二つの長所を探す

「私の長所ってなんですか?」就職活動をする学生から真剣な顔で聞かれることがあります。自己アピールがうまくできなくって困ってるんでしょうね。もちろん、こんな質問に考え込むようでは、教師がすたります。間髪いれず答えます。「君の長所はね、○○が△△なところだよ」。自分では自分の長所って意外とわからないものなのでしょう。「ふ~ん、そうだったのかぁ」。なにやら学生はうれしそうです。

でも次の瞬間、考え込んで、内心あせります。「ほかにはないですか?」って聞かれたらどうしよう‥‥。短所を見つけることは簡単ですし、一つだけ長所を見つけるのもそれほどむずかしいことではありません。でも、二つ目の長所を見つけるのはけっこうむずかしいのです。それは相手が学生に限ったことではありません。見つけるには、その人に強い興味をもって、しっかり見つめることが必要なのでしょう。相手が誰であれ、まず、長所から探しはじめるような習慣がつけばいいのですけどね。

by enzian | 2005-10-03 22:58 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(36)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/3567781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by supica-hosi at 2005-10-03 23:49

遠いむかし、大学で心理学を専攻して一番はじめの講義でしたことが、
「自分について書く」でした。渡されたB5用紙を穴があくほど見つめながら
言葉に詰まった記憶があります。「長所・短所」を記してから・・・という注文つき。
短所ならズラズラでかけても、長所の最初の一文字に詰まる。
今は自分に遠慮せず、あれこれ並べて自分を担ぎ上げ、励ましていたりするけれど。^^
でも、相変わらず自分探求をし続けています。
これがライフワークになってしまった私です。^^
Commented by harry_hk at 2005-10-04 01:02
自分の長所って実は、思っていることはあるのだと思います。ただそれに気付かないというのであれば、軽い自己開示なんていうので、自分を確認すればいいのですが、やっかいというか、やっぱりねと思うのが、自分の長所だと思っていることが、人から否定されたくないと思ってしまうことかなって思ったりします。
主観の話なのに、長所を客観的に立証したいとすると、リサーチ能力があるかどうかなんてことになってしまうようで、それで、学生さんは聞きたいのかなと思ってしまったりします。
まぁ、占い感覚半分なんだと思いますけれどね(笑)
でも、会社で求められている自己分析って、その人の長所でも短所でもないような、そんな気もします。
例えばなんですが、その人の長所をいいあうゲームなんていうのもあるのですけれど、大学生にもそれって応用できるのでしょうかね?
Commented by aroomwithaview at 2005-10-04 08:11
enzianさん
お久しぶりです。

>もちろん、こんな質問に考え込むようでは、教師がすたります。間髪いれず答えます

さすが!格好いい~ですね。(そういう問題ではないですね)
二つ目の長所っていうのは確かに難しそうですね。でも習慣にすることって大切かもしれませんね。だって、人間って否定的なほうに目を向けることの方が得意ですよね。

面白いなと思うのは、アメリカ人はほめ上手な人が多いんです。でも時がたち気がつくのは、それは長所を見つけて褒めているというより社交辞令化した習慣みたいなものなんです。enzianさんのおっしゃるのは、これとは異なりますよね?

>見つけるには、その人に強い興味をもって、しっかり見つめることが必要なのでしょう。

ほんとは全身全霊で人と関わっていけば、自然に見えてくるものなのでしょう。
こんなenzianさんの言葉を読んだときに“痛い!”と感じる私です。子育てには必須事項です。よいお言葉をありがとうございます。お勉強になります。
Commented by u-wakaroku at 2005-10-04 08:11
なるほど!
人に限らず、2つ目のいいところを探してみようと思います。
Commented at 2005-10-04 12:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 毒きのこ at 2005-10-04 18:32 x
 あ゛ー。年をとったからなのかどうかわからないけど、今回の記事を読んで、『う~ん。』・『はて?』と腕組をしてしばし考えちゃいました。それはね、自分の長所・短所についてかれこれ数年間は考えもしてなかったことにきづいたからなの。まっ、漠然とはどっかで考えてるのかもしれないけど。わざわざとかは、ないな~。思い起こせば、子ども時代の方がそういうことはよく考えていたかも。聞かれることも多かったし、発表?(クラス替えの自己紹介の時とか)する場もあったし。・・・なんでしょう。今は面倒くさくなってしまったのか。他人の長所・短所とかも、ま、いいや。ってな感じです。無関心な悪い大人だ・・・これを機会に、己の長所・短所・そして、2つ目の長所を考えてみま~す。

