カメムシ警報

ひとりの学生が、とある地方には、この時期(もちょっと前かな)、“カメムシ警報” ってのが発令されるのだ、と授業中しきりに主張していた(どんな授業をしてるのだ?)。冬の前には、カメムシが越冬のために屋内に入ってきて(カメムシって越冬したっけ?)、とにかくなにをやっても四六時中カメムシ臭くて仕方ないとのこと。「カメムシ注意」という看板もあって、下手をすると食べてしまうくらいうじゃうじゃいるらしい。学生の知り合いは三回食べたという。

「メンダー」を食べたという学生もいた。メンダーはタイ辺りで食用にされる昆虫で、タガメ(タガメはカメムシの系統)の一種だと思う。タガメをご存知ない方は、カメムシを巨大にして、他の昆虫を捕食するカマをくっつけたような、水棲の肉食昆虫だと思っていただければよい。メンダーには強い香りがあって、それをタイの人たちは好むらしいけど、学生は「もう食べたくない」と言っておった。ぼく自身、できることなら昆虫は食べたくないものだ。なぜイヤなのか?と問われれば答えにくいけど、たぶん、節がたくさんある系統のものが苦手なのだろう。サソリとかムカデかクモとかとは、あまり仲良くしたくない。

とはいっても、カニやらエビやらには目がないのだから、われながら勝手なものだと思う。まぁ、小さいときからクモを塩茹でして、酢かなんかにつけて食べ慣れていたら、「いやぁクモには目がないんですよね~とくにあのクモ味噌なんてたまらないでしょう。クモ好きがこうじて、冬には “クモクモエキスプレス” に乗って、クモ三昧のゼミ旅行に行くぐらいなんですよ、かっかっかっ!」なんて同僚たちと話すことになっていたんだろうな。クモがもう少し大きくて身だくさんだったら、クモとカニの立場は入れ替わっていたのかもしれない。よかったね、クモ。

by enzian | 2005-12-09 00:26 | ※その他 | Trackback | Comments(25)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/3881462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by unnyo8739 at 2005-12-09 09:31
心底どうでもいい話なのですが、
カメムシのあの臭いは自分自身にも有害らしく、
臭い発生状態のカメムシを密閉すると、
その臭いで死んじゃうんだそうです。
Commented by 毒きのこ at 2005-12-09 10:52 x
 何を食べるようになっていったのかって・・・大昔からの選択の連続の奇跡っぽい感じがしますね!見た目とか、たまたまおいしかったとかetc・・・植物類は動かないのでチャレンジ精神が低くてもよさそうですけど、動く系だと初めてトライした人はドッキドッキものだったかもですね~そんでもって、見た目グロくても美味なのを発見すると英雄あつかいになったりしてっ!・・・こんだけ飽食の時代だと、そういう意味でのドキドキ感って減ってきたのかな~
 ちなみに、子どもの頃田んぼでとった【イナゴ】を食べました。布の袋に入れて、熱湯でサッと湯がいて羽とかをむしって、醤油と砂糖で甘辛く佃煮風にして・・・ぎゃーっ。

(カメムシのこと見つけちゃった)
http://varsan.lion.co.jp/kame/kame01.htm
Commented by enzian at 2005-12-09 14:54
unnyo8739さん

>心底どうでもいい話なのですが、
カメムシのあの臭いは自分自身にも有害らしく、
臭い発生状態のカメムシを密閉すると、
その臭いで死んじゃうんだそうです。

ということは昆虫にとっては有害な臭いなんでしょうね。
人間には有害なんでしょうか‥‥
Commented by enzian at 2005-12-09 14:58
毒きのこさん

>何を食べるようになっていったのかって・・・大昔からの選択の連続の奇跡っぽい感じがしますね!

奇跡、偶然の連続かもしれませんね。

>見た目とか、たまたまおいしかったとかetc・・・植物類は動かないのでチャレンジ精神が低くてもよさそうですけど、動く系だと初めてトライした人はドッキドッキものだったかもですね~

ドッキドッキだったでしょう。
いいのを見つければ英雄だったかもしれませんね。
その人の名前がつけられたりして‥‥

>ちなみに、子どもの頃田んぼでとった【イナゴ】を食べました。布の袋に入れて、熱湯でサッと湯がいて羽とかをむしって、醤油と砂糖で甘辛く佃煮風にして・・・ぎゃーっ。

ぎゃーっ!(逃走しました!)
Commented by htoritori at 2005-12-09 15:12
戦争中、母は女学校で同級生にイナゴの佃煮を勧められたけど食べられなかったって言ってました。想像してもオソロシイ時代です。トリの足とかもグロテスクでわたしは頂きません・・・先生、しごと暇なんですか?
Commented by meshi at 2005-12-09 17:50 x
虫はまだ食べたこと無いんですが、きっと食べれると思います。
栄養価も高いようですし、中国では専門店もあったような?
だって、納豆もクサヤもなれ鮨も、腐ってるじゃないですか。
あ〜〜〜んなクサイものを食べれるんだから、虫なんて軽いですよ!
でも、私は全部食べれられないので、無理かも。ワハハ
揚げれば、カワエビの唐揚げのようにイケルかも?

