悩みの相談員

有名人による悩みの相談室というのはどこのメディアでもやっていると思うけど、ぼくにはこういう “相談員” をあまり信用していない節がある。以前は相談者の言うことをろくろく聞かずに、自分の価値観を押し付ける暑苦しい人が多かった気がするけど、ここ何年かは、相談を受ける前にとりあえず臨床心理学もどきというか、一億総カウンセラー系(?)の本をかじってからはじめる人が多いらしく、いかにも相手の言うことをよく聞いていますよ、受け入れていますよ、というような常套句からはじめる “型” どおりの対応をする人が多くて、「素人なんだから、カウンセラーを装う必要もないだろうに‥‥」などと余計なことを考えてしまう。

そんなこんなで悩みの相談室系コラムは素通りすることにしているのだけど、この方の回答なら読まずにおけないという人もいる。ひとりは重松清(以下、敬称略)で、この方のことは「今週のピックアップ・ブロガー」のインタビューで書いたので、そこをお読みいただくとして、もうひとりはピーコだ。どこがいいのかと問われれば、厳しいなかにもやさしさが感じられるところ。ダメなことははっきりダメだと言うのにそれでいてまったくイヤミがなく、ふさぎ込んだ相談者に寄り添おうとする気持ちがひしひしと伝わってくる。突き放されたようでいて、はっと気づくとそばにいてじっと自分を見つめている、というような絶妙の距離感なのだ。

先日も、自分がゲイであることに気づいて悲しんでいる男子高校生の相談に、押さえるべき点は押さえてけっこう厳しいことを言っているはずなのに、なぜか最後にはやさしい気持ちだけが残るような温かい回答をしていた。ゲイであることを「悲しい」と言う高校生は、ピーコにとってはいわば自分自身の存在を否定しているに等しい相談者のはずなのに、回答のなかではそれを気に留めているそぶりをまったくみせなかった。簡単にまねできることじゃないと思う。

by enzian | 2005-12-19 22:15 | ※テレビ・新聞より | Trackback | Comments(34)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/3925890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kero-kero3 at 2005-12-19 23:57
あ、それ私も読みました。
かなりハッキリと言ってましたね。「あなたは間違いなくゲイですね。」と。
最初はおいおい、いきなりその言葉は・・・と思ったけど読み進むにつれて
「この人じゃないと出来ない回答だな。」と思わされました。
(ご本人そうもおっしゃってましたが。)
他にも年若い高校生の女の子や大学生などの、「そりゃ単なる甘えだろ。」と
言うような相談にもキッパリ・バッサリ・ズバリの回答。

人の悩み相談に回答をするっていう事は、自分の中の価値観をさらけ出すという事で
本当はすごく怖い事だと思うのですが、それを押し付ける事なく答えられる人は
やはりにすごいと思います。



Commented by marjoram_house at 2005-12-20 00:01
始めまして。
私も電話ですが相談員をしています。
カウンセリングでは自分の意見や価値観を押し付けずに、ひたすら相手の気持ちや言葉を掬い取ることに専念するんですが、人間40年もやってると、そこかしこに肌に沁み込んだ偏見が匂い出てしまいます。
ピーコさんは私も好きです。
無責任な感情を入れないところが特に。
Commented by 座敷童 at 2005-12-20 00:42 x
ピーコは人と人との態度として、対等に真摯な姿勢ですよね。
ときどき見かけるテレビ相談は、相談員が常に上からものを言っており、
相談者はなにも分かっていない、といった不思議空間が広がっているようです。
遠くの有名人より、近くの無名人・・・。
BBSっぽい仕事をよくしますが、口が悪いので相談者につっこまれるとです・・・。
Commented by harry_hk at 2005-12-20 00:46
今回の記事は、ステキな内容ですね。(いつもはどうなんだということではなくて 笑)

