心はどこにあるのか?

歴史上の哲学者はほとんど男性ですけど、哲学をするのに男女の差はありません。でも、特定の問いにかんして男女で答えに偏りが生じる場合がわずかながらあると思っています。そのわずかな問いのひとつが、「心はどこにあるのか?」です。なんの補足説明もせずに、突然、この問いに答えてもらうと、だいたい次のような回答がでてきます。

1.頭(脳)
2.心臓
3.体全体
4.どこにもない(問い自体がおかしい)

3は、頭(脳)にも心臓にも限られず、体全体ということです。4はちょっと生意気なやつで、心は “ここ” とか “そこ” とかいう位置を占めないものだから、この問い自体が間違っているという答えです。

男性の答えは圧倒的に1です。3と4もわずかながらいますが、2はまずいない。ところが女性の場合、3と4がわずかにいることは男性と同じなのですが、2が多く、1は2に及ばないのです。なぜそうなるのか、はわかりませんけどね。

by enzian | 2005-04-22 20:20 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(39)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/2570092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by february_kei at 2005-04-22 23:03
こんばんは。あっ、ぎゃー!! 許してっ!! お願い、許してくださ~い!!!
お願い~、「入室禁止」のお札を持ってこっちへこないでぇ~~~(・・フェードアウト)・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 (再び上手より登場):1~4の項番まで見たところでの自分の答え
 「頭。でも、心臓にも記憶細胞があると言われているので、心臓もあながち"
 心がない"とはいえないのが最近の研究成果である」 でした。長い答えだな。
Commented by mu.saihou at 2005-04-22 23:44
「俺の、俺の、俺の話を聞け~っ♪」

この「俺」と自分で言ってるときは
人差し指で、俺の胸を指差してます(笑)。

”心臓”て「心の臓器」ですよね。
でも頭かなぁ~

でも脳みそに映像とか言葉とかは書いてないしな~

はぁ~、、
Commented by enzian at 2005-04-22 23:56
えっと、「ID・URLの拒否設定」はっと‥‥いやいや失礼しました、february_keiさんでしたか。ちょっとブログの設定に没頭しておりまして。冗談はさておき、こんばんわ(こちらこそ、よっぽど長い前置き)。

>心臓にも記憶細胞があると言われているので‥‥

う~ん、う~ん、困るんですよね、それ‥‥どうしましょうか?記憶がやっぱり心になりますか。(むずかしすぎて逃走しました←コメントしてもらって、逃走するな!!)
Commented by enzian at 2005-04-23 00:03
mu.saihouさんへ。たしかに‥‥自分を指すときは胸を指しますね。自分が心ですか‥‥。心臓の「心」の字は「心臓」をかたどったものでしょうから、「『心』はどこにあるのか?」と言われれば、心臓になりますね~

>でも脳みそに映像とか言葉とかは書いてないしな~

書いてませんねぇ。困ったものです。
Commented by Kailani073 at 2005-04-23 00:11
眠る前に、blogで読書?と思ってこちらにやってきましたが。。。
なんだか眠れなくなりそうです。。。
私、ひねくれものなのでしょうか、1でも2でも3でも4でも、答えがしっくりこないのです。
1のような2のような3のような・・・どうしよう。。。。考えると眠れません。。
一緒に読書の世界に入ってきた私の伴侶は、(実は彼もこちらのファンなのですよ(笑))
「アタマダヨ アタマ キット アタマ二アルンダヨ」
といって、すたすたと犬と一緒に寝てしまいました。。。。
う~ん、う~ん・・・・そうだ目だ!!悲しいとき、うれしいとき、つかれているとき、
わかりやすい自分は、目が口より心よりもものを言います。
さ、すっきりしたので、寝ます。
Commented by harry_hk at 2005-04-23 00:24
めずらしくステキな話を・・・(笑)
心は手のひらにあると思います。
友達のキューバ人にそう教えられました。(その人は国立舞踊団のダンサーでした)
握手をしたり、肩をぽんとたたいて励ましたり、頭をなでたり、涙を拭いてあげたり、それから、一緒に踊る時も・・・
手のひらで心は伝わるのだそうです。

どうですか?
enzianさん、これでヨゴレキャラ脱せたと思いませんか?
う~ん、俺ってポエチ~って感じです(笑)
Commented by february_kei at 2005-04-23 01:07
enzianさんの場合は、俺ってポテチ~って感じ?
Commented by enzian at 2005-04-23 08:58
Kailani073さん、そしてご主人(この言い方はダメ?)さま。おはようございま~す。ご主人のは男性のスタンダードな答えなのだと思います。でも、ぼくが好きな答えは、ダンゼン、Kailani073さんの方の答えですねぇ。いままで何千人かの答えを見てきましたが、ストレートに「目」と答えた人は、ほとんどおりません。とてもイイ!です。発想が好きなのです。◎
Commented by enzian at 2005-04-23 09:09
february_keiさんへ。
札もってそっちのブログまで行きまっせー(竹内力 風に)、ポテチン。
Commented by nyarinosuke at 2005-04-23 09:14
☆ enzianさん、おはようございます。
 哲学者はほとんど男性・・・そちらの業界の傾向はそうなんですね~しりませんでした。ということはだんしがくせいさんがおおいんでしょうか。