しつもん:enzian くんの、短所・長所・そして2つ目の長所は何かな?
Commented by kozou_17 at 2005-10-05 01:00
そうですねぇ。ボクもまず相手の長所を見つける習慣をつけたいです。
吉田松陰が、松下村塾の塾生達の人物評を残しているらしいのですが、それには長所ばかりが書いてあるそうです。そういう人物だったからこそ人が集まり伸び伸び育ったのかもしれませんね。
Commented by runa at 2005-10-05 01:01 x
自分の長所を口にするのを躊躇うのは、「その程度で?」と相手に思われそうだからではないでしょうか。
「優しい」「明るい」など測るのが難しいものを長所としてあげると、はたして他者よりどのくらい優れているのか?と不安になるのではないでしょうか。
他人と比べてずば抜けて良い長所を持っている人より持っていない人のほうが多いはず・・・確認の為にも誰かの口から言われたい・・・認められたいのでは・・・

短所は人に言われると凹みますね(~_~;)自覚はあっても「そんなに酷いのかなぁ」って凹みます。

短所を指摘してくれって頼まれるのもキツイですね( -.-)
指摘したら「この程度で?」と言われそうで(苦笑)

奥ゆかしさのポーズとしても長所って公言し難いもんですねぇ(^^ゞ
Commented by enzian at 2005-10-05 21:18
supica-hosiさん

>遠いむかし、

ある意味似たような思い出があります。
遠い昔、研究者になるための最初の公募に応じたとき、
自己アピールみたいなものがあったのですが、
どうにもこうにも書けませんでした‥‥

>今は自分に遠慮せず、あれこれ並べて自分を担ぎ上げ、励ましていたりするけれど。

自分を担ぎ上げ、励ますというのはいいですね。
自分の長所を公言するというのは、その長所と自分と現在のあり方との間に
少しだけ距離があるのだけど、その距離がないかのように
自分を励ましていることなのかもしれないですね
(文章力がないので、うまく説明できん!(T_T)

>でも、相変わらず自分探求をし続けています。
これがライフワークになってしまった私です。^^

他人事とは言えない気がします。
Commented by enzian at 2005-10-05 21:25
ハリーさん

>自分の長所って実は、思っていることはあるのだと思います。‥‥やっかいというか、やっぱりねと思うのが、自分の長所だと思っていることが、人から否定されたくないと思ってしまうことかなって思ったりします。

下の方でrunaさんも言っていますが、
人から自分の長所を否定されるのが怖いというのは、あると思います。

>でも、会社で求められている自己分析って、その人の長所でも短所でもないような、そんな気もします。

それはその通りです。
会社が聞きたいのは、会社のために役立つ能力のことだと思います。
つまり、「あなたなら会社のために何ができるのか?」ということでしょう。

>まぁ、占い感覚半分なんだと思いますけれどね(笑)

そういうのもいるかもしれません。

>例えばなんですが、その人の長所をいいあうゲームなんていうのもあるのですけれど、大学生にもそれって応用できるのでしょうかね?

こわいのでぼくがやりませんけど、
うまくやると成功するかもしれませんね。
意外とまったく見当違いの長所の指摘が頑張りになったりして‥‥
Commented by enzian at 2005-10-05 21:57
aroomwithaviewさん、レスが遅くなりました

>二つ目の長所っていうのは確かに難しそうですね。でも習慣にすることって大切かもしれませんね。だって、人間って否定的なほうに目を向けることの方が得意ですよね。

どうしても否定的な方にばかり目を向けてしまいますね、
困ったことです。

>面白いなと思うのは、アメリカ人はほめ上手な人が多いんです。でも時がたち気がつくのは、それは長所を見つけて褒めているというより社交辞令化した習慣みたいなものなんです。

なるほどねぇ。
それと、これはアカデミックな世界の話なのですが、
欧米の学者の書く推薦書(特定の研究者を推薦するためのもの)は
長所だけでなく、短所がしっかり書けているということで、評価が高いのです。
逆に、日本人の書く推薦書は、ほめてばかり、長所ばかり書くので
あまり信用ならない、と言われています。

日常生活の社交辞令とアカデミックな慣習が逆でおもしろいですね。
Commented by enzian at 2005-10-05 21:58
(aroomwithaviewさん、続き)

>ほんとは全身全霊で人と関わっていけば、自然に見えてくるものなのでしょう。

そうなのでしょうね。
子育てのことはよくわかりませんが、
友人が、子育ては戦争だ、と言ってました。
全身全霊の闘いを指す言葉なのでしょうか?(^^)
Commented by enzian at 2005-10-05 21:59
u-wakarokuさん

