「まんが日本昔ばなし」

うれしいことがひとつある。明日から、かつてTBS系で1975年1月7日から1994年9月24日まで放送された「まんが日本昔ばなし」の再放送がはじまるのだ。そこでとりあげられた話のいくつかが成長期のぼくに強い影響を与えたことを思えば、個人的には感慨深い。

さすがに20年近くにわたって放送されたものすべてが再放送されるわけではないのだろう。どの話がピックアップされるのかはわからないが、望むらくは、有名どころの「‥‥ったとさ。めでたし、めでたし」なんてハッピーエンドパターンだけじゃなくて、さしてメジャーでもない、どうしてくれるのだ、この終わり方、この不条理、涙ジョーといった話もぜひ放送して欲しいものだ。天邪鬼のぼくの人格形成に影響を与えたのは、どちらかと言えば後者であったから。

by enzian | 2005-10-18 22:30 | ※テレビ・新聞より | Trackback | Comments(32)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/3643282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by meshi at 2005-10-19 00:42 x
私の「日本昔ばなし」の思い出と言えば・・・。
(私の)頭の中に、たくさんの声優さんがいて、
文字を見ると読んでくれます。(みなさん、そうですよね?)
長編小説だと、おぼろげに顔や性格まで見えてくるくらい
なり切ってくれるので、結構盛り上がりマス。
(今は小説だけじゃなく、ブログを読む時にも大活躍!)
でも、「日本昔ばなし」は、二人しか声優さんがいない。
なんで二人しかいないのか?
こっちとこっちが一緒でイヤだなぁ。(これが見せ場だったのに)
・・・と、そんなことばかっかり考えていました。アッハッハ

白い彼岸花は、街路樹の脇に一輪だけ咲いてました。
凛として、美しい立ち姿でしたよ♪
あっ、岐阜で「哲学占い」というお店を見かけました。
何をどう占ってくれるのか知りたい!!
Commented by aroomwithaview at 2005-10-19 09:24
大好きな番組でしたよ。
それから、主題歌!
いまだに、子供が寝るときに歌ってあげてたりするくらい!ちょっと高音キツイですが。

子供たちも“まんが日本昔ばなし”好きですね。あの声の調子を真似して読んであげるんです(ちょっとあの感じを出すのは、年齢的に難しい!?)

私は、ハッピーエンド系が好きでした。娘たちもそれぞれ好みがわかれます。
Commented by kaoruck at 2005-10-19 13:00
母方のおばが昔保母をやっていて、仕事で使っていたのか実家にこの番組のレコードがあります。本とセットになっています。子どもに本を見せながらレコードを流すのでしょう。

私は『おいてけ堀』の「お~~~い~~~て~~~け~~~(=д=」という声が恐くて、よく兄たちにその部分だけ繰り返し聞かされいじめられました。わたしが「ギャー!!やめてー!!!」と逃げ回るのを「はははっ」といって笑う兄たち。いい思ひ出です(笑)

見ていたのは保育園、小学校の時かなぁ。
だいぶ大きくなるまでたった二人の声優さんでやっていることに気がつきませんでした。
新聞で見たときは、「ひえ~~~!おか~さ~ん、ちょっとちょっと」という勢いでしたよ・・・。

aroomwithaviewさんと同じくハッピーエンド系がスキデス(`0´)!
Commented by gauche3 at 2005-10-19 13:33
> 天邪鬼のぼくの人格形成に影響を与えたのは、
> どちらかと言えば後者であったから。
はい・・・僕も同んなじで~す(^^ゞ

enzianさんはきっと、「ぼうや~ よいこだ ねんねしな~♪」の、
「ねんね」を替え歌にしていましたよね?(笑)
Commented by かっちん at 2005-10-19 17:09 x
ぼくはおじいさんとおばあさんが藁葺きのまずしい家の中で、きのこだか大根だかわからないけど菜っ葉などと一緒にゴトゴトと煮て食べていた食事風景が大好きです。あの光景を思い出すと、自然にお腹がグ~と鳴ってしまうのです。
Commented by 毒きのこ at 2005-10-19 18:38 x
TBSのホムペより
 【全39シリーズで、「一寸法師」「かちかち山」「こぶとり爺さん」といったポピュラーな昔話をはじめとする、延べ1467話を放送した『まんが日本昔ばなし』。今回はその中から、初期の名作を中心にセレクトして放送する。
「さるかに合戦」
「舌切り雀」
「八つ化け頭巾」
「火男」
「文福茶釜」
「たのきゅう」
「わらしべ長者」
「三年寝太郎」
「豆つぶころころ」
「笠地蔵」
「塩ふきうす」
 などから選りすぐりのラインナップを現在調整中。】・・・だそうです。