心・・・それ自体は、無味・透明でわかりにくいけど。何かとセットになることで、存在らしきものが・どこにあるのか見えてくるような気がします。例えば何かの感情とか、行動とか、意思とか・・・摩訶不思議な奴かもしれません。なかなか正体をあかさない奴のような。だから、科学でもイロイロみんながとりついたようにやっきになって解明しようと夢中になるのかなぁ。
・・・どこにあるのか、わかりません。

PS  enzianさんはどんなふうにお考えですか。

                                From きのうはぐっすり眠った人
Commented by enzian at 2005-04-23 09:20
harry_hkさんへ。

>めずらしくステキな話を・・・(笑)

(>_<) 金八先生みたいになって、ステキな話ばっかりしましょうか?(ケケ)

「手」‥‥まいりました!!この答えは初めてです。φ(._.)メモメモ。
harry_hkさんって汚れキャラじゃなかったんだ!いい話でした。
Commented by enzian at 2005-04-23 09:34
nyarinosukeさん、おはようございます。
哲学に限らず、古典的な学問の(なおかつ、歴史上の)学者はほとんどが男性だと思います。学問が女性に開かれていなかった‥‥という経緯がありますから。でも、そのなかでも、特に哲学にはその傾向が強いと思います。実学からは遠い位置にあったからなのかもしれません。女性は家庭の仕事をするもんだ、っていうのが長くありましたでしょ?

学生の割合は男女、6対4ぐらいだと思います。どちらが優秀とかいう差は、まったくありません。nyarinosukeさんの後半の考え方は興味深いので、もう少し書きたいことがあるのですが。今はここでストップしておきます。これから春(「毒」ではない!)キノコ狩りに行くのだワン。裏山まで、行ってきま~す。
Commented by enzian at 2005-04-23 13:50
nyarinosukeさんへ、ただ今、キノコ狩りから帰ってまいりました。大量です。パチパチ写真を撮っていたら、道行くおじさんに変な顔をされました。

さて、心の話の続きですけど、nyarinosukeさんのおっしゃるように、心はそれ自体ではつかめないものですから、「何かとセット」になっているものなのですね。なるほど、その通りですぇ。そのセットを見て、ぼくらは心を推測しているのでしょうね。フムフム。

それで、nyarinosukeさんのコメントでもうひとつおもしろいなぁと思ったのは、心が「感情」や「意思」とセットになると考えておられる点です。ということは、nyarinosukeさんは、心と感情、心と意思が別のものと考えていることになります。感情や意思よりも根っ子の方にあって、感情や意思にひっついてコントロールしているもの、と感じておられるのでしょうか。感情や意思を心のバラエティ(心の一部であり、変化したかたち)と考えないところ、そこがとてもおもしろいのです。
Commented by 蔵之助 at 2005-04-23 13:54 x
enzianさん、いってらっさ~い!ころばないでくらさいね
こんにちは。久し振りにお邪魔します

即座に1.と思いました。唯脳論を思い浮かべました。ヒトの一投手一投足(行動)は、脳の働きによるでは説得力に欠けますか?
心臓は只の臓器でしょと思いましたが、三木成夫さんが「いのちについて」記述している書物があり(心臓移植についての記述でしたが)、そこでこころとの繫がりも書いていましたので、それを読んで心は心臓にあるのかも知れないと感じさせられました。無知で無学な私にはよく判りませんので、私の意見は無視してくらさい。。。
Commented by 蔵之助 at 2005-04-23 13:57 x
残念!お帰りでしたか
お見送りの言葉をと思ったのですが、前後してしまった。残念!
Commented by enzian at 2005-04-23 14:23
蔵之助さんへ。裏山なので、すぐに帰ってくるのです^^

>ヒトの一投手一投足(行動)は、脳の働きによる

ぼくもそう思いたいくちなのですが‥‥。脳の働きは脳の神経細胞に微弱な電流が流れることによって起こりますね。そこで問題は、神経細胞を分析しても、電流を分析しても、どこにも心らしきものは出てこないということなんです。あくまで、たんぱく質だったり、電流であったりするだけ‥‥そこが困ってしまうところなんです。