>人に限らず、2つ目のいいところを探してみようと思います。

あっそうか、人に限ることはないのですよね。
空でも海でも森でも木でも‥‥なるほど。
Commented by enzian at 2005-10-05 22:02
鍵コメさま

ありがとうです。
やさしさにあふれた批評ですね。

どうしよう‥‥見られてるのかしらん。
あたふた (((^^;)(;^^) ))あたふた(←満を持して登場)
Commented by enzian at 2005-10-05 22:14
毒きのこさん

>あ゛ー。年をとったからなのかどうかわからないけど、今回の記事を読んで、『う~ん。』・『はて?』と腕組をしてしばし考えちゃいました。それはね、自分の長所・短所についてかれこれ数年間は考えもしてなかったことにきづいたからなの。まっ、漠然とはどっかで考えてるのかもしれないけど。わざわざとかは、ないな~。

そうだね。
そんな真剣には考えないよね。

>思い起こせば、子ども時代の方がそういうことはよく考えていたかも。聞かれることも多かったし、発表?(クラス替えの自己紹介の時とか)する場もあったし。

子どもの頃の方が考える機会が多かったかもしれないね。

>enzian くんの、短所・長所・そして2つ目の長所は何かな?

逃走しようかと思ったけど、
たまにはまじめに答えましょう(^^)
どちらもいっぱいあるけどね‥‥

短所: 冗談(遊び)が過ぎる
長所: 難しいことを易しく説明できる
     物事を多側面から見ることができる(あるいは、少なくとも、見ようとする)

クレームは受け付けません!_(._.)_
Commented by enzian at 2005-10-05 22:16
kozou_17さん

>吉田松陰が、松下村塾の塾生達の人物評を残しているらしいのですが、それには長所ばかりが書いてあるそうです。そういう人物だったからこそ人が集まり伸び伸び育ったのかもしれませんね。

それはとてもおもしろいエピソードですね。
Commented by enzian at 2005-10-05 22:28
runaさん

>自分の長所を口にするのを躊躇うのは、「その程度で?」と相手に思われそうだからではないでしょうか。

ハリーさんも言ってることですが、それはあると思います。
特にぼくは学生からすれば権威者ということになるでしょうから、
「その程度で?」と評されることに対する不安は大きいと思います

>・・・確認の為にも誰かの口から言われたい・・・認められたいのでは・・・

鋭いですね。
逆に言えば、権威者に認められることは、
完全に認められたことになりますから、
危険を賭しても、あえて確認に来たいという側面もあると思います。
Commented by enzian at 2005-10-05 22:29
(runaさん、続きなのだ)

それとね。
加えると、学生は、ぼくがどれほど自分を見ているのか、
どれだけ自分に興味(愛情)をもって接しているか、それを確かめているんです。
生意気なやつは、ぼくの教師としての力量を確かめているのもいます。
だからこそ、ぼくは間髪いれずに答える必要があるのです。

>短所は人に言われると凹みますね(~_~;)自覚はあっても「そんなに酷いのかなぁ」って凹みます。

短所は相当な信頼関係を築いた上でないと、
いや、築いた上でも言えないですね。
マイナス面について本当のことを言うのは難しい‥‥

>奥ゆかしさのポーズとしても長所って公言し難いもんですねぇ(^^ゞ

そうですね(^^;
Commented by runa at 2005-10-06 08:55 x
>だからこそ、ぼくは間髪いれずに答える必要があるのです。

enzianさんの緊張感が伝わってきます・・・
試される日々・・・大変そうです((((((^_^;)

学生さんは自分のいる位置を測りたいのですね。
現状の座標における自身の位置を確認するのに的確な言葉をくれる存在として、enzianさんは信頼されてるのでしょう・・・


Commented by anitya_ocean at 2005-10-06 15:15
先生、お久しぶり。


「ほかにはないですか?」

って、聞かれたら、

「その台詞を言った心意気」

って、答えるかもしれん。

自分に興味を持つ気力が出来るのは、悪くないと思うから。

卑下より、多少、自惚れてた方が、いいんです。
そのせいで、転べるし、叩かれるし、イコール、チャンスにもなるから。まあ、犯罪にならない賢さは持ってて欲しいですけど。

言ったもん勝ち!?

そうです!!

