菅浦(3)

b0037269_22592185.gif大浦で菅浦行きのバスを待つ。バス停から少し離れた待合室でぼんやりしていたら、マイクロバスのような車がノンストップで通り過ぎた。まさかと思って時計を見たら、バスの出発時間だった。

なぜ待合室を見てくれなかったのかと、まっすぐ正面だけを向いて走り去った運転手を苦々しく思ったが、後の祭りだった。次のバスは2時間後、たとえそれに乗っても、もう菅浦を歩く時間はないだろう。

携帯はあるが、タクシーを呼んで行こうとするほどでもない。いつものあきらめの早さが出てきて、すっかり心は駅の方に向かってしまっている。さきほどの川沿いの道をとぼとぼ歩いて帰る自分の姿が浮かんだ。あぁ、もう少し粘り強ければ立派なひとになれたかもしれないのに。他人が去っていくことを、いやそれよりも、自分が去っていくことを簡単には許しはしなかっただろうに‥‥他人事のように残念に思っていた。

心を決めたとき、道を挟んで待合室の向かいにある家から一人の女性がまっすぐに歩いてきた。二階で洗濯物を干していた女性だ。「バス行ってしまいましたね。菅浦に行かれるのでしょう?」「はい。でも、気ままな旅ですので、歩いて帰ります」。返答を聞き終わらないうちに女性は玄関に向き、言った。「お父さん!菅浦へ送ってあげて」。玄関から男性が歩いてきていた。「せっかく来られたのに。そこに車があります」。

二人には、「けっこうです」と言わせないきっぱりとした迫力があった。二人の心は同じ目的地へとまっすぐ、力強く向かっているようで、そこにはぼくの弱い心を差し挟む隙間はなかった。ぼくは珍しく、知らない方の厚意に甘えることにした。

by enzian | 2010-06-26 23:08 | ※海を見に行く | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/13513733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-07-18 08:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-07-18 08:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2010-07-18 08:48
(enzianがFC2ブログでレスしたコメントです。)

コメントに感動しました。
そのような考え方があるのだということに。

そして、そのような考え方を知らなかったことに恥じ入りました。

一期一会の意味を初めて理解したような気がします。
ありがとうございます。
Commented by Buddhistyosshin at 2010-09-05 13:36 x
遅まきに失礼します。「行ってらっしゃいませ」の文化 にコメント欄がないので、ここで失礼。実は先週の集中講義で教材準備室に行きました。教材を頼んだときは出るとき「ご苦労様」と言ってくれたのですが、出来上がった教材をもらって、教室に行こうとしたら、「行ってらいしゃいませ」と男女二人のバイトに言われたのにはびっくり、このブログを思い出して、書いています。もうこの教材で用は済んだのに、また帰ってくるのか?と思いました。あの言葉、誰が持ち込んだんですかね。
Commented by enzian at 2010-09-06 21:34
Buddhistyosshinさん

暑いなかの集中講義、ご苦労さまでした。

じっさいに体験なさったのですね。
あの「行ってらっしゃいませ」を。
聞くといろんな意味で違和感のある言葉です。

バイト諸君はそう言うことで教員を尊重して
くれているつもりなのでしょうが、
われわれの意識とはまったくずれていますね。
アルバイト諸君にも言っているのですが、
いっこうにやめようとしません。

あるとき一人がまちがって導入しただけなのに、
いったんはじめてしまったら、
誰のためにもなっていないのにやめることが
できない、というありがちなことの
身近なよい例だと思います。

<< 菅浦(4) 「行ってらっしゃいませ」の文化 >>