話しは飛んでしまいますが、くまの絵本買いました!
夜中にさっと読んだだけなので、今日ゆっくり読む予定です。
くまの気持ちが伝わるような、ダークトーンの絵がいいですね〜。
顔だけ毛を剃ったくま・・・悲哀がにじみ出てたなぁ。
Commented by enzian at 2005-12-09 19:55
毒きのこさん

リンク先を見たと言うのを忘れてました。
知らなかったことがあって、それを参考にして、
記事に書き加えたりなんかしたのでした。
ありがと。
Commented by enzian at 2005-12-09 19:58
htoritoriさん

>戦争中、母は女学校で同級生にイナゴの佃煮を勧められたけど食べられなかったって言ってました。想像してもオソロシイ時代です。トリの足とかもグロテスクでわたしは頂きません

イナゴの佃煮が「オソロシイ」ということですか?
だとしたら、ぼくは、戦争の時代を作った精神の方が「オソロシイ」ですね。
Commented by enzian at 2005-12-09 20:02
meshiさん

>虫はまだ食べたこと無いんですが、きっと食べれると思います。
栄養価も高いようですし、中国では専門店もあったような?

中国には専門店があるようですね。

>だって、納豆もクサヤもなれ鮨も、腐ってるじゃないですか。
あ〜〜〜んなクサイものを食べれるんだから、虫なんて軽いですよ!

あの~そういう問題でしょうか?^^

>でも、私は全部食べれられないので、無理かも。ワハハ
揚げれば、カワエビの唐揚げのようにイケルかも?

揚げれば、たぶん、どんなものでも同じような感じでしょうから、
味としては大丈夫でしょうね。

>話しは飛んでしまいますが、くまの絵本買いました!
夜中にさっと読んだだけなので、今日ゆっくり読む予定です。
くまの気持ちが伝わるような、ダークトーンの絵がいいですね〜。
顔だけ毛を剃ったくま・・・悲哀がにじみ出てたなぁ。

買いましたか。
あの顔を剃ったところ、悲哀たっぷりだったでしょ。
Commented by htoritori at 2005-12-09 20:05
いいえ、佃煮は象徴です。オソロシイ・・・ことは勘弁願いたいです。
Commented by 座敷童 at 2005-12-10 01:48 x
何でも食べるよいこ、座敷童です。
新潟の方にスキーに行ったときは、山荘の壁にびっしりカメムシが宿泊していたのですが、
相部屋で寝ましたよ。
ちなみにカメムシはにおわない種類もいるので、そいつは飼えます。
何でも食べる(体に悪いものも)という。魚みたいな脳味噌なので、
クモだろうとカニだろうと変わりません。
きっとお腹が空いてたらどっちもデリーシャス!だと思います。
というか、デリーシャス!を通り越した、食べることの至福がそこにあると思うだけで、
水族館も昆虫館も食の博品館でございます・・・。

ジョイント系が苦手なら、きっとキャタピラー系はいけるって事ですよね?
ね?
Commented by hiruu at 2005-12-10 02:50
人間が美味と感じるものは、猫だってきっと美味しいんだと思う。だから、猫が好むものは人間にとっても美味しいはず。

以前、庭によく出入りしていた野良猫なんですが、餌をやったりやらなかったりして半分飼っているような状態だったのです。だから、お腹が空いたときに餌が無ければ虫とかトカゲを食っていました。
トカゲはあまり美味しくないのか、いつも上半身を残していました。チョウやセミも胴体だけで羽は残していました。ブイブイはよっぽど美味いのかシャリシャリいわせてきれいに食っておりました。この時代にイナゴなんかがいたら、きっと目の色変えて食べるんじゃないかな。でもカメムシは食べなかったですねぇ。
キモイ話ですみません(^^;)
Commented by htoritori at 2005-12-10 09:42
先生、今日はお歳暮のカニを買いに行く予定です。先生のおかげでカニがクモに見えるのではと心配です。それにカニ味噌の大好きな私の脳に、「あー、クモ味噌だあ」としっかりインプットされてしまいました。なんとかしてください。プフッ。
Commented by enzian at 2005-12-10 11:17
よいこの座敷童さん