で、私の、長所を、教えてください。

た、短所しか、浮かばないよ・・とか思ってても、何か、虫眼鏡で、拾ってください・・
ヘトヘトなんで・・・(え
Commented by enzian at 2005-10-07 09:11
runaさん

>enzianさんの緊張感が伝わってきます・・・
試される日々・・・大変そうです((((((^_^;)

真剣勝負の連続で、気は抜けないけど、楽しいですよ^^v

>学生さんは自分のいる位置を測りたいのですね。
現状の座標における自身の位置を確認するのに的確な言葉をくれる存在として、enzianさんは信頼されてるのでしょう・・・

ふふっ。
Commented by enzian at 2005-10-07 09:44
anitya_oceanさん
お久しぶり

>「ほかにはないですか?」

って、聞かれたら、

「その台詞を言った心意気」

って、答えるかもしれん。


なるほど、その手があったか‥‥


>自分に興味を持つ気力が出来るのは、悪くないと思うから。

卑下より、多少、自惚れてた方が、いいんです。
そのせいで、転べるし、叩かれるし、イコール、チャンスにもなるから。まあ、犯罪にならない賢さは持ってて欲しいですけど。

言ったもん勝ち!?

そうです!!


同感。
Commented by enzian at 2005-10-07 09:48
(anitya_oceanさん、続き)

>で、私の、長所を、教えてください。

そちらで書こうと思いましたけど、コメント拒否だったので、
そらぁこちらで書け、とのことですね。
いい加減なことを書き散らかされても、いいのですね。
はい、わかりました。

わずかな文章を読ませてもらっただけですけど、
たくさんの点が思い浮かびます。
でも、少しだけ

・かすかな、ほのかなやさしさを見逃さない
 (人の心の機微がわかる)
・友人を大切にする
・人間を、世界を、信じている

ところで。
いつかcodaの特徴をあげてらしたでしょ。
あれはおもしろかった。毛繕い云々とか‥‥
anitya_oceanさん、codaが大好きでしょ?
Commented by anitya_ocean at 2005-10-07 11:30
先生

あれっ!?
コメント拒否してにゃいよ!?
ログインユーザーのみには設定してるけど、おかしいな・・???
だって、他の方のコメント、入ってたよ〜(泣
な、ワケで、気が向かれたら、また来て下さいね♪

ところで、ロンドン塔に自らをブチ込む心境で、ハラハラ答を待ってましたが、先生って、何て、慈悲深いの・・(再泣

codaですか?
ふんっ、もー、あんなの、憎たらしいだけですよ、古伊万里は、割るし、大事な画集は、爪研ぎに、使うし、カーテンに、ばりばりよじ登って、廃棄せざる得なくさせたり、我家を、毎日、犯行現場にする、ガッデムですよ!!事が発生する度に、てめえなんざ、三味線屋に、今日こそ、売り飛ばしてやらあ!!と、いつも、だっこして、ヨシヨシしてる、ウルトラ親バカなんです・・・・・・・・・(今も、膝の上で、丸くなっちょります。重い・・

うん、好き。
居なくなったら、私も、居なくなりたい位、大好き(このアホ〜〜〜!!!

お答え、本当に、ありがとうございました。
嬉しいです、すっごく、嬉しい。
何か、胸、締め付けられた・・(いい意味でロンドン塔
Commented by えほんうるふ at 2005-10-07 11:38 x
折々の人事考課で徹底的に自分の強み・弱みを考える、また人にそれを検証される…という企業にいたせいか、こういうことを考えるのは割と得意です。でも確かに興味のある相手ならいくらでも長所が思いつきますが、さほどよく知らない相手となると難しいですね。ただ単に「褒めどころを見つける」のなら、接客業をしていれば自然と身に付きますが(笑)

それにしても、(横レスですが)
「学生は、ぼくがどれほど自分を見ているのか、(中略)だからこそ、ぼくは間髪いれずに答える必要があるのです。」とはまあ、なんとも気の抜けない立場にいらっしゃいますね。哲学科の生徒さんて手強そうだし、テキトーにお茶を濁して逃げるわけにも行きませんね。でも考えたら「親」という仕事も同じかな。子どもは絶えず、親の愛情(=自分の存在価値)を確かめたがります。何気ない会話でも「試されている」ことをヒシヒシと感じることがあります。それこそ間髪入れずに答えなければ子どもを不安にさせます。幼いコドモは自信過剰ぐらいが健全だと思っているので、こっちも必死です。小1の娘は特に異様に勘が鋭く、矛盾を見つけて食い下がってくるのでけっこうなプレッシャーです(笑)
Commented at 2005-10-07 11:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-10-07 12:45
えほんうるふさん

