幸せの意味

風に揺れる、か細い短冊に願いを込める。なにかの条件で大きさが取り決められているなんてこともない。老いも若きも、わずか何平方センチかの紙片にささやかな願いをしたためる。本当のことを言えば、だれも願いが叶うなんて本気で思っているわけではない。それでも、そうせずにはおられないようななにかがある。人はときに、ささやかな願いを吐露する、けなげな自分の姿に酔いたいのかもしれない。

自分も酔おう。なにを書こうか。「世界人類が平和でありますように」。どうせウソしか言えないなら、もっと面白いウソをつきたい。「サマージャンボが当たりますように」。あまりにも生々しい。こう書くことにしようか。「このままでありますように」。

今の状態を維持したいという心のあり方――たぶん、それが “幸せ” の意味なのだ。だとしたら、すさまじースケジュールに追い立てられ、うるしアレルギーに攻めまくられ(ようやく全快しました)、ベルトコンベアで奈落に落とされそうになっても、いま、自分はそれなりに幸せだと思っているのだろう。

by enzian | 2005-07-02 17:51 | ※街を歩く | Trackback | Comments(14)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/3048191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かっちん at 2005-07-02 18:20 x
こんにちは。
平々凡々とした毎日なんてつまらないといって、波乱万丈に生きることに幸せを見出す人もいれば、平々凡々これ幸せ変わらない毎日を過ごすことが幸せだと思う人もいます。なにが幸せかというのはなかなかむずかしいけど、「こう生きたい」と願うことが実現できているときがその人にとって一番幸せなんでしょうね。
Commented by yachiem at 2005-07-02 18:44
うるしアレルギー、強烈だったんですね^^;全快おめでとうございます。
小さな幸せをいっぱい持っているけど、それと同じぐらいの悲しみも抱えている状態なので、このままでありたいような、ありたくないような。
もう少し、妄想してきます です はい。
Commented by enzian at 2005-07-02 21:07
かっちんさん、おひさですね。

自分にないものをねだるのが人間の欲求なのでしょう。

平々凡々に厭きた人は波乱万丈を求め、
波乱万丈に疲れた人は平々凡々を求めるのかもしれません。

そうですね、「こう生きたい」という欲求が果たされた状態が幸せなのでしょうね。
Commented by enzian at 2005-07-02 21:10
yachiemさん。

>うるしアレルギー、強烈だったんですね^^;全快おめでとうございます。

それはそれは強烈どした。ありがとうございます(^^;

>小さな幸せをいっぱい持っているけど、それと同じぐらいの悲しみも抱えている状態なので、このままでありたいような、ありたくないような。

ぼくもそんな感じですよ。
あんまり高望みしたらバチが当たりそうなので、
ちょっと遠慮気味でこのぐらいでいいかな、と‥‥^^
Commented by 座敷童 at 2005-07-03 00:12 x
夜更かししたくないのに夜更かしです。おばんです。
あの短冊、思考回路がおかしな子供だった頃、(通信簿によると)
“他人に自分の願望を強くアッピィイルするために書くのだ”
と、思っておりました。
だって他の短冊見ても、内容がそう思えたので。
でも、今は意図して書くのです。
「金利が上がりますように」(もっと生々しいでしょう)
Commented at 2005-07-03 00:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-07-03 12:06
座敷童さま

>夜更かししたくないのに夜更かしです。

座敷童さんにも、いろいろ事情があるんでしょうて。
哲学者は残り少ない脳細胞を死守しようとして、
早めに寝るのでありまする。

>“他人に自分の願望を強くアッピィイルするために書くのだ”
と、思っておりました。

他人って誰なんでしょうね。

「金利が上がりますように」(もっと生々しいでしょう)

じつに生々しすぎます。
「固定資産税が下がりますように」とかどうでげしょうか?
Commented by enzian at 2005-07-03 12:20
鍵コメさま、こんにちわ。

>ここちよい、納得できる状態のことをいうのでしょうか

そうです。ここちよい状態は快感なのですが、
快感の定義が、今の状態を維持したいという心のあり方になります。
だから、幸福は快感なのです。
ただ、快感にもいろいろな種類があります。

噛み締めている人、いるんでしょうかね。
どうでしょうか‥‥
欲望にはきりがないですから、
なかなか手応えを感じることはできないのかもしれませんね。

地に足はついてません。
一見すると落ち着いていると言われるのですが、
ちっとも落ち着いていない人なのです^^

どこかでも書きましたが、
小学校のときの通知表の所見欄にはいつも、
「落ち着きがない」と書かれていました。
(関係ないか‥‥)

ベルコンは、実は自分で飛び乗ったって感じも、
なきにしもあらずなのです。
だからある意味、自業自得でもあったりして(^^;
Commented by cubit-papa at 2005-07-04 21:00
>欲望にはきりがないですから、
なかなか手応えを感じることはできないのかもしれませんね。
うーーーん、身にしみます。。。
欲望があればこその前進。でも、その手応えというのものを
「いつ」感じることができるんでしょうかね。
深いテーマです。
Commented by enzian at 2005-07-04 23:34
cubit-papaさん。

>欲望があればこその前進。

そうですね。欲望がなければ前進はないのでしょうね。
そういうところだけでも、欲望を評価してやりましょうか^^
Commented at 2005-07-10 16:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-07-10 18:36
鍵コメさま~ん。

こちらこそ、まったく同じ意見です。
鍵コメさまの意見はぼくにとっては虚を衝かれたもので、
その意見にナットクしています。

ぜんぜん怒っているわけなどなくて、
むしろありがたがっているのですから、ごめんなさい、
はやめておくれやす。

おーそーでしたかっ。
そのDNA、なんとなく、鍵コメさまにも流れているような‥‥
つらさもあるんですが、楽しさもありますからね‥‥

mein Vater は、鍵コメさんところとは月とスッポンですね。
その、怒鳴り込む先の人ですわ(涙)。

必殺、サービスデー返し!(笑)
Commented at 2005-07-15 00:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-07-15 22:55
鍵さま。

ぼくも、いつも鍵さまのところを見てます。

<< バトンリレー嫌い 遺灰からダイヤ >>