心臓と心のつながりも、やはりむずかしいのです。心臓の一部に脳の神経細胞、もう少し詳しく言えば、記憶をつかさどる部分に似た部分が見つけられていることは知っていますが、やはり、それを分析しても、たんぱく質やら電流やらしか出てこないのです。

三木成夫の『いのちについて』という本があるのですか?三木成夫には興味をもっているのですが。
Commented by february_kei at 2005-04-23 16:10
・・おひるよーございます・・(昼寝から覚めた寝ぼけ眼で・・)

で、"男女で答えに偏りが生じる"の方のテーマについてはいかがなもんでしょう・・

・・・んん? 一党首一盗賊??(それは何党の政治家だっちゅーんじゃ)・・・
 あ、一投手一投足か。・・・一挙手一投足だよんんん??・・・・
Commented by enzian at 2005-04-23 16:31
おひるよーございます。
february_keiさんって実は和田勉じゃないですよね。

さて、
>で、"男女で答えに偏りが生じる"の方のテーマについてはいかがなもんでしょう・・

:-P べぇーだ。答えないですよ~、そんなことぼくが書いたら、説教臭くなってしまいますも~ん(ただでさえ説教臭い、押し付けがましいブログだと思っているのに)。近い考えの人がいたら、「ソーダ!ソノトオリダ!!」って言いますけど。(-_-)
Commented by february_kei at 2005-04-23 17:06
(・・・まだボケボケ頭)  わかった! ○△党だ、ワタシの納めた税金を~ ・・・ボカっ!(頭をなぐられる音)・・・ショックで再び眠る・・・
Commented by enzian at 2005-04-23 17:21
ハイハイ、わかりまったけ。善処します。
Commented at 2005-04-23 18:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 蔵之助 at 2005-04-23 20:07 x
>これがアミガサタケだ!
 ふ~ん・・・(^^)

三木成夫さんの書籍は『海・呼吸・古代形象』です。かなり前のものですので、きっと御存知だと思います

>一投手一投足
 ははっ ボリボリ(--;

あの・・心ですが、人格・自我の一部だと思いました。。。(もしかしたら当り前?だとしたら何処にあるかですが、、、やはり脳だろうと私は思うです)

『海・呼吸・古代形象』の帯に
>内臓のうごきとむすびついたあるひとつの表出だ。・・・
 と吉本隆明さんの解説を載せているのですが、無学な私には・・・難解です
Commented by february_kei at 2005-04-23 20:45
(復活 :実は、寝ボケて勝手に自分で頭をぶつけただけだったヒト・・)

蔵之助さんの、"人格・自我の一部"とするご意見に大筋で同意です。

自分では、脳じゃないか、という風に思う気持ちは強いのですが、こういってしまうと、脳死はヒトの死か、という論争に似たものがあるような気がしてきます。「脳死はヒトの死ではない」としたい自分の思いからは、一個の人間そのものが、その人の心、という回答にしたいと考えるように(今日の1日で)なりました。

・・・よそさまのブログで悪ハシャギする悪癖を治すため、しばらく(連休明けくらいまで)インドの山奥で座禅を組んで参ります。そしてレインボーマンになって帰ってきます。
でも、自分のブログは更新します。インドの山奥にもTE○COひ○りは開通しているのです(ウソ)

   というわけで、enzianさん、お世話になりましてありがとうございます。
   みんな、寂しいだろうが、(しばらく)オレを探さないでくれ・・・
                                           (下手へ退場)
Commented by enzian at 2005-04-23 20:49
february_keiさんへ。よ~するに、遊びに行くんでしょ。バイバ~イ(^^)
Commented by enzian at 2005-04-23 20:57
蔵之助さんへ。

>三木成夫さんの書籍は『海・呼吸・古代形象』です

それはもってませんでした。ありがとうございます。
吉本隆明の言うことはぼくにもよくわかりません。
蔵之助さんが悪いのではなく、吉本隆明の言葉づかいが曖昧なだけです。

>あの・・心ですが、人格・自我の一部だと思いました。。。(もしかしたら当り前?だとしたら何処にあるかですが、、、やはり脳だろうと私は思うです)

そうですね。よく使われる言葉づかいをすれば、心の一部として人格・自我がある、ということになると思います。脳にあるというのは、ぼくもそうだろうと思っています。
Commented by manchester at 2005-04-24 14:53 x
 男女の差で思い浮かぶことといえば、男性→理性的・女性→感覚的(あくまでも傾向として)ということです。男性は理性を重んじるので脳に重きを置き、女性はもっと身体で考えようとするのかな、と根拠なく考える私は女です(汗)。
 でも、私の場合、心→考える働きと思っているフシがあるので、私の回答は「脳」ですね。
 オチのない面白くない回答ですみませんm(_ _)m
Commented by enzian at 2005-04-24 16:52
manchesterさんへ。

>男性→理性的・女性→感覚的(あくまでも傾向として)ということです。男性は理性を重んじるので脳に重きを置き、女性はもっと身体で考えようとするのかな

古典的で、根強い区別ですね。ぼくはその考えにイエスともノーとも言わないですよ^^
Commented by shoko_118 at 2005-04-24 17:28
英語だとmindとheartってあるでしょ?

