各地で頻発する自画自賛

ぼけっ~とネットニュースを見ていたら、「わずかなコメを奪い合い」という文字が飛び込んできた。えぇー!と思って見直したら、「わずかなコメを分け合い」だった。「飛び込んで来た」のではなく、「作り出し、投げ込んだ」のだ。両者の違いはとてつもなく大きい。

残念なことだが、このところの学校現場でも、白を黒と言うだけならまだしも(それも困るが)、自信をもって無から有を創り出す(creatio ex nihilo )、絶対者のごときパーソナリティに出くわさざるをえなくなってきた。これからの学校人は、自分と他人を傷つけることのないよう、この種の “創造者” について、それそうおうの勉強と注意と規程が必要なのだ。ときには、「子どもを守る」だけでなく、「子どもから大人を守る」という観点も必要なのである。しかしそれにしても「えぇ?」と思って画面を見直したぼくはさすがだった。かんたんには認めたくはないが、こういう「見直し」はすぐれた人間愛なしにはできない。

by enzian | 2009-03-21 14:40 | ※その他 | Comments(0)

<< 春 邪気 >>