『化外の花』(けがいのはな)(太田順一)

b0037269_17491047.jpg久しぶりに本を紹介します。以前の記事で少し触れたことがありますが、太田順一『化外の花』(けがいのはな)、写真集です。いつも一般受けする本は紹介しないのですが、この写真集は相当に変わっていて、極めつけです。なんせ、「化外」(法的な権力の及ばない地域)というくらいですから、“アウトロー” だと自己主張しているような “花の写真集” なのです。ただし、甘ったれた軟弱なアウトローではありません。骨太のアウトローなのです。

誰も買わないだろう写真集(失礼!)ですが、ぼくがたまらなく惹かれるのは、この写真集がぼくの偏見を完膚なきまでに打ちのめしたからです。ぼくにとっては、殺風景とは、人に見捨てられた、それゆえに可能性のない場所であり、生命感のない場所です。写真集の主たる舞台は大阪湾岸埋立地の重工業地帯(かつて小野十三郎が「葦の原」と呼んだ地域です)の一角。まさにぼくが殺風景を感じる場所。太田は、そのような人間に見捨てられた場所でたんたんと咲き続ける花を撮り、花を通じて、殺風景であることと生命がないことには関係がなく、人間の統制があるかどうかと花が咲くことには関係がないこと、いやそればかりか、ときに歪んだ統制は生命にとって重荷になる場合があることを知らせるのです。

太田にはハンセン病療養所を撮った写真集があります。かつてハンセン病療養所の人々が置かれた立場と、重工業地帯の一角に咲く花、そこに「化外」という共通性を見ているのです。太田は言います。「自分もまた〈化外の民〉でありたいと願っています。」

by enzian | 2005-05-29 18:04 | ※好きな本 | Trackback | Comments(58)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/2830360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by straight-tree at 2005-05-29 20:01
ワタシが過疎化の進み、行政的にも遮断された小さな粟島を選んだのは、
まさにenzianさんによる太田さんの解説にとても似た感覚です。
なんとも身勝手な言い方なのですが、嬉しい文章でした。

それにしても、
多数のコメントに一つ一つ丁寧な返事を返されているenzianさんを
とても尊敬いたします。
ワタシももっとしっかりしないと。
Commented at 2005-05-29 20:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by harry_hk at 2005-05-29 20:08
大変失礼な感想なんですが・・・
今回の写真集の紹介とその紹介は、かっこよくて骨太で、それでいて納得もいくという、個人的にはenzianさんらしからぬ(?)感じがして、感動と驚きと爆笑につつまれました。
ちょっと、キザなんですよ。(う~ん、背筋がぞぞぞっと)
もう、永六輔みたいです(笑)

いや~、今回のはパンチが重くていいですね。
あれ~、ほんとenzianさんの文章なんだろうか?
ゴーストライターとか、助手とかでなくて?

*1周年の祝った後に、このコメントはないだろうとは分かっていながら。
Commented by shoko_118 at 2005-05-29 20:24
そーかなぁ>ハリーさん。

あたしはコレぞ、まさにenzian節だなーと思いましたヨ。
しかし、久々の本ネタですね♪

さっそく食いつかせていただきましょう~。(笑)
Commented by harry_hk at 2005-05-29 20:32
そうなんだ>しょーこさん。

そうなんだー。しらなんだー。
けけけけけ・・・
Commented by enzian at 2005-05-29 21:16
straight-treeさんへ。

そういうことでしたか‥‥
ぼくは田舎に生まれの田舎育ちの生粋の田舎者なのですが、
うかうかしていると似非都会者のようになってしまいます。

野の草花のことを知っているはずなのに、
ちょっと気を抜くと、花っていうのが植木鉢と水やりと施肥なしには育たない
かのように考えてしまいます。
似非ナチュナリスト的な発言はしたくないのですが、
人間であることに思い上がってしまうんですよね。

straight-treeさん言っておられましたよね、
野性に近いかたちで育った野菜ほどうまい、って。

straight-treeさんに喜んでもらえれば、
こちらとしても望外の幸せです。

コメント返しは趣味です、趣味^^
Commented by enzian at 2005-05-29 21:21
鍵コメさま、こんばんわ。

そうですね。誰にも媚びていません。
媚びずとも美しく咲いているんですね。
観賞用以下の部分、まったくその通りだと思います。

この本を読め!?は、もう少し増やしたいと思っています。
絵本なんかも紹介してみたいのです。

ありがとうございます(^^)
Commented by enzian at 2005-05-29 21:26
harry_hkさんへ。

>大変失礼な感想なんですが・・・

大変失礼です(^^)
さすがharry_hkさん、教育者だと思いますね。
いつも雨と鞭を使い分けておられる。
というか、男の照れ隠しなんでしょうけどね^^
(キモ!とか誰も突っ込まないように!)