わたしは、お化け・もしくは理由(ワケ)ありの女性が、何かを起こし、村人がそれに巻き込まれて、そんでもって最後は消えるように去っていく・・・というシュチュエーションの話しに弱かったですね。哀愁漂う系のね。

>天邪鬼のぼくの人格形成に影響を与えたのは・・・

やっぱ、最終回は『enzian物語』を放送してほしいっす。(ニヤリ)
Commented by kozou_17 at 2005-10-20 15:03
TBさせてもらいました。
ボクは「ナルホドなぁ」というオチのある話が好きでした。
Commented by enzian at 2005-10-20 22:54
meshiさん

>(私の)頭の中に、たくさんの声優さんがいて、
文字を見ると読んでくれます。(みなさん、そうですよね?)
長編小説だと、おぼろげに顔や性格まで見えてくるくらい
なり切ってくれるので、結構盛り上がりマス。
(今は小説だけじゃなく、ブログを読む時にも大活躍!)

meshiさん、これはどういうことですか??
文字を読むときには、頭のなかで自分以外の人が読んでくれる、という意味ですか?
ぼくはぼくの声で頭のなかで読みますよ???

>白い彼岸花は、街路樹の脇に一輪だけ咲いてました。
凛として、美しい立ち姿でしたよ♪

ということは野生のものだったんですね。
それはすごいです。
ぜひ一度見てみたいものです。

>あっ、岐阜で「哲学占い」というお店を見かけました。
何をどう占ってくれるのか知りたい!!

へーどんなことを言ってくれるのでしょうね。
「あなたはソクラテスです!」とか言われても、??ですよね(^^)
Commented by enzian at 2005-10-20 22:58
aroomwithaviewさん

>それから、主題歌!
いまだに、子供が寝るときに歌ってあげてたりするくらい!ちょっと高音キツイですが。

大好きです(好き、って言ってるでしょ!(^^)
初回の放送の録画をさきほど見ました。
主題歌、やっぱりよかったです、しみじみ。。。

>子供たちも“まんが日本昔ばなし”好きですね。あの声の調子を真似して読んであげるんです(ちょっとあの感じを出すのは、年齢的に難しい!?)

いいですね。

>私は、ハッピーエンド系が好きでした。娘たちもそれぞれ好みがわかれます。

ハッピーエンドも好きですよ(^^)
Commented by enzian at 2005-10-20 23:03
kaoruckさん

>母方のおばが昔保母をやっていて、仕事で使っていたのか実家にこの番組のレコードがあります。本とセットになっています。子どもに本を見せながらレコードを流すのでしょう。

昔から幼児教育の教材として使われていたんでしょうね。

>私は『おいてけ堀』の「お~~~い~~~て~~~け~~~(=д=」という声が恐くて、よく兄たちにその部分だけ繰り返し聞かされいじめられました。わたしが「ギャー!!やめてー!!!」と逃げ回るのを「はははっ」といって笑う兄たち。いい思ひ出です(笑)

なんといい思ひ出なこと(^^)

>見ていたのは保育園、小学校の時かなぁ。
だいぶ大きくなるまでたった二人の声優さんでやっていることに気がつきませんでした。

kaoruckさんの性質を示すエピソードなのかな?

>aroomwithaviewさんと同じくハッピーエンド系がスキデス(`0´)!

フンだ。
おこちゃまにはシュールな世界はわかりませんよーだ :-P べぇー
Commented by enzian at 2005-10-20 23:06
猿夫さん

>はい・・・僕も同んなじで~す(^^ゞ

やっぱりわかる方にはわかるんですね、(・_・)/\(・_・)ナカマ

>enzianさんはきっと、「ぼうや~ よいこだ ねんねしな~♪」の、
「ねんね」を替え歌にしていましたよね?(笑)

はい。「かねだしな~♪」ですね(笑)。
「ねんねしな~♪」のままで「ねんね」の意味を変えても歌っていましたけど‥‥(爆)
Commented by enzian at 2005-10-20 23:09
かっちんさん

>ぼくはおじいさんとおばあさんが藁葺きのまずしい家の中で、きのこだか大根だかわからないけど菜っ葉などと一緒にゴトゴトと煮て食べていた食事風景が大好きです。あの光景を思い出すと、自然にお腹がグ~と鳴ってしまうのです

あ~わかる気がします。
芋粥とかでも美味しそうに見えました。

絵本にも食べ物が出てくるものがありますが、
子どものころは、食べるということに敏感なのかもしれないと思います。
Commented by enzian at 2005-10-20 23:13
毒きのこさん

