サクマ式ドロップ

店先でサクマ式ドロップを見つける。アニメ映画の『火垂るの墓』で清太と節子が食べていたのとまったく同じ形だった。節子はドロップを食べきった後に、水を入れて、ジュースのようにしておいしそうに飲んでいたように記憶しているが、本当にジュースのようになるのだろうか。買ってためしてみたいとも思ったが、結局、やめた。おいしいものであるはずがないのだ。

by enzian | 2005-01-29 21:30 | ※街を歩く | Trackback | Comments(19)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/1868304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by whitefullmoon at 2005-01-29 22:00
「火垂るの墓」って、悲しそうで見たいと思いません。絶対見ないつもりです。たぶん、ドロップの周りについていた砂糖や、ドロップのかけらが水に溶けてほのかに甘い砂糖水程度の甘さになるのではないでしょうか。
 今でも、世界の中には同様な事をしている子供達が大勢いるんでしょうね。大河ドラマ「義経」をみて戦乱で浮浪児になっていた子役衣装こそそれなりだったのですが、やはり体つきまでは浮浪児らしくはありませんでした。北朝鮮あたりにはそういった役柄にぴったりはまるような、子供達がたくさんいるんではないか、などとも思ってしまいました。
Commented by 座敷童 at 2005-01-29 22:09 x
未だに印象的だったのは、野坂氏の「火垂」とジブリの「トトロ」が抱き合わせで上映されていたことです。結構小さい頃だったと思いますがポカーンとした記憶があります。全然方向性違う。
ちなみに節子の‘サクマ式ドロップス’は佐久間製菓株式会社、メジャーな‘サクマドロップス’はサクマ製菓株式会社で、別物です。
Commented by enzian at 2005-01-29 22:25
whitefullmoonさんへ。原作者の野坂昭如は、あれはお涙頂戴の作品ではない、と言っていますね。野坂は、あれを見て、たくさんの人に泣いてもらおうとか、悲しんでもらおうとかは考えていないようです。ぼく自身は、野坂の原作から、人間には暗い部分があるという現実を正視させようとする意図を読み取りました。
Commented by enzian at 2005-01-29 22:29
座敷童さんへ。あぁ、また身も蓋もないことを言っている。イケナインダ。正確に言うと、サクマ製菓の方のやつです。抱き合わせにしたのは、良心的に考えるなら、火垂るのショックをトトロで和らげようとした、ということになりますが、そんなはずないですよね。あの頃の宮崎の作品はわかりやすかったのに、今はいたずらに難解ですね。
Commented by 座敷童 at 2005-01-29 22:56 x
自分は、不器用な人間ですから‥‥。
私としてはトトロがショックだったんです。「火垂る」は人間ってこういう面があるんだ、こわいなーと子供心に思った記憶が。トトロ、ありえない、トトロ‥‥。ガクガクブルブル
Commented by enzian at 2005-01-29 23:06
高倉健ですか?不器用さなら、こちらこそ、人後に落ちない自信があります。それより、トトロってガクガクブルブルするほどのショックを与える作品とも思えないのですが。もののけ姫なら、わからないでもないけど。
Commented by 座敷童 at 2005-01-29 23:08 x
純朴な子供の目には魔物に映りました。
Commented by enzian at 2005-01-29 23:13
そうですか‥‥。映画を見てトトロのヌイグルミを欲しがる子どもも多いのでしょうが、子どもの感性によって見え方も違うのでしょうね。カワイク見えたり、生々しく見えたり。
Commented by noe.saeki at 2005-01-29 23:56
ぴあ中部版1.20号の「スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫の映画独り言」に「トトロ」と「火垂る・・」が2本立てになったいきさつが書いてありましたよ。長くなるので書きませんが(爆)っていうか要約できない(泣)
「火垂る・・」は観てない人には薦めますが、自分はもう見たくないです。
ちなみに宮崎作品では「トトロ」が一番好きです。
今度の愛・地球博ではメイとさつきの家の実物として登場しますが、見学するには事前予約が必要なんですよねー。
サクマドロップはハッカとコーヒー味が好きでした。
少し溶けて固まると、穴から出せなくなるんですよね。
Commented by enzian at 2005-01-30 08:43
noe.saekiさんへ。2本立てになった理由がなにやらあるのですね。
火垂るについては、ぼくも一回は見たほうがいいとは言いますが、それ以上は言えません。重いので。宮崎作品のなかでは、ぼくもトトロが一番好きですね。一見、あまりひねりがないような気もしますが、すっかりひねくれてしまっているので、たまには、あぁゆう素朴なやさしさに触れるのはいい気分です。
>今度の愛・地球博ではメイとさつきの家の実物として登場しますが、見学するには事前予約が必要なんですよねー。
人数制限が必要、ということなんでしょうか。

