ではなかなか区別できない。同じことをやっていても、その目的はまったく違うのだ。

なになに、お前はどちらのタイプかって?教師である前に、つねに学ぶ身、生涯、一学生であると心得ております。ケケケ。

by enzian | 2004-12-05 17:53 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/1292933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumpin_upanddown at 2004-12-05 20:34
こんばんわ。メインページ一部拝見しました。
個人的にと手も気に入ったのはトニーそばの看板と値段の安さです。
あの看板はカッコイイ。
Commented by enzian at 2004-12-05 22:47
さすがjumpin_upanddownさん、お目が高いです。あれは私の自慢の逸品にございます。ちなみに、ガッチャマンなら、やっぱりコンドルのジョーですよね。私も激しく同意します(だから、しかるべきところにコメントしろって!)。
Commented by jumpin_upanddown at 2004-12-07 00:06
コメントは気にしないで下さい。
今日もコンドルのジョーは出てきませんでした。う~。

<< 誰に気づかれることなく なぜ紅葉は美しいのだろうか? >>