べたつく視線

通勤電車。外国人の家族が乗り込んでくる。ベビーカーの赤ちゃんまでいる。こんな時期に旅行だろうか? 車両にいたほとんどの人は、乗り込んできた一行が日本人でないことに気づいている。みんな意識しているのだ。

家族の向かいに座っている二人連れのおばさんは、穴が開くほどジロジロ見つめている。物珍しそうに。となりの青年は、見てないふりをしながら、チラチラ視線をやっている。さりげなく。少し離れたところにいるぼくは、「外国人が珍しいのかよ」などと思いながら、頭のなかではターゲットとして照準を定めながらも、そちらに視線をやらないように気をつけている。

駅につき、家族が降りる。今がチャンスとばかりに、みなの視線はいっせいにその後姿にそそがれる。青年も見ている。ぼくも見る。みなの視線を背中に集めながら、家族は去ってゆく。

これから先、この家族はどこに行っても、こうした視線を投げかけられるのだろう。正面から、横から、後ろから。彼らにはいつも日本人の視線がベッタリはりついているのだ。旅行を楽しめるのだろうか?――そういうおせっかい、特別扱いが諸悪の根源なのだけど。

by enzian | 2005-02-07 20:44 | ※通勤途中 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/1952365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 座敷童 at 2005-02-07 23:09 x
その家族があまりにも日本人の文化を無視した行動を取っていたらべったり見つめてしまいます。外国人(特にアングロサクソン系)の人は日本人のイヤなところの二番目に「ジロジロ見られること」と言っておりました。
で、私はHNどおりの容姿をしておりますので、欧米文化圏に行くと小学生です。現地で深夜徘徊していると、結構酷いこと言われます。向こうは向こうで言葉が解らないとふんで言うんでしょうけど、悔しいのでその後大抵、英語で啖呵を切ってきます。フフ。旅行(旅も)って文化の違いを楽しむ物です。
Commented by ゆういちろう at 2005-02-08 01:47 x
やっぱり珍しいものに目がいきますよね。日本人が海外へ行ってもじろじろ見られると思いますよ。中国では一言中国語ではない言葉を話したとたんに電車で視線を浴びるのを感じました。私はそれよりもなによりも、中国で最高に発達した上海のこれまた中国で最高におしゃれな人々が集うところあたりの地下鉄の満員の車内で、黒豆イッパイの麻袋を担いだおじさんの方に目がいってしかたがなかったのですが、そういうのはあちらでは普通みたいです。
私は日本にいる外国人は穴があくほど見てしまいます。そもそも自然になんて振舞えないのだから。(ドイツ語圏の人を当てるのは得意です!)
Commented by miyut at 2005-02-08 16:25 x
私も海外に住んでいた頃はまわりの視線を感じたり。。でも、国によってだいぶ違いますよね。カナダはいろんな人種がいるせいかあまり感じませんでしたけど、Hong kongなんておなじアジア人なのにすごい視線かんじますしね~。
Commented by enzian at 2005-02-08 22:06
座敷童さんへ。
>外国人(特にアングロサクソン系)の人は日本人のイヤなところの二番目に「ジロジロ見られること」と言っておりました。
そらぁあんなジト目で見られ続けたらイヤになると思いますよ。ぼくだったら、イヤですね。
>深夜徘徊していると、結構酷いこと言われます。向こうは向こうで言葉が解らないとふんで言うんでしょうけど、
そういう外国人っていますね。でも、結構、いやな言葉ってこっちも知っていたりするんですよね。
Commented by enzian at 2005-02-08 22:11
ゆういちろうさんへ。珍しいものはやっぱり見たいですよね。でも、見ないようにしてあげるのもエチケットかと思います。日本人が外国に行っても、もちろん見られますね。ヨーロッパでも、アジアでも。ちなみに、インドに行った日本人女性の見られ方は半端じゃないですよ。もちろん、見ているのは若い男です。上海の話は、今の中国の発展の特徴を物語るものとしておもしろいエピソードだと思いました。都市部と農村部ではまったく違うんですよね。
Commented by enzian at 2005-02-08 22:15
miyutさんへ。カナダってなんかそういうのにドライな感じがするのですけど、香港ってどうしてそんなに視線があるんでしょうね。不思議ではあります。
Commented by 座敷童 at 2005-02-08 23:09 x
でも一週間ぐらい滞在して覚えた現地の言葉を喋ると、急に視線がなまあたたかくなるのは何故?
そしてその笑みは、優しさ?憐憫?‥‥‥失笑?!
Commented by enzian at 2005-02-08 23:12
こちらの気分の変化と、実際に見方も変わっているのでげしょうな。相乗効果で、なまあたたかくなるのでしょう。きっと、優しさということで。

<< 使用前、使用後 哲学エッセイ >>