臨床心理よりも、抽象的な人柄とか人徳とかそいういうことなんだと思います。
自分の友達がゲイだと告白してくれた時に、何にも言ってやれずに、むしろ、最初は離れてしまった自分にひどく落ち込んだことがありました。
でも、そのゲイの友達は、かっこいいヤツなのですが、コロコロ相手を変える悪いヤツになったので、自分の罪は相殺されたようなそんな気もしています(爆)
Commented by bs2005 at 2005-12-20 03:14
ピーコさんの回答は、私もいつも、高みから人を決めつけない態度や、その優しさにしびれます。本当の優しさとは、厳しいことも言って上げられるものなのではと感じますし、また、どんなに厳しいことを言っても、優しさを失わないように思います。
日本を長く離れているので、重松清さんは存じ上げないのですが、これからはアンテナを張っておこうと思いました。個人的には、私は落合恵子さんの姿勢も好きです。
Commented by 毒きのこ at 2005-12-20 09:17 x
にっちもさっちも行かない時、あーだこーだともがいている時・・・止まったり・抜け出せなくなったり、どこかへ行こうとするけどどーしたらいいかわからない。そんな時、誰かを求めたくなるんでしょうか。その一つが相談ってことなのかな。


>絶妙の距離感

その人とそんな距離感をとることによって、ふわっと体が浮き上がったようになった時、抜け出せるのかもしれませんね。自分にあった、絶妙のスパイスを振りかけてくれる人が一人でもいたら心強いかもしれません。近所のちっちゃい開業の女医さんに、風邪で診てもらったことがありました。けっこう、健康管理には気を使っていたつもりなので症状以上に凹んでいたら、『そ~いうときも、あるよね。』ってサラッと。薬剤以上にクスリになりましたです。(@@)


・・・ところで、 enzian さんにそーだんするとピーコ系?みのもんた系?細木数子系?
  それとも、NHKの法律バラエティ生活笑百科に出てた上沼恵美子相談員系??
  きょうみありまする。いひひっ!(^^)
Commented by unnyo8739 at 2005-12-20 11:19
私も同じ理由で相談員というのが苦手でした。
だからといって自分が相談員の立場になったとき、
きちんとした相談が出来るかというと、非常に微妙でした。
というわけで、相談員も必死なんだよと、
優しい気持ちになったりならなかったり。
Commented by rakubin at 2005-12-20 12:20
人の痛みを深く理解することのできる人の定義みたいなものを考えたことがありました。

「自分のコンプレックスを受け止めることができて、肯定も否定もせず、あるがままでいながら少しずつ前向きに頑張る人」

なんて結論付けたりしました。
所詮、人の痛みというものは、その人だけが感じるものであって、相談される側は、痛みの度合いを話から推理するしかないんですよね。相談する人は、相手に結論を導き出して欲しいというよりも、話を聞いてくれれば目的の半分以上は果たしていると思います。相談員と言うのは、話術に長けた人がなるべきだと思うのです。その人と話していると、知らず知らず元気が出てくるような人、そういう人っていますよね。
Commented by rei_ayakawa at 2005-12-20 17:12
何か悩み事があるときというのは大抵、その答えは結構単純なものだったりします。でも、心が様々な状況にかき乱されていてそれに気がつけなかったり、それを直視するのが怖くてしっかりと目にすることが出来なかったりする。

こういうときに「うまく気がつかせてあげられる人」というのが相談員に向いているのでしょうね。私も、ピーコさんは凄いと思います。
Commented by kaori_yoshihara at 2005-12-20 17:55
こんにちは。お久しぶりです。お肌ツルツルでは釣られるのが嫌だったのでスルーしました・・・言っちゃった。まぁ、見事に釣られましたよ…ふんっ((( -。-)

私は仕事中によくラジオの人生相談を聞いてます。(全国ネットかな?昼の11時頃の放送です)いろんな相談がありますが、短い時間の中で見事にお答えする相談員の方々はすごいと思います。

全然規模が違うけど、母からの相談(愚痴のことが多いけど)をよく受けます。それに対して「こうしたら?」とか、「それはこういうことなんじゃない?」とか、はっきり言える時はすごく気持ちが良いんです。ある意味で快感。そこで、よく押し付けちゃうことがありますね。相手が言うことを聞かないと腹を立てたりして。私自身、そんなにいつも正しい判断ができるわけじゃないのに、あなたの悩みまで解決できないよと思います。

