106年

b0037269_2210131.jpg本郷館という建物がある。木造三階建ての下宿で、築106年。中庭があって、それを囲むようにして76室がある。先日の震災にも耐えたが、老朽化のために取り壊されることが決まった、という話は聞いていた。

ぷらぷら歩いていたら、取り壊しを前に、本郷館をしのぶ集いをしませんか。懐中電灯だけお持ち下さい。といったことが書いてある。明るいうちにひとしきり写真を撮り、記されていた時間に、ふたたび立ち寄ってみた。そこには、館を残そうとしたひとたちや、別れを惜しむひとたちがいるらしく、しずかにその思い出を語っておられた。明治以来、ここに多くのひとたちがいろんな目的のために、比較的長い期間の宿を求めてやってきたのだろう。

そうこうしているうちに、立派な木製の警棒をもった巡査が三人、自転車でやってきた。あらかじめ集会の通報を受けていたのだろう。「みんな懐中電灯を持っている」などと連絡を取り合っている。このようなしめやかな会でさえ警戒しなければならないと誰かが思うような経緯がそこにはあったのだろうが、いっしゅん、別の国の風景かと思ったのだった。

by enzian | 2011-08-09 22:32 | ※街を歩く | Comments(2)

Commented by kaori_tochiu at 2011-08-15 01:59
こんばんは。暑中お見舞い申し上げます。^^

この建物、見たことあるかも~。
T大学の近くではないですっけか。(なまった)
違ったらすみません。

近頃、突き詰めて考えたりすることがめっきり少なくなってしまいました。
楽ちんなような淋しいような。

お風邪が早くよくなりますように。
それではまた。お元気で~
Commented by enzian at 2011-08-17 17:15
かおりさん

こんにちは。
返事が遅くなりました。

>ですっけか。

ですけっす。
(yesと答えているつもりらしい。)

>楽ちんなような淋しいような。

ブログの雰囲気、変わりましたね。

>風邪

ひさしぶりにやられてしまいました。
二日間のロスです、がび~ん
かおりさんも、夏の疲れが出ませんように。

<< 理屈をこえたわからなさ それから >>