甘食

パン屋はやはり明治からということで、4代目らしいおじいさんはもう80歳に届いているのかもしれない。丸くなった背中で、当たり前だけど毎日パンを焼いておられる。甘食(わかりますか?)が置いてあって、いつか買ってみようと思っていた。先日、ケーブルテレビを見ていたら、その店が映っていて、甘食の紹介がされていた。そのあと店に行ったら、甘食がない。どうしたのですか?と言ったら、(放送があって売れすぎるから)しばらく作らないのだという。今朝もおじいさんのパンを食べた。なにも塗らずにまずかじってみた。

by enzian | 2011-04-22 22:11 | ※街を歩く | Comments(0)

<< 郷里 そのうちゲロゲロ。 >>