たとえばクリスマスの頃に耳タコで流れる曲に
♪Last X'mas I gave you my heart~♪ってあるじゃないですか。
アレってやっぱり「胸」のあたりを押さえながら唄うわけです。(笑)
(あたしは唄いまへんが)

脳天押さえながらだと
I gave you my mind~になるんでしょうかしらん?

あなたに想いのすべてを捧げたのに・・・って
脳天をわしずかみにするよりは
胸をわしずかみ(わしずかまなくていい?)にした方が
なんとなく、伝わりません?

というわけで、
やはり「胸」のあたりにありそうな気がします。
心臓じゃなく。
つまり胸の右でも左でもなく「胸」の真ん中あたり?
これって感覚的なものですけどね。


Commented by enzian at 2005-04-24 18:07
心を英語で言えばmindと考えれば、頭になって、heartと考えれば胸(というか胸の真ん中あたり)になるけど、どっちかというと、shoko_118さんは、心をheartと考えるわけですね。そうですね、まず、心をどのような意味として考えるのかが重要ですね。そこをまず分けたのがいいですね。◎

次に、いいなぁと思ったのは、胸の右でも左でもなく真ん中と言っているところ◎。たしかに、何人か、心臓の位置でなく、真ん中だと言った人がいました。心は漢語として「しん」と読みますすけど、これは中心の意味です。心臓は人間の体の中心にあるから心臓なんですね。鉛筆の「芯」とかも中心にありますね(心という漢字の形象としては心臓の形です)。「こころ」という大和言葉は「凝る」からきていて、凝集することを意味する(ニコゴリとか)ので、血液の集まる心臓になります。
Commented by enzian at 2005-04-24 18:10
英語としてはmindは心の作用を広く示す中性的な表現(?)ですけど、heartは心臓ですね。心臓がドキドキするタイプのmindの働き、もしくは、ドキドキすることによって生じる体の変化とかかわるタイプのmindの働きで、感情(feeling)に近いものですね。これはbrainのfunctionだとは思いにくいものです。willでもないし、spiritでもないでしょう(spiritってむずかしいですね)。心をheartと考える限り、やはり胸の辺りになりますね。

授業みたいにして、ゴメンナサイ‥‥でも、なぜ心=mindでなく、heartなんですか?
Commented by shoko_118 at 2005-04-24 18:56
mindは脳に属すると思われ、理性を伴うからです。
理性によって感情をコントロールするのが脳という臓器の役割の側面にあり
「心」というのは、もう少し抑制不能なイメージがあるのではないかと考えます。

ホラ、今、考えているあたしは、脳を使っていて
心は使っていないのですよ。

で、非常に下世話は例ですが
だれかを恋しいなぁ~とか思うときには
脳は使っていない気がします。
(もっと使え!と怒られそうですけど・・・)

「心ここにあらず」とか「心が乱れる」とか
emotionalな激しい、コントロール不能なものは
脳では完全に管轄しきれない、おてあげな感情な気がします。
(気がするだけですからね)(笑)

なので、心はイコールmindではないような結論に達しました。
以上です~。


Commented by shoko_118 at 2005-04-24 19:03
P.S.

ですから、心は胸の真ん中あたり、谷間付近にあると思います。
あ、enzianさんには谷間なかったですねーーーうふふ。
Commented by enzian at 2005-04-24 19:29
ふふっ^^ わかりまったけ。ありがとうです。
Commented by enzian at 2005-04-24 19:47
shoko_118さんの考え方を聞いて、思ったこと。ひとりごとです。
心って大切なものだって誰でも思ってるから(体も大切だ、という突っ込みは禁止)、
周りから傷つけられないように大切に守られて、真ん中にあるんですよね。きっと。
Commented by shoko_118 at 2005-04-24 20:01
enzianさんって、いぢわるだけど、
時々、とっても優しいのだ。(笑)

これも、ひとりごとでーす♪
Commented at 2005-04-24 22:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-04-24 22:07
鍵さま すごい!
Commented at 2005-04-24 22:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-04-24 22:58
鍵コメさま。

永井均という人のある本です。でも、ぜったい読まないようにしてください。頭がこんがらがりますので。

鍵さまに能力があるからですよ。哲学は対話のなかにあります。

<< もぎ取って食べること テレビ場面の小窓に映るタレント... >>