牧歌的対話

立派なひとがいると思う。ここでいう立派なひととは、生活や世界の全体にわたって肯定的な読み方ができるような回路を張り巡らそうとするひとで、けっこうどこにでもいる。自分の周囲が立派なものだと思うだけならよいが、自分もまた立派にならねばならぬと思うようで、いつもつま先立って、前のめりになって走りだそうとしていて、走り出すとなかなかストップがかからない。学生にもこんなひとがいるらしく、「完璧な世界」構築旅行の途中で燃料切れになってJAFのお世話になっている姿を、ちらほらみかける。

こういう学生をみかけると、「ちょっと、ちょっと、どこのゼミの方か知らぬが、そこのお方。そんな立派になってどうしようというのです、もっと肩の力を抜きましょうよ~ モ~ メェ~(牛や羊たちの声)」などと牧歌的に声をかけるが、ほとんど聞いてはもらえない。一本気な性質が災いして、じぶんをゆるさないのである。人間なぞ8割方どす黒いものだ(ちなみに、2割も大切ですよ、青少年のみなさん)、いつなんどきなにをしでかすかわかったものでない、などとは夢にも思ってはいけないと信じているのである。

こう書くと、燃料切れ学生のなかには反論するひともいるだろう。「そんなことおっしゃいますが、先生のゼミは厳格だと有名です。シラバスには3分の2以上の出席がないと評価対象としない、とか殺伐としたことを書いてるし。ゼミ生たちもみんなガクブルしてると聞きます。そんな牧歌的な声を出しても、本性バレてます」。それを聞いてぼくは「いまの君のその気持ち、決して忘れないで欲しい!」とだけ熱く告げて、去っていくのである。

by enzian | 2011-08-14 12:22 | ※キャンパスで | Comments(6)

Commented by kaori_tochiu at 2011-08-24 21:19
enzianさんの学生さんはご苦労されているんだなぁ・・・
私は遠巻きに見ておこうっと。

| |д・) ソォーッ…


あ!そうそう。
「ですっけか?」へyesと答える場合は「んだ」デス☆

|彡サッ!
Commented by enzian at 2011-08-25 20:56
かおりさん

「んだ」ですか。
簡単ですね。
覚えておきます。
Commented by CHEDS at 2011-08-28 14:48
ずっと前にコメントしたことある者です。
毎度、楽しく、羨ましく拝見させていただいています。
羨ましいのは、書きたいことを書いていらっしゃるからです。ご自信のブログなのですから、当たり前なのですが、、、とっても羨ましいです。
私の無念がここで晴らしてもらえてるような気さえして、モニタのこちらで、そうだ、そうだ。。。と頷いてます。
「聖なる物語」に賛成の一票です。
Commented by enzian at 2011-08-28 17:39
CHEDS さん

投票いただき、ありがとうございます。^^

書きたいことを書いているように見えますか?(^^ヾ
これでも、ほとんど書けてないのですよ。
書いてすぐ消してしまうものも多いです。
でも、こんなものでも気分を晴らして‥‥と言ってもらえるなら、
書いてよかった、と思っています。

ぜんぜん関係ないですけど、
シッケって手作りなさるのですね。
大好きなもので、わぁ!と思って拝見しました。
Commented by CHEDS at 2011-08-29 01:32
シッケ、についてです。
(自分でも思い出せないくらいの昔の記事までご覧いただけたようで嬉しく思います)
母は、小鳥の餌のような엿기름(ヨッキルム)という麦芽から作りますが、これが小袋に入ってて、炊飯器でもシッケが作れるものもあるんですよ。
Commented by enzian at 2011-08-29 20:14
CHEDS さん

>小鳥の餌のような엿기름(ヨッキルム)という麦芽

ありがとうございます。

それが飲むときに口に残るものですね。
ぼくはいつも缶に入ったものを買って飲んでいたのですが、
一度、東京の新大久保で探してみます。

<< 積年の願い 理屈をこえたわからなさ >>