>でも考えたら「親」という仕事も同じかな。子どもは絶えず、親の愛情(=自分の存在価値)を確かめたがります。何気ない会話でも「試されている」ことをヒシヒシと感じることがあります。それこそ間髪入れずに答えなければ子どもを不安にさせます。

そうですか。
ぼくは親という仕事をしたことがないので確かなことは言えませんが、
今の大学が学生にまずするのは、“しつけ” ですね(苦笑)

>なんとも気の抜けない立場にいらっしゃいますね

そうですね。
でも、楽しんでやってます。
好きでやってる仕事ですから(^^)
Commented by enzian at 2005-10-07 12:52
anitya_oceanさん

(*'-'*)エヘヘ

今見たら、コメント欄が復活してました、不思議。
Commented by enzian at 2005-10-07 12:54
鍵コメ2さま

ごめんなさい。ぼくはその方面にまったく詳しくないのです。
だから、基本的にはスルーしますが、
それにちょっとだけかすった程度の記事でよろしければ、
書いてみたいと思います。
Commented by enzian at 2005-10-07 13:07
【みなさんへ】

レスの誤字脱字は、それぞれ訂正してお読みください(T_T)
Commented by 座敷童 at 2005-10-07 17:03 x
お久しぶりです、ニニン。
私がよく考えてしまうのは、
自分が思うところの長所や短所
と周囲から見たときの長所や短所が、食い違ってるかもという時です。
自分を知らない人に、一発で明確なイメージを与える表現を選ばなくてはと考えます。
そうすると相手のことや不利益について考えて、計算的になってしまいます。
だから、就活の準備とかで自分以外の人間に
長所や短所を聞くのはいいと思いますですよ・・・。
で、二つ目の長所は自分で探すのです。
学生が先生に聞くならば、学校に行っていないときの自分から探し出せばいいのです。私が二つ目を聞かれたら
「私の見てないときの自分が何をしているか」から拾ってもらいます。
ちょっと離れた関係の人とかの方が聞きやすいですよね。
友人ではなく、知人とか上司とか。

ちなみに私の十年来の友人で、一ヶ月ぐらいに常に愚痴をよこす人がいます。
そのたびにその人の長所を聞かれます。
月刊誌連載作家の気分です・・・ネタがなくなる・・・。
逆にその友人に「じゃあ私の長所は?」って聞いたら
「愚痴聞いてくれるよね」と返ってくるのです。(私、献身的だったんだ・・・)
Commented by 006 at 2005-10-07 23:59 x
ちょっとそぐわない話ですが、

関西人はツレ(大好きな友達)のこと(長所)を誰かに話す時、

・「あ~、あいつは”アホ”やで~」
・「あ~、あいつは”変なヤツ”やで~」

と言いますね。

ここには「その人に強い興味をもって、しっかり見つめること」
の結論の全てが詰まっています。ツレはいいヤツ間違い無し!

コレには哲学は太刀打ちできませんね(笑
Commented by enzian at 2005-10-08 08:41
座敷童どの

ニニン。

>私がよく考えてしまうのは、
自分が思うところの長所や短所
と周囲から見たときの長所や短所が、食い違ってるかもという時です。
‥‥長所や短所を聞くのはいいと思いますですよ・・・。

なるほど。
問題点を指摘していることはわかります。
またそれがよく的を射ていることもわかっています。
しかし、いまはそれには答えにくいのだ、ワハハ。

>で、二つ目の長所は自分で探すのです。‥‥友人ではなく、知人とか上司とか。

ふむふむ。

>ちなみに私の十年来の友人で、一ヶ月ぐらいに常に愚痴をよこす人がいます。
そのたびにその人の長所を聞かれます。・・・・・
「愚痴聞いてくれるよね」と返ってくるのです。(私、献身的だったんだ・・・)

只で愚痴を聞いてくれるなんて、
そらやっぱり献身的な人だって!(^^)
Commented by enzian at 2005-10-08 08:45
006さん

わかる、わかる!
その場合の“アホ”とか“変なヤツ”には最大限の愛情が込められてますね。

>ここには「その人に強い興味をもって、しっかり見つめること」
の結論の全てが詰まっています。ツレはいいヤツ間違い無し!

まちがいなし、お墨付き。
哲学、出る幕なし(^^)
Commented by coeurdefleur at 2008-10-15 22:44
自分の長所が見つかりません(しくしく、
Commented by enzian at 2008-10-18 16:20
柊さん

それ、そこにあるじゃありませんか、
そこです。(けらけら

<< “小さな孤独” のススメ ファンの心理 >>