>新潟の方にスキーに行ったときは、山荘の壁にびっしりカメムシが宿泊していたのですが、相部屋で寝ましたよ。

あら、風流ですな。

>何でも食べる(体に悪いものも)という。魚みたいな脳味噌なので、
クモだろうとカニだろうと変わりません。
きっとお腹が空いてたらどっちもデリーシャス!だと思います。
というか、デリーシャス!を通り越した、食べることの至福がそこにあると思うだけで、
水族館も昆虫館も食の博品館でございます・・・。

食い意地がはっているというか、
自然を食材(贖罪と変換されるのだ)を見てしまうという傾向は
わたくしにもあります。
でも、水族館が食の宝庫であることは認めるけど、
昆虫館はね‥‥
両生類なみの脳味噌はもっているようです^^

>ジョイント系が苦手なら、きっとキャタピラー系はいけるって事ですよね?
ね?

むむっ、ヤダッ。
Commented by enzian at 2005-12-10 11:24
hiruuさん

>人間が美味と感じるものは、猫だってきっと美味しいんだと思う。だから、猫が好むものは人間にとっても美味しいはず。

かなり無理のある論理ですが、御意にしたがいましょう^^

>以前、庭によく出入りしていた野良猫なんですが、餌をやったりやらなかったりして半分飼っているような状態だったのです。だから、お腹が空いたときに餌が無ければ虫とかトカゲを食っていました。

あの~そういう思わせ振りな飼いかたは、
かえってかわいそうなような気もしますけど‥‥
ああ~

>トカゲはあまり美味しくないのか、いつも上半身を残していました。チョウやセミも胴体だけで羽は残していました。ブイブイはよっぽど美味いのかシャリシャリいわせてきれいに食っておりました。‥‥

ふむふむな話です。
九州とか沖縄ではセミを食べるようですよ。

ところで、方言、発見にございます!
「ぶいぶい」ってなんでしょうか?
たぶん、カナブンのことですよね。
京都では「ぶんぶん」と言います!
Commented by enzian at 2005-12-10 11:37
htoritoriさん

>先生、今日はお歳暮のカニを買いに行く予定です。先生のおかげでカニがクモに見えるのではと心配です。それにカニ味噌の大好きな私の脳に、「あー、クモ味噌だあ」としっかりインプットされてしまいました。なんとかしてください。プフッ。

お歳暮を買う限りは、さしつかえないでしょう。

それと、ここでは先生と生徒という立場でものを言っているわけではないので、
(じっさいに会って、なんらかの指導をした人についてはそういう口調を使いますが)
「先生」はやめていただきたく思います。
Commented by tomo-ru1225 at 2005-12-10 19:38
こんにちは。
余談ですが、私はイナゴの佃煮 好きです^^;
イナゴって言わなければ 川エビみたいなもんです。
おもしろいものですね。
確かに、昆虫はさすがに食べられないって思いますけど
これ絶対に食べられないだろうって思っていたものが
食べてみれば意外とおいしいモノもあります。
人の思考がそれぞれの嗜好を生み出すのですね。
ダメって思ったらダメなモノだし
OKって思えばOKなんですよ きっと。
食べ物の好き嫌いだって きっとそういうものなのでは。
とりとめなくなっちゃって ごめんなさい・・・
Commented by enzian at 2005-12-11 08:25
tomo-ru1225さん、おはよう。

>余談ですが、私はイナゴの佃煮 好きです^^;
イナゴって言わなければ 川エビみたいなもんです。

川エビの佃煮は好きなので、
食べてみようかな‥‥やっぱりどうしようかな‥‥^^

>おもしろいものですね。
確かに、昆虫はさすがに食べられないって思いますけど
これ絶対に食べられないだろうって思っていたものが
食べてみれば意外とおいしいモノもあります。
人の思考がそれぞれの嗜好を生み出すのですね。
ダメって思ったらダメなモノだし
OKって思えばOKなんですよ きっと。
食べ物の好き嫌いだって きっとそういうものなのでは。
とりとめなくなっちゃって ごめんなさい・・・

なるほど、思考が嗜好を生み出すのでしょうね。
きっとなせばなる、でなんとかしようと思えばなんとかるのでしょう。
でも‥‥今はやめとこ(ボソッ)
Commented by lamusique at 2005-12-19 01:14
クモクモエキスプレス・・・(´∀`)。
去年、城之崎に蟹を食べにいきました。もう一生食べなくていい等といいながら、腹をさすって帰路につきましたが、この時期になるとまた食べなるから不思議です。

