お人形さんのようにかわいい

電車のなか、四人の親子に出会う。お父さんアメリカ人、お母さん日本人、そして、三歳と四歳の姉妹(すべて、当方の推測)。娘たちは、おめかしして、ちょっとしたドレスのようなものを着せてもらっている。子どもがやたらと好きだというタイプではないが、自然と「お人形さんのようにかわいいなぁ」と思う。自分の気持ちにちょっとホッとする。

でも、「人形のようにかわいい‥‥」と感じるのには、違和感もある。もともと人間に似せて作ったはずのものに人間が似ている、と言って喜んでいるようなものだからだ。もともとなにかの意味で人間をモデルとして作ったはずのものが、いつしか途方もなく独り歩きして、それに似ていることを人間が誇るようなものになり、場合によっては、それに似ていることを迫ってきたり、似ていないことを罰したりする怪物のようなものとなることは、よくある。

by enzian | 2005-10-29 22:05 | ※通勤途中 | Trackback | Comments(28)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/3695706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 毒きのこ at 2005-10-29 23:22 x
も、もしかして enzian さんは・・・・
機械のカラダを持った哲学者なのですかぁ?!!!(驚愕っ)

 人間の願望、想いを凝縮した、憧れの創造物・・・人形

ただの人形なのに、不思議な力を秘めているかも。

>それに似ていることを人間が誇るようなものになり、場合によっては、それに似ていることを迫ってきたり、似ていないことを罰したりする怪物のようなものとなることは、よくある。

 このビビビっと来る、視点は思わず気になりました。お人形さんの未来形が、SFアニメ・映画に登場するアンドロイドとかロボットなのでしょうね。お人形さんを、優位にした態度が悪い方に行っちゃえば果ては、宇宙戦争まで巻き起こすかも!(スター・ウォーズの見すぎだ・・・反省。)
Commented by enzian at 2005-10-30 08:23
毒きのこさん

>も、もしかして enzian さんは・・・・
機械のカラダを持った哲学者なのですかぁ?!!!(驚愕っ)

だったらどうするっー、キコキコ(朝から変かな)

>人間の願望、想いを凝縮した、憧れの創造物・・・人形
ただの人形なのに、不思議な力を秘めているかも。

うん、秘めてそうだね。
ある意味、怖くなったりもするほどに。

>このビビビっと来る、視点は思わず気になりました。お人形さんの未来形が、SFアニメ・映画に登場するアンドロイドとかロボットなのでしょうね。

そうですね。
銀河鉄道999で、そういう機械の体を求めたりしてたかな。。。
Commented by toko_chai88 at 2005-10-30 16:57
「お人形さんのようにかわいい」

数年前にドイツ人男性と結婚して女の子を産んだ友人A。その子が3歳になった時、
初めて会いました。もう、息をのむような衝撃の美しさ!かわいすぎるっ!!
透明感のある柔らかくほんのり赤いほっぺた。大きなブラウンの瞳に長いまつげ。
正に「お人形さんのようにかわいい女の子」でした。

でも、うちは人形だめなんです。昔から。「本当の人形」は苦手なんです。怖いんです。
家にあったフランス人形とか日本人形とかが怖くて、その部屋に入ることもいやでした。

人間ならいいのに、「ホンモノ」のお人形さんはダメなんです。どーしてなんでしょ?
あ、「ホンモノ」は人間の方か。そっか。・・・とにかく、今でも人形は苦手です。
Commented by enzian at 2005-10-30 19:35
とこちゃいさん、リンクしました♪

>数年前にドイツ人男性と結婚して女の子を産んだ友人A。その子が3歳になった時、
初めて会いました。もう、息をのむような衝撃の美しさ!かわいすぎるっ!!
透明感のある柔らかくほんのり赤いほっぺた。大きなブラウンの瞳に長いまつげ。
正に「お人形さんのようにかわいい女の子」でした。

わかる。

>でも、うちは人形だめなんです。昔から。「本当の人形」は苦手なんです。怖いんです。
家にあったフランス人形とか日本人形とかが怖くて、その部屋に入ることもいやでした。

お人形のような‥‥はよくても、本物のお人形はダメなんですな。
ふむふむ。

>人間ならいいのに、「ホンモノ」のお人形さんはダメなんです。どーしてなんでしょ?
あ、「ホンモノ」は人間の方か。そっか。・・・とにかく、今でも人形は苦手です。

【R】(これ以降は、良い子は読んじゃダメだよ)