キザですか?う~ん、そうかもしれん。
キザに書こうと思ったら、いくらでもかけますよ。
現代フランス思想バージョンで一回記事書きましょうか?

永六輔はやや許せん!
セキ コエ ノロニ アサラアメ!!
(よっぽど意味不明)
Commented by enzian at 2005-05-29 21:31
shoko_118さんへ。

久々の本ネタです。

>あたしはコレぞ、まさにenzian節だなーと思いましたヨ。

この文章はぼくが持っている文章のテンポに近いものだと思います。
たぶん、普段こういう思考回路でものを考えているんでしょうね。

Commented at 2005-05-29 22:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-05-29 22:16
harry_hkさんへのレスで、飴と雨を間違えてた(T_T)
Commented by harry_hk at 2005-05-29 22:36
言おうかどうか迷っていたのですが、そっとしてしまってごめんなさい。
わざとかなとも思ったので(笑)

ところで、なんとなく自分のブログのことですが、これも面白い本なので、よろしければハリー文庫にでも。

>セキ コエ ノロニ アサラアメ!!
コメント不能。。。
Commented by enzian at 2005-05-29 22:46
漢字検定受けます!! (T_T)
いつものように、速攻アマゾンに走りました。
Commented at 2005-05-30 00:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gauche3 at 2005-05-30 10:53
うむむ・・確かにかなりアウトローな写真集ですね。
題がすごい・・
enzianさんのこの書評、オビに付けたら売上伸びますよ。
見事ですm(__)m
Commented by harry_hk at 2005-05-30 14:01
>現代フランス思想バージョンで一回記事書きましょうか?

よく考えたら、これって、「フランス書院のように書く」ということでしょうか?
ハーレクイーンってやつですね・・・。
しょーこ姉さん喜ぶだろうな~、きっと。
案外、猿夫さんも好きそうだし(笑)
Commented by 座敷童 at 2005-05-30 17:09 x
買って持っている人へのフォローをお願いします。

わあ、本当に、いつものピーターパン調から、
ジーパンと革ジャンっぽいかほりの文章になりましたね。
コピーライターとか勝手に自称してみてはどうでしょう。
バーチャルコピーライター・エンツィアーン!
(エセかっこいいような気がしなくもない)

ざらついた空気の工業地にすっくと咲く花一輪のほうが、
キラキラした田んぼの横から「俺が俺が!いや私が!」と咲く花よりも
ひきつけられるのは確かです。
Commented by shoko_118 at 2005-05-30 19:56
すっごいキザなのが読んでみたいです。
でも、フランス書院風は、やめてください(笑)
Commented by enzian at 2005-05-31 22:20
鍵コメさんへ。

【レスが遅くなってすいません】 以下の方も同様です。

「独立独行型」ですか?
偽善的だったので、ここからは消したしまいました。
ごめんなさい。

花は花だけで、一人の人間は一人の人間であるということだけで、
十分な意味をもつということですね。わかります。

写真集、もしどこかにあるようなら、一度、開いてくださいな。
Commented by enzian at 2005-05-31 22:23
gauche3さんへ。

題がすごいでしょ。
写真家のはっきりとした意志を示した題になっています。
この人、カッコイイです。

>enzianさんのこの書評、オビに付けたら売上伸びますよ。

なぜほめられるのか、実はよくわからなくて‥‥
ぼく自身はわかりにくいだけだと思っていて、冷や汗がでます(^^;
でも、ありがとうございます。
Commented by 006 at 2005-05-31 22:27 x
>花っていうのが植木鉢と水やりと施肥なしには育たないかのように考えてしまいます。
>人間であることに思い上がってしまう。
共感です。でもそうやって社会が成り立っているから仕方ないというのが園芸業界(;_;)
ただ、「育てる」って不思議な行為ですよねー^^人間ってそうやって他者のために何かやって喜んでもらうのが好きなんだと思います。ただ、思い通りにしたいっていう裏の面もあったり・・・そういうのを「人間味がある」っていうんでしょうかね。
Commented by enzian at 2005-05-31 22:28
harry_hkさんへ。

