みんな、叱られたいの?

テレビを見ていると、みんな叱られたいのかなぁと思うときがある。昼はアナウンサーが何やらぞんざいなしゃべり方で電話の相手を叱っている。彼のファンなのだろうか、会場の中高年女性は、顔をしかめるでもなく、フンフンうなずいている。

夜になると決まって特番があって、流行の占い師が、芸能人に何やら、お小言を言っている。日頃は勢いのある芸能人も、そのときばかりは、しおらしくご託宣(おことば)に聞き入っている。

それなりの年齢の大人が、お世辞にも上品とは言えない仕方で公共の場で叱られる。なぜ耐えられるのか、不思議ではある。誰しも少しぐらいはマゾヒストの気がある、と言えばそれまでだけど‥‥。

完璧であると言われるよりは、それなりの欠陥があると言われる方が、あとあと生きてゆくには気が楽なのかな。失敗しても言い訳がきくし。それとも、それなりの年齢になって、もう他人から叱られることもない人にとっては、ちょこっと叱られるがここちよい刺激なのかもしれない。

by enzian | 2004-12-31 12:31 | ※テレビ・新聞より | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/1580296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< “人間肯定の哲学” 中学生の哲学 >>