「真理は二人からはじまる」

b0037269_18115818.jpg
「先生って徒党を組まないですね」と言われたことがある。そう言われてどう答えたかは覚えていない。徒党というのは自分の目的をかなえるための頭数なんだろう。実際、そういうのは知らず知らずにやってしまっているだろうけど、意識してやりたいとは思わない。お世話になった先生が言っておられた。学者が徒党を組むなどというのは決してしてはいけないこと。だけど、孤立するのもいけない。「真理は二人からはじまる」。孤立するのではなく一種の人間愛(この辺の表現はやや専門的)にもとづいた交流が必要である、と。そのとおりだと思うし、先生は言うだけでなく実際にそうしておられた。実際にそうしておられたから、ぼくもそうしたいと思って教師になった。初心はそうだったんだ。

by enzian | 2017-10-09 18:12

<< 大地の神話 スピーチの後悔 >>