霜柱を踏む

朝。近所の公園。久しぶりに立派な霜柱を見て感動する。踏んづけたときのクキクキという音が楽しい。氷が擦れ合う音なのだろうか。そこらじゅうを踏んでまわる。やっとこさできあがったものを一挙に踏み潰してしまうというのは、そこはかとなくきもちいいものだ。気づいたら小学生も同じことをしている。あわててやめる。

by enzian | 2005-01-11 23:05 | ※自然のなかで | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/1693217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< メーガン法の問題点(続) 友だちとは何か? >>