ごちゃまぜ

例えばコーヒーを飲み終えてからお茶を一口飲みたいといった場合がありますよね。ぼくはこういう場合、迷わずコーヒーカップにお茶を注いで飲みます。高校生のときに、友だちの家に遊びに行って、こういうことをやりましたら、野蛮人を見るかのような目で見られて、そのときはじめて、自分の行動が万人受けするものではないことに気づきました。

これと同じなのかどうかわかりませんが、ぼくは取り皿というものをあまりたくさん使いません。たとえば中華料理を食べに行ったとして、エビチリと、酢豚と、回鍋肉を次々と同じ小皿に入れて食べてもまったく平気です。でも気の利いた店に行くと、一料理ごとに勝手に小皿を持って行ってしまいます。別にかまわんのに。洗い物も少なくなるのに。

もちろん、ものわかりのよいテツガクシャとしてそこここで好評のわたくしのことですから、気の利いた店員たちがせっせと小皿を替えて行くのもわからないではありません。世の中には、「おれのエビチリに甘酢が触れたやないか、いったいどないしてくれんねん、こら」とか「この店はなにかい、甜麺醤味の酢豚がスペシャリテなのかい?」などと因縁を付けるひとがいるのでしょうね。怖いですね、大阪弁。そういう問題じゃないですね。

by enzian | 2011-01-22 23:30 | ※その他 | Comments(0)

<< 栗一つの価値もなし。 まさかの笠地蔵 >>