つかねばならないウソ

どんな場合にでも、うそはついてはいけないのだろうか? そんなことはないと思う。ある研究によれば、人間は数分に一回の割合でウソをついているとされる。ウソをどのように定義するのかが問題になるけど、自分が本当に望んでいることとのズレさえウソだと言うなら、ぼくの実感では、人と話しているときなど、数分単位どころか数秒単位で刻々とウソをついていると思う。言葉づかい、言葉の内容、顔の表情、視線の動き、手振り、体の動かし方、それぞれ、その場その場の状況に合わせたものであり、自分が本当に望んでいるものとはズレていることが多いからだ。会話の相手が親しくない人の場合など、特にそうだろう。

例えば、ぼくが日頃イヤだなぁと思っている人(X氏)と話し合いをしなければならない場面を考えてみよう(フィクションですよ)。まず、最初に挨拶をする。これがまずウソ。ぼくはX氏となんか挨拶をしたくないのだから。挨拶の際の笑顔もウソ。X氏になどスマイルしたくないのだから。話し合いをはじめる。敬語を使って話す。これもまたウソ。X氏など尊敬していないのだから。X氏の目を見ながら話す。これもまたウソ。X氏の顔など見たくないのだから。「今日は天気がいいですなぁ」などと話す。これもまたまたまたウソ。天気の話などどうでもいいのだから。以下、えんえんとウソの大行進は続く。

ぼくがX氏との会話のなかでつくウソは、つかねばならないウソなのだと思う。人間、一人では生きてゆけないのだから、円滑な人間関係を築こうと思えば、どうしてもつかねばならない(ついた方が利口な)ウソもあるのだ。包丁をもって家に押しかけてきた男に「娘はいるか」と問われて、「(実際はいるのに)いない」と言うのも、つかねばならないウソなのだろう。

逆に、ついてはならないウソもある。例えば、人を殺したのに、「殺してない」と言うのは、ついてはならないウソだろう。息子でもないのに息子のふりをして老人にお金を振り込ませたりするのも、ついてはならないウソだろう。

つかねばならないウソとついてはならないウソ、それ以外にも、たぶん、ついてもよいウソといったものもあるはずだ。ぼくは酒の席で年齢とか出身地を聞かれても絶対に本当のことを教えてやらないけど、これなんかは、ついてもよいウソだろう(?)。

要するに、良い悪いという見方からすれば、ウソには三つの区別ができることになる。

1.つかねばならないウソ
2.ついてもよいウソ
3.ついてはならないウソ

でも、この区別を見て、こう言う人がいるかもしれない。「何が1で、何が2で、何が3にあてはまるウソなのかがわからない」。そうかもしれない。ぼくが上にあげた123の実例はかなり極端なものだけど、その例でさえ、状況によっては違う数字のウソになるかもしれないからだ。X氏に対するウソと包丁男に対するウソがなぜ同じタイプのウソになるのかも、定かでない。

「どうしてもウソがつけない」とぼくに告げた人は、一人や二人ではない。みな、苦しそうだった。その気持ちはよくわかる。X氏と話しているときのぼくだって、心と体に相当な負担をかけているのだから。話し終わった後は、どっと疲れ果てて、ウソをついてしまった罪悪感に支配されるのだろう。でも、“大人になる” ということの意味には、1と2のウソを3のウソから区別する知識を身につけること、そして、いかに上手に1のウソを使いこなすかの技術を身につけることが含まれているのかもしれない。たとえ、それが悲しいことであっても。

by enzian | 2005-02-05 21:37 | ※その他 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/1934280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2005-02-05 22:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-02-05 22:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by noe.saeki at 2005-02-06 00:29
人に過去の面白かった出来事を語るときに、私はかつて正確に話すべきだと思っていました。話す内容にウソ(脚色)があってはいけないと。
ところが、自分のごく親しい人間がそういう場面でいわゆる「話しを創って」いることがあって、最初私はその度に横から「訂正」を入れていたんです。何度かそういうことがあって訂正を入れられた本人から「大勢に影響がないんだから話しを面白くしたり、はしょっても問題ない」と言われ、それもそうかもねと納得し以降は自分も時々意図的にそうするようになりました。
要するにこの一連の出来事で、私の中で3が2に変っていったのです。
こういうのって経験値あげないと難しいと思います。
あといわゆる大人になることで可能になる(広がる)精神的な許容範囲。
Commented by enzian at 2005-02-06 08:23
>こういうのって経験値あげないと難しいと思います。
そうですね。2になる3、2にならない3、状況によっては2になる3。こういうのを区別するのは、それなりに経験値が必要になるのでしょうね。自分と他人の精神的な許容範囲を知るのにも‥‥。

<< 哲学エッセイ 『平気でうそをつく人たち――虚... >>