宗教にのめりこんでいる人の目

宗教にのめり込んでいる人というのは、眼光とか、へんに柔らかな物腰とか、世界を包み込むかのような微笑みとか、なんとなく雰囲気でわかりますね。ぼくはあの彼方を見ているような、どんよりした目が苦手なのです。あの “どろり目” で見られると、すかざず「逃げる」のコマンドを選択して(?)逃走したくなります。

先日、自宅で不意にピンポンが鳴りました。インターホンを覗くと、どろり目が6個(母親一人、子ども二人の宗教勧誘チーム)、こちらをのぞきこんでいました。思わず、後ろに飛びしさりました。

by enzian | 2005-06-02 18:24 | ※その他 | Trackback | Comments(23)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/2858970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2005-06-02 19:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-02 19:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-02 20:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-06-02 20:46
鍵コメ3さま。

おっしゃいません。
どんなコメントがあるか、興味深いです。
Commented by enzian at 2005-06-02 20:47
鍵コメ1、2さま、こんばんは。

鍵コメさんのコメント、とても参考になりました。
うまく言えないのですが、公平な目で見て、
ぼくの問題になりそうなところに軽く近づいて、
しかもそれをフォローしてくださったんですね。感謝、感激。

考えればのめり込むなんていうのは、ぼくにもあることで、
たとば珍しいキノコを見つけたときはR18の目をしていると思います。
そういう意味では人に言えた義理ではないことになります。
あえて違うところといえば、他人を巻き込まないことになるのでしょうね。

そうです。変なセンサーが働いてしまうのは、
身に覚えがあることだからなのです。

指先の感覚とか、どきどきしませんか?
Commented at 2005-06-02 21:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-02 21:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-06-02 21:37
鍵コメ4さま。

むかし、新興宗教に家族ぐるみで入ってました。
自分から違う新興宗教に入ろうとしたこともありますし(^^)
(年末ぐらいに記事を書いたアレです)

うふっ、って‥‥
Commented by enzian at 2005-06-02 21:39
鍵コメ5さま。

ケラケラ‥‥きっとそうなると思ってました。
ちゃんとコピペして、ぼくのパソコンには残してありますもんね ^^v
Commented at 2005-06-02 21:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-06-02 21:53
鍵コメ6さま。

あれだけ読者がおられたら、
書きたいことも書けないでしょう。
Commented by stutterer at 2005-06-02 22:03
理屈っぽい人って、たぶん宗教には向きませんね。
そういえば、私も新宗教と呼ばれるものに入っていたことがあります。
そのときでも、他人を勧誘するのがひどく苦手でした。

一方で、無神論者というのも「無神論」を信奉する信仰者にも見えます。
いずれにしても、信じることがどうも苦手なんです。
Commented by noe.saeki at 2005-06-02 22:21
私の宗教体験といえば、子どもの頃知り合いに連れて行ってもらった、エホバの証人の大きな集会。お弁当は買うのではなく、頂く代わりに基金箱みたいなところにお金を入れるのです。当然皆さん、弁当代以上を入れるので子供心に「ボロい商売だな」などと罰当たりなことを考えておりました。そして、その弁当のおかずがやたら醤油辛かったという、弁当以外の記憶は殆どありません(^^;
で、結局私はず~っと「無宗教」という宗教に入っております(笑)
Commented by enzian at 2005-06-02 22:31
stuttererさん、こんばんは。

>理屈っぽい人って、たぶん宗教には向きませんね。

そうでしょうね。

>一方で、無神論者というのも「無神論」を信奉する信仰者にも見えます。

そうですね。「ない」って言うからには、
ないことの証明をしなければならないわけですから。
なのに、無神論者は証明されない「神がいないということ」を信じているわけですから。
「ない」ことの証明はほとんどの場合、
「ある」ことの証明よりむずかしいですからね。
Commented by enzian at 2005-06-02 22:35
noe.saekiさんへ。

>罰当たりなことを考えておりました。

いえ、それは明らかにボロいのだと思います^^

ぼくも、新興宗教に家族が入っていたときに感じたのは、
銭儲け、丸儲けの世界だなぁということだけでしたね。

ぼくは、人に無条件でお金を儲けさせるのなんかいやなこった、だから、
宗教には入らないのだ!^^v
Commented at 2005-06-03 19:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-06-03 20:19
鍵コメさま、ありがと。健康診断みたいなもので、採血されただけです (^^ヾ
Commented by mu.saihou at 2005-06-03 20:45
「揺れる想い」なんて歌がありましたが、
今、二つの新興宗教団体のどちらに
入信するか検討中です!!
両方入っちゃうかも(笑
Commented by enzian at 2005-06-03 21:18
mu.saihouさんへ。
両方入って、もう行き着くところまで行っちゃってください。
そんでもって、体験内容を教えてください(^^)
Commented by stutterer at 2005-06-04 22:43
遅まきながら補足しますと、先に無神論者と言ったのは、インテリとかよりもむしろ
関心もなく、疑いもなく、考えもしない素朴な人たちのことなんです。

そういう素朴な態度が、神を信じて疑わなかった時代のヨーロッパ人の態度とあまり変わらないのでないか、という主旨だったんです。
Commented by enzian at 2005-06-04 23:08
stuttererさんへ。

>そういう素朴な態度が、神を信じて疑わなかった時代のヨーロッパ人の態度とあまり変わらないのでないか、という主旨だったんです。

あっ、なるほど、そういう意味だったんですか‥‥
また自分の考えに先走ってしまいました。
これからは気をつけます (>_<)
Commented by 座敷童 at 2005-06-05 00:38 x
学生ばかりの下宿にいたとき、奴等は責めてきました。
私の手もちコマンドは「攻撃」「実験」「だます」です。
敵の攻撃!:「勧誘じゃありませんけど、お話を」
攻撃コマンド:「お前と話す暇など無い」
実験コマンド:「あっ、うち祖霊信仰なんですよ、むしろ私の家族になって下さいよ」(反応を見て楽しむ)
だますコマンド:「いえ!今貴方には危険が迫っていると守護霊が言っています!逃げて!」
占い師のバイトしててよかったなあと思う瞬間‥‥。
昔の人の信仰心とはまた違うんでしょう。
純粋さとは別の何かによって、自分を押し殺してているようにも思います。
宗教は芸術のパトロンですから、芸術をやっている身としては、すねをかじり続けるつもりでございます。
Commented by enzian at 2005-06-05 11:34
座敷童どの。

個人的には、だますコマンドが好きですね。
相手ははどんな顔をするのでしょうか?
鳩が豆鉄砲をくらったような顔かしらん?

>昔の人の信仰心とはまた違うんでしょう。
純粋さとは別の何かによって、自分を押し殺してているようにも思います。

死んでからの復活を求めているから、
現世利益を求めているわけではないようですね。
墓から復活してくるところのイラストを書いたパンフレットとか配ってるでしょ。
求めてるんでしょうね、ひたすら復活を‥‥

>宗教は芸術のパトロンですから、

うん、そうかもしれないね。

<< 文体模写日記 指先に触れるということ >>