長押し

なんかいカチカチしても百円ライターの火がつかない。液状のガスは残っているものだから、壊れているとばかり思って、「所詮100円の代物とはこんなものだ」とか、「製造地が悪いのだろう、いったいどこで製造されたのか」などと好き放題いっていた。それが今日、ひょんなことから火がついた。どうしてだろう?と考えはじめたら理由は簡単で、ぼくは火花を出す部分だけを懸命に動かしてカチカチやっていたのだが、ガスが出る部分を長押しせずに、さっさと手を離してしまっていたために火がつかなかったのだ。

われながらバカだなと思ったし、自分は一事が万事こんな調子なんじゃないかなと反省もしたけど、それにしても、「長押し」というのは、ぼくには意外にむずかしい。瞬時に押すことには慣れていても、じわっと長く押すという発想が弱いのだろう。

by enzian | 2012-01-21 16:50 | ※その他 | Comments(0)

<< 笑い声の音 外向的なウナギと内向的なアナゴ >>