悲しいということ

言葉遊びです。

【悲しいということ】
あるべき(理想の)状態と、現在(現実)の状態とのあいだに距離があって、その距離がつめられそうにないこと。

by enzian | 2005-05-27 22:51 | ※その他 | Trackback | Comments(22)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/2819504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2005-05-27 23:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-05-27 23:10
鍵さま、こんばんわ。

この言葉遊び、訂正を加えながら、何回かやってみようと思います。
自分の勉強のためです

>熱いものを水に”ジュッ”と

ステキな表現ですね。

バトルロワイヤル‥‥まさに雛のバトルはそういう感じでしたよ。ぷちっ^^
Commented at 2005-05-27 23:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-05-27 23:53
鍵さま、こんばんは。
いま、鍵さまのところに行ってました。
激しく納得しておったところであります!

いえいえ、迷惑なんて。
こちらこそ、いつもありがとうございます。
Commented by palganaglap at 2005-05-28 00:09
初めまして、palganaglap と申します。漢字名を紅々(こうこう)と言います。
悲しいということ・・・私のことを言い当てられているような気がして、不意に泣きたくなりました。
悲しみは涙を伴うときと伴わないときがあります。
涙が出るのはどういうときなのでしょうか・・・
なぜ涙は制御不可能なのでしょうか・・・

興味深いブログですのでリンク貼らせてください。
またお邪魔いたします。
Commented by gauche3 at 2005-05-28 00:50
誰かと脳が決めること・・・かなぁ。
これも言葉遊びです(笑)
ちょっと酔っ払ってます(^^ゞ
Commented by harry_hk at 2005-05-28 00:51
すいません。くすっと笑ってしまいました。
言いえて妙というか、とってもおしゃれな書き方で、これ採用ですね。
でも、悲しみを感じるのはその距離が動くというか、離れてゆく動きを感じた時なんだと思います。というか実感です(笑)
離れている状況は理解して、納得しているはずだったのに。
そういう意味で、
>その距離がつめられそうにない
ということが悲劇というか喜劇というか・・・。

上手すぎて、コメントのしようがないです(笑)
Commented by straight-tree at 2005-05-28 05:36
言葉遊びはワタシの日常でもあります。

ゆっくりと静かににこっと笑うことは、
そっと泣くことに似ているなあと思います。
静かに悲しんだり、ふいに寂しくなったりするときの気分は、
なんだかぼんやりと嬉しくなる気分と何ら差はないように感じます。

「悲しいということ」だけじゃなく、
おそらくほとんどのことに当てはまりますよね。
ニンゲンは頭でイメージしたことに、
どこまで行動が追いつけるかどうか、
夢を叶えて喜ぶ、イメージ通りにいかず悲観する、
それらが複雑に絡み合って毎日が連続してます。

さしづめワタシの日常はどんどん複雑化して、
これを乗り切れば頭にカラダが追いつきそう。

「破草鞋」という言葉を噛みしめる朝。
知識を一度どんどん捨てたいんです。
Commented by enzian at 2005-05-28 09:30
gauche3さん。

>誰かと脳が決めること・・・かなぁ。

意味深すぎます!ついてけません(^^)
Commented by enzian at 2005-05-28 09:33
>でも、悲しみを感じるのはその距離が動くというか、離れてゆく動きを感じた時なんだと思います。というか実感です(笑)

さすがharry_hkさん、ぼくが書ききれてないところを補ってくれてます。
その微妙さ、表現してみたいです。
Commented by enzian at 2005-05-28 09:52
straight-treeさん、ぼくは “善智識” ではありませんので、
そんなむずかしいことを言われても困ります^^

>ゆっくりと静かににこっと笑うことは、
そっと泣くことに似ているなあと思います。
静かに悲しんだり、ふいに寂しくなったりするときの気分は、
なんだかぼんやりと嬉しくなる気分と何ら差はないように感じます。

すごくよく考えたうえで漏れてきたようなコメントなので、
タジタジとしてしまいました。

感情というのは、いったん昇華されてしまうとその勢いを弱めて、
激情というものではなくなりますよね。
(そうでないようなもの、逆のようなものもありますが。)
悲しさであれ、嬉しさであれ、そもそもベクトルが違うわけですが、
昇華され、その勢いを殺がれてしまうと、
意外にもなかよしさんになってしまうのかもしれませんね。
ぼくには無理だけど‥‥
Commented by enzian at 2005-05-28 10:03
(つづき)
>ニンゲンは頭でイメージしたことに、
どこまで行動が追いつけるかどうか、
夢を叶えて喜ぶ、イメージ通りにいかず悲観する、
それらが複雑に絡み合って毎日が連続してます。

そうですね。まったくその通りだと思います。
人間の生きることには欲求が強くかかわっていると思います。
足りないところを埋め合わせようとする本能が欲求ですね。
欲求には悲しさが貼り付いているのかもしれません。

