原稿用紙8枚の音

b0037269_22263834.jpgどこからともなく、入相の鐘が聞こえる。不思議な気分になる。鐘とは除夜にのみ鳴るものだと思っているのだ。

そんな勘違いなどおかまいなしに、誰かが毎日、夕刻に鐘を打っている。聞く人がいようがいまいが、いると信じて打っている。

家で鐘が聞こえることは少ない。この音がいつ聞こえるかをぼくは知っている。その日の原稿がパソコン二画面分、原稿用紙8枚分にたっしたときにのみ聞こえる音なのだ。それ以外のとき、ぼくの耳はその音を聞かせてくれようとはしない。だから鐘は鳴らない。

遠くで雷の音がする。今日も雨は降らない。

by enzian | 2010-08-24 18:05 | ※その他 | Comments(0)

<< 才人と出会う方法 重なり合いつつ移行する >>