だけど、そう思う時って、相手の悩みを取っちゃってるんでしょうね。悩みは悩んだ人自身のものだから、その人が自分で解決できるように導けたらいいんだろうなぁ。

ピーコさんの悩み相談はネットで見られるんですか?雑誌か何かに載っているんですか?読んでみたいです~。
Commented by enzian at 2005-12-20 20:04
kero-kero3さん

お読みになりましたか。
最初のずばりの言葉がすごかったですね。
(まぁ文章はライターが書いてるんでしょうけどね)

>他にも年若い高校生の女の子や大学生などの、「そりゃ単なる甘えだろ。」と
言うような相談にもキッパリ・バッサリ・ズバリの回答。

ありますね。
おじさんやおばさんのなかにはそれを読んで、すっきりするひとも
多いのかもしれません。

>人の悩み相談に回答をするっていう事は、自分の中の価値観をさらけ出すという事で
本当はすごく怖い事だと思うのですが、それを押し付ける事なく答えられる人は
やはりにすごいと思います。

押し付けないように、と思っていても、
押し付けますから、怖いことだと思います。
Commented by enzian at 2005-12-20 20:17
marjoram_houseさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
enzianです。

どうしても偏見が身についてしまって、
また困るのは、気づかないうちに滲み出してしまうことなんですよね。
よろしく、です。
Commented by enzian at 2005-12-20 20:20
座敷童さん

>ピーコは人と人との態度として、対等に真摯な姿勢ですよね。

そうですね。それはとても感じます。
男女とか、年齢とか、そういうことはまず置いておいて、
人として対している気がしますね。

>ときどき見かけるテレビ相談は、相談員が常に上からものを言っており、
相談者はなにも分かっていない、といった不思議空間が広がっているようです。

ありますね、不思議空間。

>遠くの有名人より、近くの無名人・・・。
BBSっぽい仕事をよくしますが、口が悪いので相談者につっこまれるとです・・・。

丁寧な言葉づかいを心がけているぼくを見習わないと^^
Commented by enzian at 2005-12-20 20:27
ハリーさん

>今回の記事は、ステキな内容ですね。

それはなんでっかハリーはん、
いつもろくな記事書いとらんってことですかいな?(-_-メ;)

>臨床心理よりも、抽象的な人柄とか人徳とかそいういうことなんだと思います。
自分の友達がゲイだと告白してくれた時に、何にも言ってやれずに、むしろ、最初は離れてしまった自分にひどく落ち込んだことがありました。
でも、そのゲイの友達は、かっこいいヤツなのですが、コロコロ相手を変える悪いヤツになったので、自分の罪は相殺されたようなそんな気もしています(爆)

なぜかわからないのですが、このコメント好きです^^
Commented by enzian at 2005-12-20 20:32
bs2005さん

>本当の優しさとは、厳しいことも言って上げられるものなのではと感じますし、また、どんなに厳しいことを言っても、優しさを失わないように思います。

そうですね。

>日本を長く離れているので、重松清さんは存じ上げないのですが、これからはアンテナを張っておこうと思いました。個人的には、私は落合恵子さんの姿勢も好きです。

重松清さんは、相談員としてすぐれているだけでなく、
すぐれた文学者なので、お読みになっても楽しめるやもしれません。
落合恵子さんの相談はあまり知らないので、
見てみたいと思います。
Commented by enzian at 2005-12-20 20:37
毒きのこさん

>にっちもさっちも行かない時、あーだこーだともがいている時・・・止まったり・抜け出せなくなったり、どこかへ行こうとするけどどーしたらいいかわからない。そんな時、誰かを求めたくなるんでしょうか。その一つが相談ってことなのかな。

そうですね。そういうときはあるものですから(あっ、下の言葉を先取りしたような)。

>その人とそんな距離感をとることによって、ふわっと体が浮き上がったようになった時、抜け出せるのかもしれませんね。自分にあった、絶妙のスパイスを振りかけてくれる人が一人でもいたら心強いかもしれません。近所のちっちゃい開業の女医さんに、風邪で診てもらったことがありました。けっこう、健康管理には気を使っていたつもりなので症状以上に凹んでいたら、『そ~いうときも、あるよね。』ってサラッと。薬剤以上にクスリになりましたです。(@@)

