違う私になるということ

「私って変われるでしょうか?」即座に答える。「変われると思いますよ」。でも、答えた後にきまって憂鬱になる。

瞬間瞬間に投げかけられる無数の選択肢を選択し続けるという営み(たぶんそれが生の意味なのだ)。その無数の選択肢のなかでどのタイプの選択肢を選ぶかという “傾向” が個人のキャラクターであり、問いかけの「私」の意味でもある。

“傾向” が変わるには必要なものがある。過去の傾向を引きずりながらもこれを振り切ろうとする意志、人との関係、選択を繰り返して新しい傾向ができあがるまでの時間の経過。これらがあれば「私」は変わりうる。

とはいえ、それらの条件を充たしても、致命的な問題が次に待ち構えている。変化しつつある者自身でさえ、この変化を生き生きと実感することはできないからだ。変化した後のある日ある時、「あのときのままだったら、私は一体どうなっていたんだろう」と思い出し、あの日の「私」と今の「私」をぼんやり比べるぐらいが関の山なのだ。

「私って変われるでしょうか?」ここには、“一瞬のうちに「私」がなにか決定的に違う「私」になるという実感” が求められている。だが、残念ながらそのようなことは望むべくもないのだ。

心や体に過度の負荷をかけることによって、手っ取り早くは薬物を摂取することによって起こる瞬間的な意識の “変性” を「私」の変化と見誤る者は、跡を絶たない。

by enzian | 2005-08-07 21:27 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/3261659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by runa at 2005-09-05 00:17 x
はじめまして。
あたしは、変わることより、変わらないことの方が難しいと感じます。

連続する自分であるはずの過去の自分が他人の様に思える瞬間、「私」という個人の危うさや儚さを感じて怖くなります。
Commented by enzian at 2005-09-05 23:45
runaさん、はじめまして。

少しまじめモードで答えます。

変わることが難しいと思うか、変わらないことが難しいと思うか、
それは、その人がどのようなスパンでものを見ているかということによる、
と考えています。

短いスパンでものや自分を見ている人にとっては、
自分が全然変わらないように思えて、変化のなさに怖さを感じ、
逆に、長いスパンでものを見ている人にとっては、
自分がコロコロ変わるように思えて、
持続性のなさに怖さを感じるのではないでしょうか?

さて、runaさん、質問です。
もしまったく連続性がないとしたら、
なぜrunaさんは「過去の自分」を「自分」と言えるのでしょうか?(^^)
Commented by runa at 2005-09-06 20:03 x
>なぜrunaさんは「過去の自分」を「自分」と言えるのでしょうか?(^^)

記憶の断片が淡くココロやカラダに残っているから・・・
過去の自分の上に今の自分が存在しているはずだから・・・

「過去との連続性がまったくない」とは思いません。
でも、少しずつ変化していった結果、遠い過去の自分との接点はどんどん希薄になるように思います。

特に、他者の記憶の中の自分は他者のフィルターを通した分更に遠く、今の自分とすり合わせるのが難しいと感じます。

過去の記憶が薄れ易い体質なのかもしれません。

写真や日記、そうした物につい頼ってしまいます。



Commented by enzian at 2005-09-06 21:58
runaさん

いきなり質問したりして、お許しくださいませませ。
すごく誠実に答えてくださいましたね。
(やはり、あのブログを書いている人とは思えない(^^)

>「過去との連続性がまったくない」とは思いません。
でも、少しずつ変化していった結果、遠い過去の自分との接点はどんどん希薄になるように思います。

そうですね。

>特に、他者の記憶の中の自分は他者のフィルターを通した分更に遠く、今の自分とすり合わせるのが難しいと感じます。

そうとわかっていても、他者の記憶のなかの自分とすりあわせてしまうのかも
しれませんね。

>過去の記憶が薄れ易い体質なのかもしれません。
写真や日記、そうした物につい頼ってしまいます。

多かれ少なかれ、誰しも写真や日記に頼りたがるのだと思います。
そのこと自体は決して悪いことではありませんね。
Commented by runa at 2005-09-08 01:05 x
>いきなり質問したりして、お許しくださいませませ。

すみません(~_~;)
あたしのコメントで誤解させてしまったようで・・・

「質問」のおかげで楽しく思考をめぐらせて、少し自分にベクトル向いて面白かったです。
先生と生徒みたい``r(^^;)


>あのブログを書いている人とは思えない(^^)

両極な感じですかね(^^ゞ
バランスいいんだか悪いんだかです。



ブログにコメントありがとうございました。
またきますね。


Commented by enzian at 2005-09-08 22:40
runaさん

>「質問」のおかげで楽しく思考をめぐらせて、
少し自分にベクトル向いて面白かったです。

助かった~
OK!ふぅ~って感じです(意味不明)

>両極な感じですかね(^^ゞ
バランスいいんだか悪いんだかです。

一方的よりも、ずっと興味深いですよ(^^)
では、また~

<< 変化球は卑怯なのか? 60年という溝 >>