>よく考えたら、これって、「フランス書院のように書く」ということでしょうか?
ハーレクイーンってやつですね・・・。

あの~、よく考えたらどうしてそういう結論になるのでしょうか(^^;
その結論にびっくりしてしまいましたよ、もぉ~。
レヴィナスとかデリダとかにかぶれている人の文章のことを考えていました。
鳥肌を通り超えて、体がチキンになってしまうような文章を書く人たちですね^^

>しょーこ姉さん喜ぶだろうな~、きっと。
案外、猿夫さんも好きそうだし(笑)

二人が喜ぶことは確実でしょうね(^^)
Commented by enzian at 2005-05-31 22:33
座敷童さんへ。

>買って持っている人へのフォローをお願いします。

あっちゃー、買ってしまっていましたか‥‥
お気の毒としか‥‥ウソ!

>わあ、本当に、いつものピーターパン調から、
ジーパンと革ジャンっぽいかほりの文章になりましたね。

ハーレーに乗ってガッコに来ましょうか?

>ざらついた空気の工業地にすっくと咲く花一輪のほうが、
キラキラした田んぼの横から「俺が俺が!いや私が!」と咲く花よりも
ひきつけられるのは確かです。

そうですね。花としては最も際立つ環境であるのでしょう。
しかもそれが一輪なら、なおのことです。
太田のセンスには脱帽です。
Commented by enzian at 2005-05-31 22:46
006さん、こんばんは。

>>花っていうのが植木鉢と水やりと施肥なしには育たないかのように考えてしまいます。
>人間であることに思い上がってしまう。
共感です。でもそうやって社会が成り立っているから仕方ないというのが園芸業界(;_;)

その点をとても心配していました。
ぼくが園芸業界の人や福祉の現場で働いている人を否定しているように思われてしまうのではないかと。そういう風に読める書きぶりになっています。

【人間の世話が必要な植物もあります。
 人間の助けや世話が必要な命があります。
 他の人間の助けや世話が必要な人間がいます。】

この点を強調しておきたいと思います。

>ただ、「育てる」って不思議な行為ですよねー^^人間ってそうやって他者のために何かやって喜んでもらうのが好きなんだと思います。ただ、思い通りにしたいっていう裏の面もあったり・・・そういうのを「人間味がある」っていうんでしょうかね。

それはとても重要な問題提起です。
教育者がいつも念頭に置いておかねばならないことでもあると思います。
Commented by enzian at 2005-05-31 22:50
shoko_118さんへ。

>すっごいキザなのが読んでみたいです。
でも、フランス書院風は、やめてください(笑)

いつかおちゃらけて書くことにしましょう(^^)
Commented by 006 at 2005-05-31 23:53 x
園芸業界、沢山の無駄があるのは事実です。どうしようもないんですけど、それを当たり前と思うことのないよう、命を扱っているということ、日々気を付けてます(^^;飾りとか商品としか思ってない人ばっかですから;;当たり前はやっぱ自然の中に。

「殺風景」ということでしたが、イメージされるのは、「活気が無い」という感じがします。開発され、生態系が豊かでない↑のような場所もそうですが、そこに立つ画一化された家並も・・・
enzianさんを見習ってあんま言わんとこ(-_-;)

絵本の紹介楽しみにしときます^^「100万回生きたねこ」は最高です。が、隠れた名作を^^
Commented by enzian at 2005-06-01 00:07
006さんへ。

>園芸業界、沢山の無駄があるのは事実です。どうしようもないんですけど、それを当たり前と思うことのないよう、命を扱っているということ、日々気を付けてます(^^;飾りとか商品としか思ってない人ばっかですから;;当たり前はやっぱ自然の中に。

そうですね。ぼくの仕事にも似たようなところがあると思ってます。

>「殺風景」ということでしたが、イメージされるのは、「活気が無い」という感じがします。開発され、生態系が豊かでない↑のような場所もそうですが、そこに立つ画一化された家並も・