絶妙のスパイス‥‥いい言葉ですね。
医者のなかには薬は出しても、
言葉で患者を傷つけるような人がいるようですが、
その女医さんは、立派なお医者さんですね。
Commented by enzian at 2005-12-20 20:38
(毒きのこさん、続き)

>ところで、enzian さんにそーだんするとピーコ系?みのもんた系?細木数子系?
  それとも、NHKの法律バラエティ生活笑百科に出てた上沼恵美子相談員系??
  きょうみありまする。いひひっ!(^^)

ぼくは、ぼくだもん。
悪意のある選択肢は、選ばないでいいんですよーだ :-P べぇー
Commented by enzian at 2005-12-20 20:40
unnyo8739さん

>私も同じ理由で相談員というのが苦手でした。
だからといって自分が相談員の立場になったとき、
きちんとした相談が出来るかというと、非常に微妙でした。
というわけで、相談員も必死なんだよと、
優しい気持ちになったりならなかったり。

確かにね。
相談員の難しさを考えれば、
相談員に対しても、もう少しやさしい見方ができるのかもしれません。
ちょっと反省しますわ^^
Commented by enzian at 2005-12-20 20:46
rakubinさん

>人の痛みを深く理解することのできる人の定義みたいなものを考えたことがありました。

「自分のコンプレックスを受け止めることができて、肯定も否定もせず、あるがままでいながら少しずつ前向きに頑張る人」

誰にでもコンプレックスの一つや二つや三つはあるものですから、
それをそれなりに受け止めることができなければ、
人の相談を受けることもできないのでしょうね。

>所詮、人の痛みというものは、その人だけが感じるものであって、相談される側は、痛みの度合いを話から推理するしかないんですよね。

そうですね。

>相談する人は、相手に結論を導き出して欲しいというよりも、話を聞いてくれれば目的の半分以上は果たしていると思います。

答えを求めるのではなく、聞いてくれればよい、という相談者も多いですね。
Commented by enzian at 2005-12-20 20:48
(rakubinさん、続き)

>相談員と言うのは、話術に長けた人がなるべきだと思うのです。その人と話していると、知らず知らず元気が出てくるような人、そういう人っていますよね。

話術というのはたぶん、二種類ありますね。
自分の考えを表現する話術(これが上手ければ、話し上手)、そして、
相手の考えを表現させる話術(これが上手ければ、聞き上手)、両方があれば、
答えが欲しい人も、聞いて欲しいだけの人も満足させられる
完璧な相談員なのかもしれませんね。
Commented by enzian at 2005-12-20 20:53
rei_ayakawaさん

>何か悩み事があるときというのは大抵、その答えは結構単純なものだったりします。でも、心が様々な状況にかき乱されていてそれに気がつけなかったり、それを直視するのが怖くてしっかりと目にすることが出来なかったりする。

こういうときに「うまく気がつかせてあげられる人」というのが相談員に向いているのでしょうね。


そうだと思います。
それを、どういう風に表現したらよいのでしょうか。
そっと、少しだけ背中を押してくれるような‥‥と言うか、
少しだけ目を開けても大丈夫だよ、と言ってくれる‥‥と言うか、
ダメですね、うまく表現できません(^^;
Commented by enzian at 2005-12-20 20:56
kaori_yoshiharaさん

おひさしぶりぶりです。

>お肌ツルツルでは釣られるのが嫌だったのでスルーしました・・・言っちゃった。まぁ、見事に釣られましたよ…ふんっ((( -。-)

も~釣られてくれてもいいのに‥‥^^

>私は仕事中によくラジオの人生相談を聞いてます。(全国ネットかな?昼の11時頃の放送です)いろんな相談がありますが、短い時間の中で見事にお答えする相談員の方々はすごいと思います。

それは、電話とかで突然にリスナーが相談をしかけて、
それで答えるんですか?それだったら、神業ですね。
ラジオって、秒単位の時計があって、しゃべるのに、
すごい緊張するんですよ。
Commented by enzian at 2005-12-20 21:05
(kaori_yoshiharaさん、続き)

