郷愁

“いま” “ここ” の良さが、なかなかわからない。“いま” が “むかし” になって、“ここ” が “そこ” になったとき、その良さがわかることが多い。

“いま” “ここ” に感じる良さと、“むかし” “そこ” に感じる良さは、種類が違うのかもしれない。後者を、人は「郷愁」と呼ぶのだろう。あたりまえか。

by enzian | 2005-04-09 20:23 | ※その他 | Trackback | Comments(18)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/2471977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yachiem at 2005-04-09 20:32
〝むかし〟というと、10年以上前をイメージしてしまいます。
私にとっての10年以上の前のことは、あまり良い思い出もないので、
どちらかと言えば〝いま〟が一番に感じてしまいます。
Commented by shoko_118 at 2005-04-09 20:37
なんででしょうねぇ。
「いま」「ここ」のよさは、なくしてみないとわからないなんて。
「むかし」「そこ」になったとき、それはもう手に届かない場所だからこそ
想いが美化するのでしょうか?

「いま」「ここ」を享受できる人でありたいと望むのですが、
あたしには、それは少し難しい。
脳の癖なんでしょうかねぇ。
Commented by lotus at 2005-04-09 21:08 x
普通が幸せって、普通でなくなって気付く?
(ちょっとずれてきましたか?)
いま、今宵は桜を素直に楽しみましょ!
Commented by enzian at 2005-04-09 21:34
lotusさんへ。

>普通が幸せって、普通でなくなって気付く?

ずれてません。対比するものがあって、はじめてその意味を考えようとする、ってことですね。より成長した立場の“いま”からすれば、“むかし”は不完全に、ちょっと弱弱しく見えるのでしょう。で、その弱弱しさは、胸キュンの対象になるってところですかね。
今宵の桜はきれいですね。
Commented by harry_hk at 2005-04-09 22:18
それに加えて、生きている実感がないとつぶやく人が多い今の世の中って、なんだろなって思います。

ふ~、桜が咲く頃はウキウキするのに散る頃にはセンチになるんですよね。
センチメンタルジャニー下さい(つらいコメントだ・・・)
Commented by nyarinosuke at 2005-04-09 22:21
☆ enzian さん、おばんです。(山形弁”こんばんわ”の意)
 ~その良さがわかることが多い。~そうですね、そういうことワタシにも覚えがありま。ところで、enzianさんは郷愁ちっくな気分でいらっしゃいますか?桜の仕業かな?
『いま→ここ』
『むかし→そこ』
『みらい→・・・』どこになるのかな?時間や立ち位置によって思いも変化するのかな?時代の流れのスピードでも違うのかな?

PS 本日のenzianさんの問いは、イメージや考えが果てしなく広がりそうで楽しかったです。大自然でリフレッシュなさったのでしょうか?

  from ワタシは今週末はなかなかいい気分ですの人より
Commented by enzian at 2005-04-09 22:37
harry_hkさんへ。ぼくは名古屋コーチンも手羽先も食べられないのどす。残念。

さて、生きている実感のない人が多いって話ですけど、多いですよね。あるていどは誰にでもあるんですけど、自分がやっていることを他者の視点から見ているような、離人症に近いような人が毎年出てきて、困ってしまいます。年々多くなるような、うーん。

そんなにセンチじゃないので、ごしんぱいなく。次の記事がバカ記事になると予測したので、今日、バランスをとったのです(笑)。

Commented by enzian at 2005-04-09 22:53
nyarinosukeさんへ。ゲゲッむずかしいですね。しばらく考えこんで、答えが出ないので、お茶を入れてきました。ちょっと一服。

「みらい→そこ」になると思います。「そこ」というのは立ち位置とは離れた位置を言いますので、そうなると思います。“ここ” を立ち位置にして、過去と未来に “そこ” があるというかたちですね。

そこ←ここ→そこ

ぼくは、いつもゴキゲンですよ。悲しいこともありますけどね。


Commented by nyarinosuke at 2005-04-09 23:16
☆enzianさん、再びです。
 みらい→そこ・・・に現在を軸として感じるであろう良さは一言でいったらどんなふうになるんでしょうか?
・・・なんだか、いまがむかしになって、みらいがいまになって・・・果てしなくつづいていきそうできりがなぁ~い・・・
 
PS enzianさんの一服って緑茶ですか?

 from なぜ?なに?ちゃんより
Commented by enzian at 2005-04-09 23:42
なぜ?なに?ちゃん へ
ほうじ茶、飲んでます(夜、緑茶を飲むと寝られなくなるので)。

ぼくの答えが正しいのかどうか、あやしげですよ(笑)。
“みらい”とか“そこ”のよさは、希望とか期待でしょうか。
郷愁がいまから見たらなにがしか物足りないものであるのに対して、
希望や期待には、いまよりもプラスアルファがあるだろうというニュアンスを含みます。
図示すると、以下のようになるでしょうか。

むかし(過去)・そこ‥‥ちょっと物足りない、不完全、弱弱しい
               マイナスの良さ(=郷愁)

いま・ここ‥‥‥‥‥‥プラスもマイナスもない良さ

みらい・そこ‥‥‥‥‥より以上のもの、完全、強い
               プラスアルファの良さ(=希望、期待)