なぜでしょうかねぇ。
表情が変わらないから、人間というより死体のように思えるのかな、ギャー
う~ん。
Commented by えほんうるふ at 2005-10-30 23:29 x
女は年齢に関わらず「人形のフリ」が得意ですし、ましてや相手が外国人だと余計惑わされますね(笑)
でも、「人形のように整ったもの」に違和感を感じるのは人間としてとても正常な感覚ですよね。完全無欠なルックスを追求しはじめたら最後、人はかなりの確率で不幸になるような気がします。美少女フィギュアにのめり込む人は生身の人間の不完全さを愛するのは難しいだろうし、マイケル・ジャクソンなんて、まさに「永遠に幸せになれない人」の一例かも。
Commented by 座敷童 at 2005-10-30 23:37 x
どんなお人形さんかにもよりますよぅ。
まあ「お顔が整っている(線対称である)」という意味で使うなら、
博多人形とか、ビスクドールとか。
裏を含んで「無表情だなあ」となると、雛人形とかになるのかも知れません。
そういえばアメリカには「バービーに近づくために美容整形をし続ける」
モデルさんがいらっしゃいますね。
人形も一個の人格をもったもの、って事かも知れません。
人間がそうすることを望んで作ったものですし。(量産品であっても)
だから、カワユイお子様を見たときは「お人形なんかよりかわいい」でいいのでは⋯⋯。
「人形のように」が曲者で。

ちなみに私は“ヒトガタ”を持つことが禁止されてました。
(今も)
Commented by ka-3 at 2005-10-31 10:21 x
enzianさん、こんにちは。
私も電車に乗ると、周りにいる人を観察するのが大好きで、勝手にその人の生活ぶりを想像したり、これからこの人はどこに行くんだろう・・・なんて想像して楽しんでいます。ちょっと変でしょうか?
たまに本当に可愛い「お人形さんのような」女の子とかいますよね。でも、かわいいけど、ちょっと近寄りづらい・・・。「お人形さんのような」という枕詞を付けられて、きっとこの子はこれからずっと大きくなるんだろうなと思うと、ちょっと同情したりします。人間ではない人形として形容されることを・・・。
そんなことを考えるのは、単なるひがみかもしれませんね(笑)
Commented by toko_chai88 at 2005-10-31 17:32
リンクおおきに☆(。^▽^。)わーい♪
R指定のお返事にドキドキ♡

エンツィアン「人間というより死体のように思えるのかな、ギャー」
とこちゃい「あ?え?死体!?Σ( ̄ロ ̄;)がーん!」

エンツィアンさんって意外とイケズかも知れない・・・(T_T)
(「全然意外じゃないよ」との声が聞こえたり?)
Commented by enzian at 2005-10-31 23:28
えほんうるふさん

>女は年齢に関わらず「人形のフリ」が得意ですし、

あぅそうなんですか! ((((゜Д゜;))))

>でも、「人形のように整ったもの」に違和感を感じるのは人間としてとても正常な感覚ですよね。完全無欠なルックスを追求しはじめたら最後、人はかなりの確率で不幸になるような気がします。

完全無欠なルックスを追求し始めたら、
行き着く先は、ほぼ不幸なのか‥‥なるほど。
だから、無意識のうちに、そういう不幸を避けようと、
「人形のように整ったもの」に違和感を感じるのかもしれませんね。

とこちゃいさ~ん、
こちらの方が人形が怖いことの理由として説得力があるよ~(^^)
Commented by enzian at 2005-10-31 23:34
座敷童さん

>どんなお人形さんかにもよりますよぅ。
まあ「お顔が整っている(線対称である)」という意味で使うなら、
博多人形とか、ビスクドールとか。

日本人形に似ている、というと、
生生しくて、ちょっと怖い感じがするね。

>そういえばアメリカには「バービーに近づくために美容整形をし続ける」
モデルさんがいらっしゃいますね。

テレビで見たことある。

>だから、カワユイお子様を見たときは「お人形なんかよりかわいい」でいいのでは⋯⋯。「人形のように」が曲者で。

して、その□□は何なの?

>ちなみに私は“ヒトガタ”を持つことが禁止されてました。
(今も)

もってしまうと、念を入れて、髪の毛が伸びてしまうから、
とかそういうコワ~イ理由を言うんじゃないだろうねヽ(;´Д`)ノ
(オカルト、断固反対!!)
Commented by enzian at 2005-10-31 23:38
ka-3さん、こんばんは。

>私も電車に乗ると、周りにいる人を観察するのが大好きで、勝手にその人の生活ぶりを想像したり、これからこの人はどこに行くんだろう・・・なんて想像して楽しんでいます。ちょっと変でしょうか?

