戒壇堂の廣目天

施無畏印(せむいいん:怖くないですよ)と与願印(よがんいん:願いをかなえる)の印相(手で示すジェスチャー)をあわせもっている仏像をみると、やっぱりそうですよね、と思う。相手を安心させることもなく、話を聞きましょう、力になってあげましょうなんて迫っていったって、怖いひとにしかならない。とにかく相手に警戒心をといてもらうことからしかなにもはじまらないことはわかっているのだけど、もうきっとどうにもならないとあきらめている。

昔からいちばん好きな仏像は圧倒的に東大寺戒壇堂の廣目天(こうもくてん)。こういうことをいうと叱られるかもしれないが、廣目天は小学校のころから自分に似ていると思っていて、いまでも他人だと思えない。たしかにいまの自分も、出席簿をにぎりしめて学生をにらみつけてはいるのだが‥‥

by enzian | 2017-05-04 17:02

<< 「神さま、恵比寿さま」 新学期はじまる >>