遠ざける言葉

「なにか手伝えることがあったら言ってください」と言われると、やさしい言葉だとわかっていても複雑な気持ちになる。手伝うことがあるかどうかは、その気があるならなんとかして自分で探すはずで、手伝うべきことと手伝う必要のないことを相手に判断させ、それを相手から表現させようとすることだと考えてしまうからだ。相手に責任を負わせるというかたちで自分の責任を果たしたとすることに少しぐらい抵抗を感じないのだろうかと思ってしまうものだから、けっきょく自分では使わない言葉になってしまう。

「また誘ってください」というのも複雑な気持ちになる言葉。言われ続けると、幸せは天から降ってきませんよ的な気持ちになってしまって、けっきょく「もう誘わないでください」と言われるのと同じ結果になる。

by enzian | 2017-05-20 17:35

<< おちおち絶望もできないなら 「神さま、恵比寿さま」 >>