星を見る

ゼミの3年生と4年生とが9月に星空を見る合宿をするという。個性派ぞろいの哲学科のなかでもぼくのゼミはとりわけの逸材ぞろいだから、うまくやれるか心配していたのだが、なんのことはない、ゼミ発表での「心臓から口が出るような思い」を経て、いつのまにか、かってに仲良くなっているのだ。ほっと胸をなでおろし、幸せな気分に浸る。

彼らの多くとは彼らが大学に入る前に知り合っている。責任が重いのはわかっているが、就職活動についても資格についても、現実的なことではさして力になってやれない。申し訳ないと思いつつ日々の生活を送っている。せめて、いっしょに行きませんかという誘いを叶えてあげられたらと思ったのだが、その日も学会が入っているのであった。

by enzian | 2010-07-04 23:04 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/13609764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by enzian at 2010-07-18 08:40
(yutaさん〔http://yuta.blog.ocn.ne.jp/〕より、
FC2ブログの記事にもらったコメントです。)

enzianさん、こんばんは。
今日も雨、大雨のの影響が心配ですけど、七夕の日は星を眺めるのもいいですね。七夕の日に葉についた朝露を集めて墨をすり、その墨で短冊に願いを描く。天からの贈り物で、ささやかな願いを天に届ける。私たちの心の中にまだそんな文化が残っている。雨が多い七夕もまた、風流かもしれません。どこへ移られても、この空の下、思いがあればみんな繋がる、そういう人間の絆がいいなと思います。他に何もなくても。これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by enzian at 2010-07-18 08:40
(enzianがFC2ブログでレスしたコメントです。)

こんばんは。
七夕は雨の日が多いですね。

>七夕の日に葉についた朝露を集めて墨をすり、その墨で短冊に願いを描く。天からの贈り物で、ささやかな願いを天に届ける。

小さな葉っぱに降った朝露は微量でしょうから、何枚かの葉っぱから集めないといけないのでしょうね。誰でしょう、こんな素敵なことを考えたのは。

自分でもどうしてこんな記事を書いたのかわからなかったのですが、なるほど、七夕だったのですねぇ。yutaさんが関係づけて、まとめてくださいました。^^今後ともよろしくです。

<< 短冊 菅浦(4) >>