人にやさしくするのも大変

朝の電車。試問する予定の卒論を読んでいる。杖をついたおばあさんが乗り込んでくる。よい子は迷わず立ち上がる。「ありがとうございます」。ていねいなおばあさんだ。「どういたしまして」。

座ったおばあさんは、自分(おばあさん)の膝に手提げかばん(卒論が入っている)を乗せるようにと、膝をポンポンたたいている。丁重にお断わりするが、強引にカバンを取り上げられ、隣の人との隙間に置かれてしまう。おばあさん、それは困ります。そういうことをすると、鈍なぼくは十中八九、置き忘れてしまうのです(記事参照)。しかも、そこには置き忘れるとしゃれにならないものが入っているのです。カバンは隣の人によりかかっている。すでに、あばあさんは熟睡。気が気でなく、それからは、カバンに全神経を集中。

いくつか後の駅。カバンによっかかられたかわいそうな人が降りる。意外とメリハリのあるおばあさんも目を覚まし、空いたシートをすかさずポンポンたたく。ともかくポンポンたたくのが好きな人らしい。周囲は派手なポンポンを遠巻きで見守る。誰も座ろうとしない。ひょっとすると‥‥そっとおばあさんの顔を見る。やっぱり、満面の笑みでこちらを見て、大きくうなずいている。「恩人以外の誰も座らせない!」という強力なオーラが出ている。どのみち、座らざるをえないのだ。エイッと座る。満足したように、おばあさん、ふたたび眠りの世界へ。おばあさんと並んでこちらも眠り込む。熟睡。

たぶん、次の次ぐらいの駅。おばあさんにやっぱりポンポンと膝(ぼくの)をたたかれて、飛び起きる。「本当にありがとうございました。おかげで助かりました」。それだけを告げて、おばあさんは降りる。

感想。人にやさしくするときは、それなりのアフターケアも覚悟しなければならない。やっぱり今日も含蓄がある。

by enzian | 2005-01-26 20:29 | ※通勤途中 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/1839633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 座敷童 at 2005-01-27 00:08 x
感謝の気持ちは大切ですが、親切には行動的な返礼は要らないと思うのであります。言葉は大事ですけど。そして返礼を断ることは失礼になるので、断れないんですよねこれがまた。
私はポンポンではなくてハグされましたよ。「良い子ねえ!」って‥‥ハタチ過ぎてたのに‥‥。
Commented by jumpin_upanddown at 2005-01-27 02:31
>やっぱり今日も含蓄がある
何も言わずにおきますね。ウフフ

Commented by enzian at 2005-01-27 09:01
座敷童さんへ。
>親切には行動的な返礼は要らないと思うのであります。
そうでしょうね。また、それで相手の負債の気持ちがなくなるというなら、返礼を受け入れるのもいいのでしょう。日本人にハグはねぇ‥‥。
Commented by enzian at 2005-01-27 09:04
jumpin_upanddownさんへ。
もう~もっとスナオになってもいいのに、ジャンプさんたら。ムフッ。
Commented by noe.saeki at 2005-01-29 00:14
譲ったらそこから離れる。
これ、私の鉄則です。
Commented by enzian at 2005-01-29 08:54
なるほど。それがお互いにとっていいのかもしれませんね。
Commented by hiroQ111 at 2005-02-01 01:09
TBさせていただきました。以前、おばあさんに席を譲ったことで、ちょっと不思議な出来事があったのを思い出しましたので…。
Commented by enzian at 2005-02-01 08:27
hiroQさん。TBどうもです。

<< メガネへの憧れ 電車が眠い理由 >>