悲しさを喜び(理想と現実の一致)に変えようとする。
その成功失敗、一喜一憂の毎日、それが生きていることでしょうか。

>「破草鞋」という言葉を噛みしめる朝。
知識を一度どんどん捨てたいんです。

余計なことを捨てて、
ひたすら島の生活のなかで草鞋を破ろうとされているわけですね。
いいですね。

>言葉遊びはワタシの日常でもあります。

言葉遊びはワタシの仕事でもあります^^
Commented by enzian at 2005-05-28 10:17
palganaglapさん、はじめまして。
リンクしていただきまして、ありがとうございます。

>悲しみは涙を伴うときと伴わないときがあります。
涙が出るのはどういうときなのでしょうか・・・

わかりません^^
それほどには悲しくないときとか、
あまりに悲しすぎる場合には涙が出ない場合もあるのではないでしょうか。
自信はないけど。
だから、中くらいの悲しさのときに涙が出るのかな‥‥

>なぜ涙は制御不可能なのでしょうか・・・
感情が制御不能なときに涙は出るんじゃありませんか?
(“ウソ泣き”は、感情が制御不能な場面を想像しています。)
上と矛盾するかな‥‥

よろしくお願いします。
Commented at 2005-05-28 10:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-05-28 11:22
鍵コメさま。
生々しいですね。すごくリアルです。その表現。
「かさぶた」「刺青」‥‥なぜか恐怖です。ナゼカシラ。
Commented at 2005-05-28 12:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-05-28 15:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-05-28 16:25
鍵コメ1さま。

いったんそちらに書いたのですが、消しました。

>青とか悲しいとかについて。

当たっていると思います。深いところでつながっていると思います。

それ以外のコメントについても、読ませていただきました。
いろいろ感じることもあります。
Commented by enzian at 2005-05-28 16:27
鍵コメ2さま。

こんにちは。鍵さまの文章ですので、ぼくがとやかく言う筋合いにはないかと思います。
むしろ、ごていねいにお知らせいただき、ありがとうございます^^
Commented by anitya_ocean at 2005-05-29 14:00
そう言えば、言葉遊びは、よく、やりました。

先生の提示した記事に、関連しないかもしれませんが、何年も前、友人4人で、『寂しい』の反対は、何だろ?と、話し込んだ事がありました。

辞書をひいて、出て来る言葉には、私達は得心せず、幾つもの言葉を羅列してみましたが、いや、違うなあ・・と。

で、結局、『寂しい』という言葉は、只、ひたすら、『寂しい』でしか、ないのかねえ、と、寂しくなった思い出があります。

私達は、今はもう、ばらばらで、それぞれの道で生きていますが、あの懐かしかった頃を思い出し、笑みが発生し、やはり、筋として、寂しさを、感じてしまいました。

ある意味、孤高であり、甘美でもあるけれど、『寂しい』のは、糧に必ず成りうる可能性を潜めている事も、当時の私達は、笑って解散しましたが、今、召集をかけたら、どんな意見が、彼等の口から発せられるのだろうと、しみじみします。

あれ、なんか、ひとりごとみたいに、なっちゃったな(笑
脳が、回想モード。

『悲しい』に触れていなくて、すみません。
Commented by enzian at 2005-05-29 15:36
anitya_oceanさん、寂しいと悲しいは関係していると思います。

悲しいということに加えて寂しいということを説明しようとしたのですが、
できなかった、というのが本当のところです。

そもそも何が寂しいことで、悲しいとの違いはどういうことか、
うまく説明できなかったのです。

寂しいの反対語を探すには寂しいの意味がわからなくてはならないのですが、
うまく説明できません。

「あって欲しい物や人や状況と、現在(現実)の物や人や状況とのあいだに距離があって、つめられそうにないこと」であると仮にすると、

「あるべき(理想の)状態と、現在(現実)の状態とのあいだに距離があって、その距離がつめられそうにないこと」

という「悲しい」とあまり変わりませんね。
Commented by enzian at 2005-05-29 15:38
(続きです)

「寂しい」と「悲しい」は重なり合う部分が多いのだけども、「悲しい」の方にはしばしば「○○であるべき」(規範意識)にアクセントがあって、「寂しい」の方には「○○であって欲しい」(欲求)にアクセントがあるのかなぁと思っていますが、
真相は???です。

寂しいの反対語は欠けた部分のない満足感の一種なのでしょうが、
ないですね。

ちなみに、心理学では、寂しさ(loneliness)と孤独(solitude)を区別して、
後者は人間が成長するために必要な積極的なものだと言います。
そうかなとも思いますし、??とも思います。

長い割にはちゃんとしたレスになってませんね(涙)。

<< 殺風景の意味 ほっちょんかけたか >>