ところで、タラバガ二だったか何かは、蜘蛛と同じ種類なんだというふうに聞きました。
甲殻類の中でも、蜘蛛と同系列の蟹とそうでもないのがいるらしいのです。そう考えると、蜘蛛ミソも案外おいしかったりしてなんて考えてしまいます。
Commented by enzian at 2005-12-19 22:51
lamusiqueさん

>クモクモエキスプレス・・・(´∀`)。
去年、城之崎に蟹を食べにいきました。もう一生食べなくていい等といいながら、腹をさすって帰路につきましたが、この時期になるとまた食べなるから不思議です。

関西在住でなくてご存知ない方もおられるかもしれませんが、
カニカニエキスプレスという電車が、大阪や京都から山陰へ向けて冬の間、
運行しているんですよね。冬の城之崎と言えば蟹ですね!

>ところで、タラバガ二だったか何かは、蜘蛛と同じ種類なんだというふうに聞きました。
甲殻類の中でも、蜘蛛と同系列の蟹とそうでもないのがいるらしいのです。そう考えると、蜘蛛ミソも案外おいしかったりしてなんて考えてしまいます。

えっ本当ですか?
タラバガニはカニというより、ヤドカリの仲間なのですが、
クモ系のものもいるのですか?
クモガニっていうのはいたと思うのですが‥‥

ちょっと、なにかの拍子で歴史が変わっていたら、
クモ味噌を食べているかもしれませんね。
Commented by coeurdefleur at 2006-12-12 22:27
リンクしている北海道の男性は友人のお土産でタガメを食べたそうですが、
フルーティーで美味しかったと書いていました。
カメムシの仲間って知っていました?って聞いたら驚いていましたっけ^^
カメムシやテントウムシは、寒くなると屋内に入り込んで壁から天井付近に
ウヨウヨしちゃうので不快害虫とされています。
家の方ではそれはありませんが、マメ科の植物を植えている畑が近くにあるらしく
秋になると洗濯物を取り込む時には要注意です。
一番臭いと言われるマルカメムシがとまっているの。
気をつけたつもりでも密かに隠れていて夜にドヒャンと驚きます。
ヘタに刺激するとしばらく悩まされちゃうから^^;
うっかりするとタンスの中で死んでいたり~(笑)


Commented by coeurdefleur at 2006-12-12 22:33
ネームカードはね、登録すると写真の容量が1GBに増えちゃいます。
スライドショーが作れます。
子供だましのアクセス解析がついていて、リンク元や検索ワードなどを教えてくれます。
お友達登録をすると、そのお友達とメッセージの交換(ミニメールみたいなの)ができます。
その他モロモロ。
まだだったのですか?@@;
Commented by enzian at 2006-12-12 23:36
柊さん

友人のお土産ってのはタイのメンダーのことですか?
日本のタガメじゃないですよね、きっと。

ぼくの住んでいるところはマルカメムシがとても多いところで、
秋になると、洗濯物がカメムシだらけになってますよ。
いつだったか、庭で枝豆を作ったときはカメムシで
枝豆の地肌が見えないようになっておった。
ぼくはあんまりカメムシの匂いが気にならないのでいいのだけど。

>ネームカードはね、登録すると写真の容量が1GBに増えちゃいます。
スライドショーが作れます。

そっかー
写真ブログの方は不可欠なのかもしれませんね。

>お友達登録をすると、そのお友達とメッセージの交換(ミニメールみたいなの)ができます。その他モロモロ。

そのメッセージ交換というのが興味津々です。
Commented by coeurdefleur at 2006-12-13 01:34
はい、タイのお土産にタガメとゲンゴロウ。
パーティーを開いて皆さんで試食なさったそうです^^

カメムシ自身も死んでしまうほどの臭いが気にならないなんてツワモノ~
あれは羽を広げたり畳んだりのシステムがおもしろいけれど、匂いはやっぱり・・・
プランターで枝豆だけは作らないようにします^^;

>そのメッセージ交換というのが興味津々です。

そんなこと言ってるとメッセージが山のように届いてしまいますよ~(笑)
メールと同じなのに手軽なイメージがあります。
Commented by enzian at 2006-12-13 23:03
柊さん

タイはゲンゴロウも食べるのですよね。
日本じゃゲンゴロウなんて、ほとんど見ることができないのに‥‥

関係ないけど、ある意味、柊の季節ですね。

<< 朽ちてゆくハト 幕の内男 >>