いえ、わたくしも楽しんでおります^^

>たまに本当に可愛い「お人形さんのような」女の子とかいますよね。でも、かわいいけど、ちょっと近寄りづらい・・・。「お人形さんのような」という枕詞を付けられて、きっとこの子はこれからずっと大きくなるんだろうなと思うと、ちょっと同情したりします。人間ではない人形として形容されることを・・・。
そんなことを考えるのは、単なるひがみかもしれませんね(笑)

ひがみじゃないと思います。
その視点はぼくにはなかった‥‥
そういう風に言われ続ける子どもの気持ちの視点が。
最初はいい気分に感じたりするかもしれませんが、それが続くと、
だんだんとイヤになってくるかもしれませんね。なるほどね!
Commented by enzian at 2005-10-31 23:41
とこちゃいさん

>リンクおおきに☆(。^▽^。)わーい♪

どういたしまして、☆(。^▽^。)わーい♪

>R指定のお返事にドキドキ♡

どきどきさせてもーた。

>エンツィアンさんって意外とイケズかも知れない・・・(T_T)
(「全然意外じゃないよ」との声が聞こえたり?)

みんなに聞いてみてください。
たぶん、「見てのとーりだ」という大合唱の答えが聞こえるでしょうて。
フンだ!
Commented by hiruu at 2005-11-01 00:23
「まあかわいい!お人形さんみたいねー」と言われて育った子は大人になったら不細工になるんですって。うちの母がよく言ってました。
子供の頃にあまりにも顔のつり合いがとれていると、成長するに従ってそのバランスが崩れてくるので、反対に多少不細工な方がだんだんと整ってくるように見えていいんですって。
Commented by 座敷童 at 2005-11-01 00:40 x
□□=三点リーダ×2個=・・・・・・
と思われます。
上手く変換されてないのですね。もうダメかもです・・・私のマシン。

>ヒトガタ禁止令
いや、髪が伸びるとかじゃなくて、業務用だから(ちなみに紙製品)ダメらしいですよ。
Commented at 2005-11-01 00:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-11-01 18:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-11-01 18:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toko_chai88 at 2005-11-01 19:11
とこちゃい「人間ならいいのに、「ホンモノ」のお人形さんはダメなんです。」
エンツィアン「表情が変わらないから、人間というより死体のように思えるのかな」
えほんうるふ「「人形のように整ったもの」に違和感を感じるのは人間としてとても正常な感覚ですよね。」
エンツィアン「こちらの方が人形が怖いことの理由として説得力があるよ~(^^)」
とこちゃい「ほんとだぁ☆ そっかぁ、完璧さが怖かったんかぁ♪(。^▽^。)」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とこちゃい「お人形さんはダメなんです。どーしてでしょうか?」
エンツィアン「人間というより死体のように思えるのかな、ギャー」
とこちゃい「エンツィアンさんって意外とイケズかも知れない・・・(T_T)」
(「全然意外じゃないよ」との声が聞こえたり?)
エンツィアン「「見てのとーりだ」という大合唱の答えが聞こえるでしょうて」
とこちゃい「爪隠してはるから全然見えない♪」
(みなさんには見えてはるんやろか?)
Commented by enzian at 2005-11-01 21:53
hiruuさん

>「まあかわいい!お人形さんみたいねー」と言われて育った子は大人になったら不細工になるんですって。うちの母がよく言ってました。

へ~そうなんですか。
初めて聞きました。

>子供の頃にあまりにも顔のつり合いがとれていると、成長するに従ってそのバランスが崩れてくるので、反対に多少不細工な方がだんだんと整ってくるように見えていいんですって。

なるほど‥‥美形の子役なんかを考えると、そうなのかもしれませんね。

それと、みなさんのお話を聞いていると、
ひょっとすると心理的な要素も影響するのかな、
とも思いはじめました。
Commented by enzian at 2005-11-01 21:54
座敷童さん

>□□=三点リーダ×2個=・・・・・・
と思われます。
上手く変換されてないのですね。もうダメかもです・・・私のマシン。

いえ。マシンの問題でなくて、エキサイトの問題だと思う。

>>ヒトガタ禁止令
いや、髪が伸びるとかじゃなくて、業務用だから(ちなみに紙製品)ダメらしいですよ。

業務用なのか‥‥
Commented by enzian at 2005-11-01 22:00
鍵コメ1さん

あのね、ぼくの印象だけどね、
ぼくはそんなことまったく思わなかったよ。
それは、見る目のない人が言った言葉なんじゃない?
ちゃんとあったよ‥‥それに難解じゃないし(そう言われると傷つくかな?)