>全然規模が違うけど、母からの相談(愚痴のことが多いけど)をよく受けます。それに対して「こうしたら?」とか、「それはこういうことなんじゃない?」とか、はっきり言える時はすごく気持ちが良いんです。ある意味で快感。そこで、よく押し付けちゃうことがありますね。相手が言うことを聞かないと腹を立てたりして。私自身、そんなにいつも正しい判断ができるわけじゃないのに、あなたの悩みまで解決できないよと思います。

すごくおもしろいです。
相談員っていうのは、ある種、快感を伴うって思います。
うまく答えられたときは自分の実力を認識できるわけですから。
芸能人とかのなかには、嬉々として相談員を引き受ける人がいますけど、
それは自己顕示欲を充たすよい機会でもあるからでしょうね。

そして、その快感が、押し付けにの原因になってしまう場合があるんですよね。
さらに、押し付けが聞かない相手には、おもしろくないから、腹を立ててしまう‥‥
なるほど、その通りだと納得しました。
Commented by enzian at 2005-12-20 21:06
(kaori_yoshiharaさん、さらに続き)

>だけど、そう思う時って、相手の悩みを取っちゃってるんでしょうね。悩みは悩んだ人自身のものだから、その人が自分で解決できるように導けたらいいんだろうなぁ。

あぁなるほど、その通りですね。すごく納得です。
相手の悩みをとって、自分の手柄の種にしてはいけないですよね。
勉強になりましたよ。
やるな、kaori_yoshiharaさん!(笑)

>ピーコさんの悩み相談はネットで見られるんですか?雑誌か何かに載っているんですか?読んでみたいです~。

「朝日新聞」です。
残念ですけど、ネットでは見られないようです。

Commented by kaori_yoshihara at 2005-12-20 22:11
>も~釣られてくれてもいいのに‥‥^^

私ってけっこう天邪鬼なんです( ̄∀ ̄)enzianさんが嬉々として皆様を釣り上げていらっしゃるのを見ていたら、つい。楽しそうでしたね~。(=ε= )

>それは、電話とかで突然にリスナーが相談をしかけて、
それで答えるんですか?それだったら、神業ですね。
ラジオって、秒単位の時計があって、しゃべるのに、
すごい緊張するんですよ。

enzianさん、ラジオに出たことあるんですかっ!?
どういうシステムなのか、詳しいことは分かりませんが、恐らく、録音ではないかと思います。それにしてもひとつひとつの相談が番組の時間内でカットされているでもなく答えられているので、すごいと思います。
放送では、相談員と、パーソナリティーの二人体制で応答しています。まずパーソナリティーが相談内容を整理して、その分野に詳しい相談員が具体的なアドバイスをします。
相談員とパーソナリティーのコンビは大体決まっているような気がします。パーソナリティーに電話が回ってくる前の段階でも、相談内容を聞いているのかなぁ…?

(つづきます)
Commented by kaori_yoshihara at 2005-12-20 22:12
相談内容は本当に多種多様です。遺産相続、生きる意欲が湧かないなど。以前、聞いた中には、配偶者の親の世話をせずに遺産だけ相続するにはどうしたら良いかなんて相談もありました。そういう相談にも、投げ出さず、専門家として誠意ある回答を返してくれます。この相談の時は、さすがに「それは都合がよすぎるんじゃないですか」と突っ込まれていたけど。
ウィキペディアという百科事典のサイトで「テレフォン人生相談」で検索すると、もっと詳しく分かります。

>やるな、kaori_yoshiharaさん!(笑)

(● ̄ε ̄●)ホメラレタ~フフフン♪
(ところで↑この顔文字、私の顔に似てる・・・(=д=;)オカメガオ)

>「朝日新聞」です。
残念ですけど、ネットでは見られないようです。

はい、了解です! ありがとうございます^^ 
Commented by enzian at 2005-12-20 23:09
kaori_yoshiharaさん

>私ってけっこう天邪鬼なんです( ̄∀ ̄)enzianさんが嬉々として皆様を釣り上げていらっしゃるのを見ていたら、つい。楽しそうでしたね~。(=ε= )

(`ヘ´) フンダ!!!