>なんだか、いまがむかしになって、みらいがいまになって・・・果てしなくつづいていきそ>うできりがなぁ~い・・・

その通りどす。ホントのことを言えば、過去は今にしかないし、未来も今にしかないのですから。今思い出して、今予測してるんですからね(“今”ってどこにあるのか、と聞かれると恐ろしいことになる)。
Commented by enzian at 2005-04-09 23:52
yachiemさんへ。“むかし”ではなく“以前”とか“前”とかでもよかったのですが、
“むかし”にしてしまいました。“いま”が一番、それが一番いいですよね。

誤字の訂正をしました。
Commented by enzian at 2005-04-09 23:53
shoko_118さんへ。
美化ですか。そうかもしれませんね。
いろいろな考えが浮かぶのですが、うまく整理できないので、
だまっておきます。

脱字の訂正をしました(涙)。
Commented by nyarinosuke at 2005-04-10 00:10
☆ enzianさんへ。
 あー丁寧に説明してくださって、ありがとうございまする。
~ぼくの答えが正しいのかどうか、あやしげですよ(笑)。~いやいや、世の中のほかの人がどうかんがえているのかはどーでもいいんですよ。enzianさん的解釈が知りたいだけなので。いま、ここでは。
~マイナスの良さ(=郷愁)~そうですね。何も世の中プラスばかりがすべてではないですものね。
・・・ということは、・・・enzianさんにとって、『良さがなかなかわからないと』考えておられるだろう”プラスもマイナスもない良さ(いま・ここ)”の意味の輪郭がぼんやりとうかんでくるような・・・うーむ。ドラマチック派ですか?って、飛躍のしすぎ?!

PS ほうじ茶の芳ばしい味わいっていいですよね。

 from あー、ご負担になったら申し訳ないので、このコメントへのレスはお気になさらないで下さい。と思ってる人より
  
  
Commented by enzian at 2005-04-10 08:32
nyarinosukeさんへ。それこそ、ぼくのレスに対して、あんまり気をつかわないでください。ぼくは好きで考えてるのです。今回も、かなり自分の頭の中が整理できて、ムフッなのです。ヤッター授業のネタが増えた♪

プラスとマイナスの(際立った)良さに慣れすぎると、麻痺してしまって、いま・ここの良さがわからなくなるのかもしれません。みらい・そこのプラスのよさは、“ワクワク”の良さと言ってもよいかな~と今、思いました。いい加減なことばっかり言ってますよね、失礼!
Commented by nyarinosuke at 2005-04-10 09:30
☆ enzianさん、再びどーも。
 あんまり人気のない”いま・ここ”ですが・・・すべて”いま・ここ”を舞台にして”むかし or みらい”に良さを見出すわけですから・・・”いま・ここ”って目立たないなりに非常に重要な役割をになっているのかなぁ~と感じました。”いま・ここ”なしには”むかし も みらい”もないんだなぁ~と・・・”いま・ここ”って無色透明な無味乾燥なつなぎの部分だから、普段は意識しにくい種類のものなのか・・・だからenzianさんが記事の冒頭でおっしゃったように『“いま” “ここ” の良さが、なかなかわからない。“』はとても確信にせまった考えなのかもしれないですね・・・
余談で・・・”いま・ここ”の実感を求めすぎると・または求めることにとりつかれ過ぎると、刹那的な生き方になっていくのかなぁ~でも、人はそれを求めづにはいられないのか?
  
  from なぜ?なに?ちゃんの朝一のあれやこれや・・・より
Commented by enzian at 2005-04-10 10:02
nyarinosukeさんへ。

>あんまり人気のない”いま・ここ”ですが・・・すべて”いま・ここ”を舞台にして”むかし or みらい”に良さを見出すわけですから・・・”いま・ここ”って目立たないなりに非常に重要な役割をになっているのかなぁ~と感じました。”いま・ここ”なしには”むかし も みらい”もないんだなぁ~と・・・”

最初、自分の考えていることがおぼろげでよくわからなかったので「断想の哲学」にしたのですが、はっきりしました。それが、ぼくの言いたかったことのようです。スゴイ。

>いま・ここ”って無色透明な無味乾燥なつなぎの部分だから、普段は意識しにくい種類のものなのか・・

このあたり、名言です!しびれました。

>余談で・・・”いま・ここ”の実感を求めすぎると・または求めることにとりつかれ過ぎると、刹那的な生き方になっていくのかなぁ~でも、人はそれを求めづにはいられないのか?

これも激しく納得。サンクス!考えすぎて、疲れたでしょ!?(笑)
Commented by lotus at 2005-05-05 23:46 x
どうしてもいいたいのです。。。
「新日本紀行」のテーマ曲、私もたまらなく好きなのです。
そう、郷愁そのもの。恋愛ぬきのせつなさがそこにあるのです。

確信したこと;enzianさんと私は同年代に間違いない!
         うすうす感じてはいましたが.....
強引なコメント、失礼しました。これで私はゆっくり眠れます。
Commented by enzian at 2005-05-06 00:08
lotusさん、おしい、タッチの差で、すでにコメント可になっております。

>恋愛ぬきのせつなさがそこにあるのです

激しく同意。そうなんです。ぜんぜん恋愛の関係のないせつなさなのです!
たまらなく好きです。いいですね、たまらなく、です。
「新日本紀行」が好きだということは同世代でしょう。なかよくやってゆきましょう^^

<< クリスチャンのやさしさ、が苦手 秘密基地 >>