>キャラ

なるほど。

そうだね、使わないほうがいいと思う。
今回いただいたコメントで、それを教えられた。
言われ方としては、
一種のレッテルを貼られるのだからね‥‥迷惑千万な話。
Commented by enzian at 2005-11-01 22:10
鍵コメ2、3さん

あの、そういう力作コメントを鍵にされてしまいますと、
レスのしようがないのですが‥‥(^^;

思いつくままに。
魂と鼓動とぬくもりと血液の流れのある生物には、変容が許されている。
たとえそれが腐り、朽ちることであっても。
なにかがそのもの自身のものとして許されている。

変容は変化でもある。
人形は完成品、変化を容れる余地はない。
それ自身のものでない何かによって操作されるのみ。
その何かとは、所有という欲求。
その欲求にただ操られるのみ。

幼子は一人の生物であり、人間。
それは完成されたものではなく、途上にあるもの。
大人以上に途上にあるもの。
変化を容れる可能性のあるもの。
Commented by enzian at 2005-11-01 22:14
(鍵コメ2、3さん、続き)

お人形のよう‥‥ということには違和感があっても、
当人がお姫さまの夢をもつのは、よいことですね。
一生に多分一度の夢の舞台もいい。

たおやかなお姫さまと、固い木のおもちゃ。
ぬくもりのあるものとぬくもりのないもの。
やはり、ぬくもりのあるものを自然と求めるようで^^
Commented by enzian at 2005-11-01 22:19
とこちゃいさん

会話形式爆発やなぁ。

>とこちゃい「爪隠してはるから全然見えない♪」
(みなさんには見えてはるんやろか?)

ギーコ、ギーコ(なんか研いでる!)
すぐに見えてきまっせ~、ギャー
Commented by harry_hk at 2005-11-01 22:24
一言で。。。

理想的なものって、普遍的にしようとするから、結局、現実的ではない。
ということなんでしょうね。
とほほほほほ・・・(意味不明=秋だから=メランコリック=そっとしておいて)


NHKでやっていた、人形劇の三国志人形が欲しいです。
でも、ちょっと前にフィギアとか買ってしまったような・・・。
バットマンも欲しいな。
Commented by enzian at 2005-11-01 22:44
ハリーさん

およっ!ハリーさんがこんな記事にコメントしてくれるとわっ!

>理想的なものって、普遍的にしようとするから、結局、現実的ではない。
ということなんでしょうね。

なるほど、なるほど。
普遍的なものを目指しているものが現実的でない、
よそよそしいものであることを知っているから、
具体的であるはずの一人の人間を人形になぞらえることに違和感を感じている
のですね。御見事。

>NHKでやっていた、人形劇の三国志人形が欲しいです。
でも、ちょっと前にフィギアとか買ってしまったような・・・。
バットマンも欲しいな。

アカデミックな話かと思ったら、
けっきょく、そこに落ち着くのね(^^;
Commented by harry_hk at 2005-11-01 23:09
ええぇ、わかりましたよ~。
じゃあ、マジメに答えますよ~~~~(笑)

今回は、人形というか「ひとがた」の話かと思っていたのですが、どうもそうではないような気がして。
それで、ふと思ったのが、シュルレアリスム:超現実主義でした。
名古屋市美術館でもうすぐ、レオノール・フィニ展をやるみたいですし。
極端な「現実」は現実性がないのだと思いますよ。
でも、その境界線が難しいと思いますけれど・・・。
語れば語るほど分からなくなるカタルシス(少しオヤジギャグを入れて)

以前、画家の「フェルナン・クノップフ」を紹介したと思うのですが、上の記事はそんなことも思い出しますし。



・・・えっ!? マジメじゃないって!!!
だって、恥ずかしいんだもん(#^▽^#)
Commented by enzian at 2005-11-01 23:16
ハリーさん

>極端な「現実」は現実性がないのだと思いますよ。

お~それは深い話だ。
極端な「現実」ほどウソクサイものはないかもしれないですね。

>それで、ふと思ったのが、シュルレアリスム:超現実主義でした。

その考え方で行くと、
シュルレアリスムの方が現実性をもっていることもある、ということですかね。

>でも、その境界線が難しいと思いますけれど・・・。

そうですね。

>以前、画家の「フェルナン・クノップフ」を紹介したと思うのですが、上の記事はそんなことも思い出しますし。

一度見たら忘れられない絵ですよね。
それはある意味、ぼくにとって現実的だということだろうか‥‥う~ん。

>・・・えっ!? マジメじゃないって!!!
だって、恥ずかしいんだもん(#^▽^#)

ムムッ、それはぼくの芸風だもん!

<< 誇りのストック 砂浜でコロンコロン >>