>「さるかに合戦」
「舌切り雀」
「八つ化け頭巾」
「火男」
「文福茶釜」
「たのきゅう」
「わらしべ長者」
「三年寝太郎」
「豆つぶころころ」
「笠地蔵」
「塩ふきうす」

ありがとうです。名作ぞろいなんですね。
名作をまずもう一度見ることができるなんて‥‥幸せです。
改めて見れば、新しい発見があるかもしれないですね。
おもしろかったら、授業につかっちゃろ(^^)

>哀愁漂う系のね。

ふむふむ。

>やっぱ、最終回は『enzian物語』を放送してほしいっす。(ニヤリ)

ニヤリ返し!
Commented by enzian at 2005-10-20 23:14
kozou_17さん

>TBさせてもらいました。

ありがとうございます。

>ボクは「ナルホドなぁ」というオチのある話が好きでした。

そういうのもいいですね。
Commented by meshi at 2005-10-21 01:40 x
> meshiさん、これはどういうことですか??
> 文字を読むときには、頭のなかで自分以外の人が読んでくれる、
> という意味ですか?
> ぼくはぼくの声で頭のなかで読みますよ???

んーーー? そうなんですか?
もちろん、自分の中の自分が読むんですが、
声を違う人に置き換えてるんです。
聞こえているわけではないので、説明が・・・。
映画や舞台が大好きなので、そこからきた経験的予測かな?

共感覚のときと同じ理由ですね。(私だけですが)
私の場合は、気が付いたときには、文字に色がついて、
歌ったり動いたりする子供番組を見ていたので、
そういうふうに感じるのが普通でした。

たぶん本を読むのも同様で、「演技」の存在を知っているため、
年齢・容姿・性格などの描写が深くなってくると、
私の中のその人物も肉付けされ、映像と音声を伴います。
おおげさに言えば、本を読みながら、
頭の中で映画として再生されている感じかな?
だから、小説や漫画で読んでたものを映像化したときに、
「違うんだよなぁ〜」ってことが、よくあるんです。
(あっ、私、不思議ちゃんじゃないですよっ!)
Commented by enzian at 2005-10-21 20:43
meshiさん

>声を違う人に置き換えてるんです。
聞こえているわけではないので、説明が・・・。
映画や舞台が大好きなので、そこからきた経験的予測かな?

なるほど、よくわかりました。
経験からきた予測なんでしょうね。

>たぶん本を読むのも同様で、「演技」の存在を知っているため、
年齢・容姿・性格などの描写が深くなってくると、
私の中のその人物も肉付けされ、映像と音声を伴います。
おおげさに言えば、本を読みながら、
頭の中で映画として再生されている感じかな?
だから、小説や漫画で読んでたものを映像化したときに、
「違うんだよなぁ〜」ってことが、よくあるんです。

そういうことがもう完全に習慣化していて、
意識してなくてもそうなってしまう、ということなんですね。
わからないのですが、こういう方って多いのでしょうか。。。

>私の場合は、気が付いたときには、文字に色がついて

やはりここは不思議ですけどね。
ちなみに、不思議ちゃんというのは、
ぼくにとってはほめことばなので‥‥(^^;
Commented by chinchudo at 2005-10-21 23:20
替え歌のはなしを読んで思い出しました。そういえば
この番組のタイトル自体を読み替えてあそんでました。
「まんが日本昔は無し」って。
Commented by 座敷童 at 2005-10-22 00:41 x
これは名作です。
親戚に子供がいたらそれをダシにしてDVDでも買おうかと思っていました。
よく「いい人」役がハッピーエンドになって「悪い人」役が罰を受けますが、
私はいつも「めでたしめでたし」の後が気になって仕方がなくて、よく図書館で
民話集と比べてました。
舌切り雀の悪いお婆さんは舌を切られた後どうやって過ごしたのかなあ、とか。
是非、衛星放送あたりで「まんが日本昔話・エピソード2」出して欲しいですね。
‥‥同時刻に裏番組で。夏木マリがナレーションで。
Commented by kaoruck at 2005-10-22 00:51
>>見ていたのは保育園、小学校の時かなぁ。
>>だいぶ大きくなるまでたった二人の声優さんでやっていることに気がつきません
>>でした。

>kaoruckさんの性質を示すエピソードなのかな?