>enzianさん、ラジオに出たことあるんですかっ!?

さぁね~(こちらこそ、筋金入りの天邪鬼!)

>恐らく、録音ではないかと思います。それにしてもひとつひとつの相談が番組の時間内でカットされているでもなく答えられているので、すごいと思います。
放送では、相談員と、パーソナリティーの二人体制で応答しています。まずパーソナリティーが相談内容を整理して、その分野に詳しい相談員が具体的なアドバイスをします。相談員とパーソナリティーのコンビは大体決まっているような気がします。パーソナリティーに電話が回ってくる前の段階でも、相談内容を聞いているのかなぁ…?

そうですか。
相談内容は、あらかじめ聞いているじゃないでしょうか‥‥

(負けずに続きます)
Commented by enzian at 2005-12-20 23:13
(kaori_yoshiharaさん、続き)

>相談内容は本当に多種多様です‥‥以前、聞いた中には、配偶者の親の世話をせずに遺産だけ相続するにはどうしたら良いかなんて相談もありました。そういう相談にも、投げ出さず、専門家として誠意ある回答を返してくれます。この相談の時は、さすがに「それは都合がよすぎるんじゃないですか」と突っ込まれていたけど。
ウィキペディアという百科事典のサイトで「テレフォン人生相談」で検索すると、もっと詳しく分かります。

へへい。
ありとあらゆる相談があるんですね。
相談員も大変ですね。

>(● ̄ε ̄●)ホメラレタ~フフフン♪
(ところで↑この顔文字、私の顔に似てる・・・(=д=;)オカメガオ)

おもしろかったですよ。
kaori_yoshiharaさん、オカメと φ(._.)メモメモ
Commented by sofia-ss at 2005-12-22 10:50 x
器というか、許容量を考えてしまいます。
自分のことで手一杯のときに、相談されても、
受け入れることができなくて、よけい相手を傷つけてしまったり・・。
相談員になるには、自分のこころのどこかに、空きスペースを作っておかないと
自分がつぶれてしまうかな、と思ったり。
そこはちょっと自分のこころの中では、別に隔離されている場所でないと、
自分を見失ってしまうかな、と思ったり。
禁煙席の一角にある、喫煙ブースみたいなもんかな^^<空きスペース

Commented by enzian at 2005-12-23 08:45
sofia-ssさん

自分のことで手一杯のときに相談されても、
なにもできそうにありませんね。

相手も自分もつぶれないようにできる、
というのがプロの仕事なのでしょうし、
そのためには専門的な訓練が必要なのでしょうね。

それにしても、なぜ喫煙ブースなんですか(^^)
Commented by sofia_ss at 2005-12-24 23:30
あはは^^ 先日、モス○ーガーに行ったら、喫煙部屋が別にあったんです。
私は煙草を吸わないので、きれいな空気の店内が気に入ったのですけれど
煙草を吸う方は、どんどん肩身が狭くなってきますね。
でも、仕切りのない分煙はあまり意味が無いように思います。
相談を受けるときも、しっかりと仕切りを作ってたほうが、受け止め方もブレずに
信頼のおける相談相手になれるのではないか、と・・・・
強引に、こじつけ (^^ゞ
Commented by enzian at 2005-12-25 09:06
sofia_ssさん

おーさすが豪腕。
みごとに説明してしまいましたね(^^)
変に突っ込んでしまってゴメンナサイ、悪い職業病です(^^;
よいクリスマスを~
Commented at 2005-12-25 20:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-12-25 21:34
鍵コメさま

本当に申し訳なく候。
鍵コメさまのところは大丈夫ですか。

苦肉の策って‥‥(--;)(今回は怒らない、怒らない‥)

もし記事の内容がよいとしたら、それは学生がよいということですね。
学生Bなんか、信じられないほどピュアな学生なんです。
鍵コメさんに見せてあげたいくらいですよ(^^)

<< 吹雪の日の奈良交通バス お肌ツルツルの秘密 >>