Commented by noe.saeki at 2005-01-30 10:33
よく寝たので、ガンバって要約してみます 0( \ _ / )0

当時、徳間書店の上層部は昭和30年代に貧しさを味わった世代で「トトロ」をOKしなかった。そこで鈴木氏は高畑氏の監督作品を作れないか考える。ちょうどそのとき新潮社H氏を紹介され氏から「うちの社長がア二メ・漫画に手を出せという」と聞き文芸作品のアニメをと、自分の好きだった「火垂る」をすすめる。こうして徳間「トトロ」と新潮「火垂る」の2本立てとなる。

なんかイマイチすっきり理解しがたいですねど、そういうことらしいです。
ジブリって確か美術館も予約制でしたよね。
どうせ来るならゆっくり観て欲しいってことねんでしょうね。
Commented by nyarinosuke at 2005-01-30 13:20
☆enzianさん、こんにちは。
 サクマ式ドロップ・・・懐かしいです。缶をカラカラと振ってドロップを出すあの仕草思い出します。・・・アニメ映画の『火垂るの墓』。実は、まだ見たことがありません。・・・ちなみに宮崎アニメ"風の谷のナウシカ”は結構好きかもです。
Commented by enzian at 2005-01-30 13:54
noe.saekiさんへ。トトロと火垂るの2本立てのいきさつ、どうもありがとうございます。要約、ごくろうさまです(笑)。ジブリって、変なこだわりがあるんですよね。それが、ジブリのよさでもあり、ときには見るものを困らせもするのかもしれませんね。
Commented by enzian at 2005-01-30 13:56
nyarinosukeさんへ。こんにちは。
>ちなみに宮崎アニメ"風の谷のナウシカ”は結構好きかもです。
トトロとはタイプが違いますが、ナウシカも名作ですね。ぼくも好きです。
Commented by 座敷童 at 2005-01-30 17:12 x
noe.saekiさま。
ありがとうございます。そんな大人の事情があったのですね。反芻しております。が、やっぱりヒトケタの年齢だった私には理解不能だったと思いました。あの二本立て。
ちなみにトトロは怖がったのに、ナウシカの王虫は大好きでした。飼いたいって思っていました‥‥。
Commented by noe.saeki at 2005-01-30 17:33
enzianさんにお礼をいただいて(^^)うれしいです。

座敷童さん、こんにちわ。
私は充分大人になってました(笑)
「ナウシカ」の原作は「火垂る」とは違う意味でむっちゃコワイです。
未だ読んでおられないのなら機会があったらオススメです。
Commented by Honig-Biene at 2006-01-23 17:23
1年前の記事にコメントしてすみません。今月はネット代金大幅超過です(TーT)もう諦めました。そういう訳で、過去記事を拝読しております。

サクマドロップではやったことがありませんが、ハチミツの瓶にお湯を入れて飲んだことがあります。甘い水?でしたが、大しておいしくはありませんでした。でも何故か、毎回飲みます。
戦時中は甘い物に欠乏していたので、あんなにおいしそうに飲んだのでしょう。カルピスなんて飲んでいたお嬢様なんですよね、節子ちゃんは。

ちなみにわたしは、ナウシカも好きですが、ラピュタが1番好きです。ジブリアニメは食べ物がおいしそうですね。
Commented by enzian at 2006-01-28 08:06
Honig-Bieneさん

>1年前の記事にコメントしてすみません。

いえいえ、むしろ、忘れかけの記事にコメントしてもらえるのは
うれしいです。

>今月はネット代金大幅超過です(TーT)もう諦めました。そういう訳で、過去記事を拝読しております。

???それはどういう意味なんでげしょうか。
接続することができないで、オフラインで見ているってことなんでげしょうね。

>サクマドロップではやったことがありませんが、ハチミツの瓶にお湯を入れて飲んだことがあります。甘い水?でしたが、大しておいしくはありませんでした。でも何故か、毎回飲みます。
戦時中は甘い物に欠乏していたので、あんなにおいしそうに飲んだのでしょう。カルピスなんて飲んでいたお嬢様なんですよね、節子ちゃんは。

そうですね。時代背景が違うと、同じものでもありがたさが違いますね。
節子はそれをとてもおいしそうに飲んでいましたっけ‥‥
カルピスを飲んでいた場面は忘れてた!
Commented by enzian at 2006-01-28 08:09
Honig-Bieneさん、続き

>ちなみにわたしは、ナウシカも好きですが、ラピュタが1番好きです。
ジブリアニメは食べ物がおいしそうですね。

ラピュタも好きです。
食べ物がおいしそうというのは、とても大切なことだと思います。
絵本でもそうですし、アニメでも、もうそれだけで魅力になるように思います。
特に子どもには。
ハイジの食べていたチーズやらパンやらが忘れられないなぁ。

<< 人間とミツバチとカメラ いったんグレるという作戦 >>