「真に受ける」という性質を現しているかと思われます(^^;
Commented by えほんうるふ at 2005-10-22 02:28 x
あれやこれやで(笑)楽しみにしていた第1回を見逃しちゃいましたよ…
並んだ坊主頭みたいな山々を「山肌に対して垂直に」ずんずん登っては降りて越えていくとか、冗談みたいなてんこ盛りのご飯をバクバク食べるとか、昔話の登場人物たちの飛び抜けてる行動様式がたまらなく好きです。
昔話での事象表現が何かと極端なのは、100年単位でジーサンバーサンが語り継ぐうちに伝言ゲームのように少しずつ脚色が入った結果ではないかと思ってます。だから面白くて当たり前!
Commented by enzian at 2005-10-22 08:54
chinchudoさん

>「まんが日本昔は無し」って。

シュールですね。
それは思いつかなかった(^^)
Commented by enzian at 2005-10-22 09:01
座敷童さん

>これは名作です。

あっ座敷童さんが手放しでほめているゾ。

>よく「いい人」役がハッピーエンドになって「悪い人」役が罰を受けますが、
私はいつも「めでたしめでたし」の後が気になって仕方がなくて、よく図書館で
民話集と比べてました。

物語にはいろいろなパターンがあるんだよね。
それに、放送用に編集されてもいる。

>舌切り雀の悪いお婆さんは舌を切られた後どうやって過ごしたのかなあ、とか。
是非、衛星放送あたりで「まんが日本昔話・エピソード2」出して欲しいですね。
‥‥同時刻に裏番組で。夏木マリがナレーションで。

たぶん、視聴率がとれずに、すぐ終わると思う(^^)。

>親戚に子供がいたらそれをダシにしてDVDでも買おうかと思っていました。

なんなら、お安くしておきますが (´ー`)y━・~
(ウソです、許して!)
Commented by enzian at 2005-10-22 09:05
kaoruckさん

>「真に受ける」という性質を現しているかと思われます(^^;

キャハハ、ガンガン(なんの音か、は説明略。)
利用されないようにねっ(逃げろ!)
Commented by enzian at 2005-10-22 09:10
えほんうるふさん

>あれやこれやで(笑)楽しみにしていた第1回を見逃しちゃいましたよ…

アワアワ。。。

>並んだ坊主頭みたいな山々を「山肌に対して垂直に」ずんずん登っては降りて越えていくとか、冗談みたいなてんこ盛りのご飯をバクバク食べるとか、昔話の登場人物たちの飛び抜けてる行動様式がたまらなく好きです。

なるほど、そういう視点がありましたか‥‥感心しきり。

>昔話での事象表現が何かと極端なのは、100年単位でジーサンバーサンが語り継ぐうちに伝言ゲームのように少しずつ脚色が入った結果ではないかと思ってます。だから面白くて当たり前!

鋭い。
そういうのって、宗教の経典にもあることですよね。
宗教学の世界では、「神話化」(大げさになること)と言いますが、
物語の世界にもあるってことなんですね、おもしろい。
Commented at 2005-10-22 19:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-10-22 20:58
鍵コメさま

だいじょーぶ!
電柱の影からそっと見てますって_・)ソォ-ッ
Commented at 2005-10-22 22:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-10-22 22:54
鍵コメさま

(^▽^ケケケ
Commented by 座敷童 at 2005-10-23 05:50 x
>あっ座敷童さんが手放しでほめているゾ。

ムヒャヒャ、では後続の文章に、以下()内の言葉をいれてみましょう。
(何故ならばいつも現実とはかけ離れた結末が訪れるからで)
(ついでに言うと、横で母親が「これって宇宙人だよ!」となんでもUFOに仕立てて)
(このアニメ、信じたら私の人生負けだなと、子供でも思ったから)
親戚に子供がいたら、この教材で同様の仕打ちをする気満々です。
「まんが日本昔話・リローデッド」です。座敷で、座敷童がナレーションです。
Commented by enzian at 2005-10-23 16:31
座敷童さま

>ついでに言うと、横で母親が「これって宇宙人だよ!」となんでもUFOに仕立てて

なるほど、そうやって早くから教育されていたわけですな。
「まんが日本昔話・リローデッド」=座敷童のつくられ方ですな。
そして、新しい座敷童をつくる。。。

Commented at 2005-11-03 21:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-11-03 22:29
鍵コメさん

ありがとうございます。
ぼくも同じことで、ほとんど指導を受けた記憶がありません。
一昔前の大学教員はどこもほぼそんな感じだったのではないでしょうか。

そういう意味では今の子はいたれり尽くせり状態だと思いますが、
自分で工夫してやってゆく、という学問のおもしろさを
知らないですんでしまうのかな、という気もします。
ここのところは心して指導しないといけないですよね。

<< 「美しい」とはどういうことか? 『ずーっと ずっと だいすきだ... >>