何を殺風景と思うのか、は人様々だと思います。
たまたまぼくの場合は、湾岸埋立地重工業地帯の一角なのですが、
そういうところがいいと言う人もおられるでしょうし。
いったい何が殺風景なんでしょうね。

>絵本の紹介楽しみにしときます^^「100万回生きたねこ」は最高です。が、隠れた名作を^^

プレッシャーが‥‥(^^)
Commented by harry_hk at 2005-06-01 11:41
【レス不要】
筆者の近況が、「やばいかも」って書いてありますが、
なんとなく、そんな感じがします(笑)
6月って大変な時期でしたっけ?
それともバーンアウト気味ですか?
ご無理はなさらずに・・・。
突然、誰かさんのように生爪はがれてみたり、鼻血出してみたり、吐いたりしますから。
Commented at 2005-06-01 18:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-06-01 18:41
harry_hkさん、ありがとうです。
6月は前期の山場になると思います。
教育実習の時期ですし、それ以外にも出張が多くなります。
物理的な忙しさです。

なんとか乗り切りますが、
今年はキノコと遊べそうにないのでストレスがたまります。
でも、このぐらい、
修行遍歴時代のことを考えれば、
なんでもないです。
harry_hkさんこそ、
体を壊さないよう、うまくやってください。
そのharry_hkさんのエピソード、
明らかに行き過ぎですって^^


Commented by enzian at 2005-06-01 18:49
鍵コメさま、こんばんわ。

いろいろあります。
締め切りもあります。
でも凹みの第一原因は、
そろそろ出始めのキノコを見に行けないことです。
新種が出ていたらどうしよう。
ソワソワソワソワ(バカでしょ?)
これはちょっとつらいのだ^^

“声かけ”ありがとうです。
これって、とても大事だなぁって痛感します。
ウフッ。
Commented by 座敷童 at 2005-06-01 18:57 x
やばいんですね。六月って。
こちらは結婚式の一発芸のために牛とカエルの人形作ってますけどね。
・・・・・・・ああ!そっちの意味で私もやばいかも!!
六月は忙しいですね、ええ、ハイ。

ええっと、どぞ。

ちゅるるるるるーるる

(筋肉増強剤注入)
Commented by enzian at 2005-06-01 20:05
座敷童さんへ。

なにやら忙しそうでなによりです。
一発芸の成功を陰ながらお祈りしております。

>ええっと、どぞ。

ははっ。

>ちゅるるるるるーるる

何やらキーボードを打つ手が早くなったような^^
Commented by harry_hk at 2005-06-01 20:59
だから、きのこ採り用リュックを薦めたんじゃないですか!!(笑)
世の中には、ある所にはあるんですよ(爆)

でも、なんでカバンのことを知っているかって?
そんなことを言われましても・・・。
まぁ、カバンが好きだからでいいのでしょうか?
そんなことを聞いているのではないのですか???
Commented at 2005-06-01 21:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-06-01 21:35
harry_hkさんへ。

>だから、きのこ採り用リュックを薦めたんじゃないですか!!(笑)
世の中には、ある所にはあるんですよ(爆)

だって採りに行けないのにリュックだけあったら、
よけいに悲しくなるじゃないですか(爆)

harry_hkさんがあそこの会社にリンクはってること、
あとで気づきました。
いろんな帆布やさんがあるんだなって、おどろきました。
Commented by enzian at 2005-06-01 21:38
鍵さま。

危ない!ビーンボールですそれ。
危険すぎますって。
そのサイト、やっぱスポーツ関係の人が見るんでしょうね。
それで、なして、鍵さまがそんなことを‥‥あ~、なんとなくわかりました。

ちなみに、ああいうものを教師が使ったりすると、
ドーピングにひっかかって、教育界追放とかいうことになるのでしょうか?(^^)
Commented at 2005-06-01 21:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-06-01 22:03
鍵さま。

そこまで厳密に答えられてしまうと、グーの音も出ませんってばっ(^^)

前半の方はそうでげしょうなぁ。
酸素吸入もアウトってのは知りませんでした。
そうか、そうなるのか‥‥

後半部分。
強さか‥‥そうでしょうね。




Commented at 2005-06-01 22:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-06-01 22:24
ケラケラ、鍵さまのツボに入ったんでしょうね。

