そぞろ歩く

b0037269_2216487.jpg日の長いこのごろは、まだ少し辺りが明るいうちに一段落ついたときには、思い切って仕事を終えることにしている。

正門を出て、京都を南北を貫く大きな通りを南に行く。車通りを避けて、やがて東西に延びる小さな通りをきまって東に向かう。静かな路地を歩きながら、一日を振り返る。あの言葉は適切だったのか、もっと別の言い方はなかったのだろうか。それより、数年来の課題は今日も果たすことができなかった‥‥。

本当のことを言うと学校ではなにも片づかない状態なのだが、路地では不思議と絶望的な気分にはならない。学校を終えた子どもたちが自転車で行き来する。いまも壜(びん)牛乳を配達する店があり、惣菜を並べる店がある。小さな祠(ほこら)がいたるところにあって、服を着せられたお地蔵さんに供えられた花はいつも凜としている。家の軒先に椅子を出しておばあさんが座っている。

やがて路地の視界が開けて、賀茂川に着く。河川敷を下流へ向かう。学生のころよりも美しくなった川面に浮かぶ水鳥たちを見ている。いっしょに賀茂川をそぞろ歩いた懐かしい人たちの顔が思い浮かぶ。魚が泳いでいる。大きな鯉や、金魚までいる。夜店で掬われ、そして川に捨てられたのだろうか。左手に大の字を彫り込んだ山が見えはじめると、そろそろ賀茂川も終わり。ここから先は鴨川なのだ。ぼくは駅に向かう。

by enzian | 2010-05-25 22:34 | ※街を歩く | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/13359415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gauche3 at 2010-06-05 18:56
賀茂川と鴨川の違い・・知りませんでした・・(-_-;)

> 学校ではなにも片づかない状態なのだが、
> 路地では不思議と絶望的な気分にはならない。

自分に当てはめると・・
会社と居酒屋の関係のようなものでしょうか・・(笑)

もう、あちらこちらに川床があるのでしょうか?
記事にあった路地の風景と共に、しばし妄想に耽って
しまいました^^
Commented by enzian at 2010-06-05 21:13
猿夫さん

>賀茂川と鴨川の違い・・知りませんでした・・(-_-;)

京都以外の人はご存知ないと思います。
ぼくは大学の近所に流れているので、
たまたま知ってましたが。

>自分に当てはめると・・
会社と居酒屋の関係のようなものでしょうか・・(笑)

そういうことでしょうね。^^
ちなみに、ぼくにも若干、
その図式は当てはまります。

>もう、あちらこちらに川床があるのでしょうか?

6月1日から解禁ですから、
もうずらりと並んでいます。
京都では当たり前の風物詩ですが、
他所にはないものなのでしょうね。

<< 菅浦(1) 発見の喜び >>