「わかりません」

いろんなものが削ぎ落ちてゆく――そんな気分が、かれこれ一年以上続いているような。ベースは「次から次へとろくなことがない」という印象で、仔細に見れば、大盛りご飯の上にちょぼっとかかったゴマ塩のゴマ的な感じでいいことがある。ゴマ二、三粒。この割合が逆転してくれないものか。

突然、右目がよく見えなくなった。今度はそう来たか。

片目しか見えなかったおばあちゃんは、「目は大事にせないかん」と言っていた。決して大事にしていなかったわけでもないのだけど、そうなってしまった。「○○は?」「わかりません」「○○は?」「わかりません」「じゃ、○○は?」「わかりません」「○○は?」「わかりません」「○○は?」「わかりません」‥‥‥。「わかりません」と言うのがつらいことだというのをわかっていなかった。せめてこのことぐらい学んで、活かせれば。

追記:
おかしいおかしいと思っていたら、網膜剥離でした。現在、治療中です。もともと両眼の視力が低く、片目だけで書くのはかなりしんどいので、ブログの更新はしばらく(?)休みます。

by enzian | 2017-07-23 11:26 | Comments(3)

Commented at 2017-07-31 07:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nonkonogoro at 2017-07-31 21:00
お大事になさってください。|*δ_δ|ノ
Commented by enzian at 2017-08-19 16:47
nonさん

いまは症状が落ち着いています。
いつもありがとうございます。

<< なにも変わらない。 レモンを植える。 >>