>そんなことないと良いのですけれど

そんなことないと良いのですけど、笑。

ぼくはもうその関係のものは紹介しないようにしてます。
かつてエライ目にあったことがあるのです(T_T)
Commented by noe.saeki at 2005-06-05 22:00
の~ん(T-T) ここ来て思い出しましたー。
今日、久しぶりに都会の本屋に行ったんですが、
この本チェックしてくるのをすっかり忘れてました。
(本は一度手にとってみてからしか買わない人)
Commented by enzian at 2005-06-05 22:13
noe.saekiさんへ。

>本は一度手にとってみてからしか買わない人

あっ、それ正解です。
ちゃんと見てから買わないと、後悔します。
って言うか、見たらぜったいに買わないと思います、この本。
Commented at 2005-06-11 20:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-06-11 21:17
鍵さま。

興味深いコメントありがとうございます。
考えるよいきっかけになりました。
Commented at 2005-06-11 22:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-11 22:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-11 22:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-06-11 22:56
鍵コメさま。

一つの理由だけではないようですね。いくつかのことが複雑に入り組んでいるような気がします。とても興味深く、なっとくする部分もありつつ(ちょっと聞いてみたい部分=特に後半、もあるのですが)読ませていただきました。少し時間を置いて、また、考えますね。最後の行のものも参考にしつつ‥‥(^^)
Commented by enzian at 2005-06-12 13:16
鍵コメさま。

自然のものを強制的に統制しようとする人為、
十把一絡げにものを見て、こうであらねばならぬとする偏見、

問題はこの辺りにあるのでしょうか。
花自体に問題はなくても、花を通して、こういう人間の心理が見える場合がある。
それが違和感になるのでしょうか。

もしこういう理解でよいのだとしたら、ぼくも共感します。

ただ、あえて、さらに言えば、
一本のエノコログサを野原から切り取ってきて生けることも、人為のような気がします。
自然のままにがいいなら、
野原に生えているままのものを見ればいい、という考え方もあるのかなと‥‥
でも、そんなことを言うのもやかまし過ぎるような気がするので、
「切花もまっいっか」、ぐらいに思うようにしています(^^)
Commented at 2005-06-12 22:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-12 22:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-12 22:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-06-12 23:09
鍵コメさま〜ん。

疑問のはじまりは、ぼくも記事を読んでいましたので、そうかな〜とは思っていました。

自然を愛するという態度は、ときにエゴとか自己愛のカモフラージュになっている場合があるということも問題になっているのでしょうか。自己愛のカモフラージュという意味では、ぼく、似非ナチュナリスト嫌いです。

その地方の話、知りませんでした。とてもおもしろいエピソードです。それの場合、花を「自分で」愛でるというのとは違うのでしょうね。あくまで、「他人に」対する手向けの花なのですから。そこにはカモフラージュはないのでしょうね。

花を切るにしても、程度の差があることもわかります。人間の心、そんなにきれいに割り切れるわけではありませんから、同じようなことでも、程度の差で許したり、許せなかったりすることもありますね。エノコログサ一本切るのは許せても、葉をホッチキスでとめるのは許せないといった。
Commented by enzian at 2005-06-12 23:14
(つづきです)
世の中には、有無を言わせず、それについては肯定的に評価しなければならないものがたくさんありますね。それは強力な権力をもったものであったりする場合が多いわけですが、意外にも、花というのは、ああゆう可憐で弱弱しく見えるものでありながらも、人に一定の評価を強要してくる恐ろしいものでもある、ということでしょうか。いや、そういう一見弱そうに見えるものにこそ、人間はコロリとだまされてしまうのかもしれないですね。

もしこのような理解でよいなら、このことはとても重要なことですね。

食生活の変化と意識の変化‥‥それはぼくにはわからないですね。
頑なに同じ食生活を守ってますもん(^^)
Commented at 2005-06-12 23:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-12 23:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-06-12 23:44
鍵さま。

鵜呑みしてしまうこと......こわいですね。
そのために、当たり前のことを立ち止まって哲学してるんですって!
(やっぱり最後は自画自賛かい、とつっこみを入れておきます(^^)

<< 指先に触れるということ 殺風景の意味 >>