個人商店

近所には大きなスーパーはないが、不自由しない程度にどんな店もある。みんな昔からある下町の個人商店で、大正や明治からやっているのだ、というところも多い。びっくりするほど美味しいコロッケを売る肉屋がある。けっこう有名らしい。肉類はここで買う。びっくりコロッケ肉屋の隣には店主厳選の魚貝を売る創業100年の魚屋。魚はここで。パンは、なんのてらいもない素朴な“パン"のみを売っている店で、豆腐と油揚げは豆腐屋で買う。今日は古い商店街にすてきな天ぷら屋を見つけた。おばちゃんと「江戸前」の概念について話す。

どこもここも、みんな話好きの店主ばかりで、立ち話がはずむ。魚屋の近くにある店は老夫婦がやっていて、創業85年。おじいさんの切れのある口調が楽しい。おじいさんとしてはいつもどおりに話しているだけなのだろうが、こちらには江戸の噺家(はなしか)にしか聞こえない。時代を越え、長くひとつの道に専念してきたひとたちと話すのは楽しい。

by enzian | 2011-04-12 23:40 | ※街を歩く | Comments(0)

<< そのうちゲロゲロ。 ふたばの豆餅な人間観 >>