レモンを植える。

b0037269_22064251.jpg
レモンを植えました。前にも書いたことがあるのですが、レモンを植えると必ずアゲハがやってきて卵を産みつけますから、モスラを駆除するのがイヤで、植えられないと思っていたのです。せっかく植えたレモンを食べられてしまうのはしゃくだし、かといってモスラを駆除するのはもっとイヤですから。で、どうして植えたかというと、モスラがやってきたらやってきたで、モスラにレモンをあげてもいいのではないか、そのときは「レモン栽培日記」ではなく、「モスラ飼育日記」に脳内を切り替えればいいのではないかと、あるとき、はっと気づいたのです。前回の記事を書いたのが2006年ですから、こんな簡単なことに気づくまでに11年もかかったのです。われながらバカだと思います。

それで植えたら、親アゲハとは立派なもので2日後にはやってきて、卵を10粒ほど産んでいきました。小さなレモンの苗で、食欲旺盛なモスラが成長するには一匹分でもぎりぎりぐらいの葉っぱの分量しかありませんから、10匹全部が孵化したらどうしよう、別のレモンの苗を買ってこようかなどとはらはらして見ていたのですが、けっきょく2匹しか孵化せず、その2匹もいつのまにかいなくなりました。これでめでたくレモンが食べられそうなのですが、なにやら満たされないものがあるのです。

by enzian | 2017-07-16 22:31

心を預ける場所 >>