ずっと会いたかった誰か

b0037269_230432.jpg三木清は「孤独は山にない、街にある」と言ったが、孤独は山にも海にもない。田舎者のぼくには、「街」という言葉自体がどこか孤独の影を引きずっているように思えてならない。街の孤独に疲れてひとは旅に出るのだ。

旅には誰かに出会えるのではないかという一抹の期待がついてまわるが、旅行にはそれがない。いやその必要がない。すでに傍らにいるひとと連れだって彼の地に行くこと、それが旅行だからだ。海辺には、ずっと会いたかった誰かがいるにちがいない。

by enzian | 2010-02-17 23:09 | ※海を見に行く | Comments(0)

<< 薫陶 バレンタインデーの贈り物 >>